fc2ブログ
エーザイ ユベロンゴールド 新登場 15" 1989


リンク動画解説
大手製薬会社エーザイの1989年のCMである。人気若手作家(30代~40代)の顔触れに注目。東京都知事を経験した猪瀬直樹氏、NHKの人気番組『COOL JAPAN〜発掘!かっこいいニッポン〜』のキャスターを務める鴻上尚史氏 (演出家・作家)も見える。影山民夫氏(作家)に関しては、大変お気の毒だが、不慮の事故(自宅で深夜にプラモデルを作っていて、接着剤のシンナーがタバコの火に引火)のため1998年に他界されている。今、私が着目しているのは一番右の泉麻人氏(コラムニスト 67歳)である。

1顔出し

同じ年(1989年)のエーザイ ユベロンゴールドのCMにはご覧のように”綱引きバージョン”もあった。若手新鋭作家を集めたCMとして結構インパクトがあったのを記憶している。

2綱引き

現在、私が図書館から借りている泉麻人氏のバス旅エッセイ集『バスで、田舎へ行く』である。取材値は全国各地に散らばるがローカルな地域がほとんどである。似たような企画には六角精児の呑み鉄本線・日本旅があるが、泉麻人氏のバス旅には酒を飲むシーンは登場しない。

3バスで田舎へ行く

横町コメント
3865番目の記事になります。最近は図書館で、”肩の凝らないエッセイ”をあさっています。その中で目に留まったのが泉麻人氏の『バスで、田舎へ行く』です。泉麻人氏はコラムにストでありながら気象予報士でもあります。各地のロケでは軽妙な文章でエッセイが綴られていて興味深いものを抱きます。尚、YouTubeには「新・ロバスの旅」と題した動画が数作存在します。https://www.youtube.com/watch?v=nP2LFcln0Q0&t=163s興味のあるかたはご覧ください。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


4六百横町
関連記事

コメント

ご紹介いただいたCMは、いずれも知りません…。TVはあまり見ないので…。

泉麻人は、エッセイストですね…。読んだことはないような気がします…。
ローカルバス🚌には魅力を感じます…。
12年前にこんな記事を書いたのを思い出しました…。
 ローカルバスの終点へ…。
 https://wdwwq181fc2.blog.fc2.com/blog-entry-1192.html

URL | boubou ID:-

こんばんは

寛ぐために本を読むので肩がこるようなものは
避けています。
泉麻人氏の本は読んだことが無いですが、機会
を見つけて読んでみようと思います。

URL | ichan ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

12年前の記事を見て参りました。ロケは宮脇俊三氏のほうが断然時期が早いようです。アナログ時代の真っただ中ゆえ、面白そうです。それはさておき、六角精児氏の”呑み鉄”が大ヒットしたのは他の類似企画と一線を画すのに成功した所以と受け止めています。アルコール好きと列車好きをドッキングしたところに真骨頂がある気がします。

今は作品に泉麻人氏の独自性を見出そうとしています。ファンになるか否かの瀬戸際と言う気がします。もし彼のファンになれば、拙ブログのカテゴリーに泉麻人氏の名が登場するものと考えています。機会があれば「新・ロバスの旅」のYouTube動画も紹介したいと考えています。

お陰様で本日も有意義なご感想を頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。普通は紙媒体から入るのでしょうが、今回はYouTubeの動画媒体「新・ロバスの旅」から入りました。シリーズ数が少ないのが気になりました。逆に言えば「新」でないもの(旧バージョン)を動画化すればいいのでしょうが、大きなエネルギーが要る気がします。

メリットはおっしゃる通り肩が凝らないことです。ちょっとの時間があれば読みたくなる。それだけにもう少し読み進みたい気がします。泉麻人氏は軽妙なエッセイも手掛けているので、そちらのほうにもアンテナを広げたいと考えています。

おはからいにより本日も厚誼を頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)