fc2ブログ
ZZ Top - Viva Las Vegas (Official Music Video)


リンク曲について
アメリカのミュージシャンZZ TopによるViva Las Vegas(ビバ ラスベガス)である。イントロ部分にはスロットルマシンの操作音が使われており、絶妙の効果音と言える。動画にはプレスリーに似た透明人間が登場するが、これは人間の煩悩の比喩とも受け取れる。歌詞は想像に難くない。ギャンブルで儲けて美女をはびこらせて、この世の極楽を謳歌したいという、実に類のたわいもないものである。

それでも全く悪びれることなく、「それで何が悪いんだ!」と開き直るようなところは如何にもアメリカ人らしい。ZZ Topが奏でるこの曲を聞いていると、そんな彼らの自己主張を痛烈に感ずる。アメリカンドリームなどは、聞こえはいいが所詮物欲の成せるものであり、ここに人間の普遍を抱く。

1シーディー

ラスベガスはアメリカ合衆国のネバダ州に造られた人工都市である。砂漠気候🌵ゆえ、年間の降雨量は100ミリ程度で、ほとんど雨は降らない。人工は50万であるが、都市圏人口は255万(2021年データ)である。単なるドリームに留めることなく、創造と飽くなき挑戦により、何もない砂漠のど真ん中にこのような都市を造ったのは如何にもアメリカらしい。

自然に対する挑戦とも取れるが、これもアメリカンスピリッツの意図するところであり、世界一の富める国ならではの成せる業である。ラスベガスの歴史を遡ればけして古くない。19世紀前半にモルモン教徒によって発見されたオアシスがラスベガスの前身である。

その後カリフォルニア州で金が発見され、ゴールドラッシュが起こると、カリフォルニアに向かう砂漠の中の貴重な中継地点として定住する者が現れ、1905年にラスベガスが設立された。従ってたった100年ちょっとの歴史しかないのである。「ローマは一日にして成らず」と言われるが、多くの都市が長い年月をかけて成長したのに比べ、ラスベガスの急成長ぶりは異色とも言える。

ゴールドラッシュの中継点としても破格の発展を遂げたラスベガスは賭博🎰🃏の街としても有名であるが、”眠らない街”とも言われる。アメリカンドリームはけして金脈🎫✨を掘り当てることだけではなかったのである。

2砂漠・ラスベガス

まだ盆休みにはなっていないが、今日は山の日であり祝日🎌である。現役世代から見れば今日から盆休みと言っていいのかも知れない。私は空調服を着てバイクに跨り青葉区の定禅寺通に向かった。先ずは仙台市図書館(せんだいメディアテーク)で図書の更新と新規借り入れを履行した。

3遊歩道

例のメディアテークに近接した結婚式場からは、式を挙げたばかりの新郎新婦💑が出てきて、中央分離帯のケヤキ並木の下で記念写真を撮影していた。これはシャッターチャンス📸である。遠慮なく幸せのお裾分けを遠慮なく頂戴した。
😀👌

4カップル

この後、一番町(稲荷小路)の業務スーパー仙台一番町店に立ち寄り、晩酌のつまみを購入した。

5業務

横町コメント
3866番目の記事です。久しぶりにZZ TopViva Las Vegas🎰を聞き、やはり人間にとって煩悩は欠かすことの出来ないものであるのを再認識した気がします。古希が近づいてきた私ですが、今の私に煩悩が無くなれば一気に老いるのかも知れません(笑)それだけに街に出て刺激を受け、若い気持ちをキープしたい所存です。

なぜ街歩きにこだわるのか?と問われれば視線が気になるからです。それだけに身だしなみは欠かせませんし、背筋を丸めて歩くわけに行かないのです。人生は他力本願であってはいけません。そうです。三木清(哲学者)の言う通り、人生は希望であり、真っ白なキャンバスに自分なりのシナリオを描くのが人生なのです。であるならば、体の続く限り新たな創造に及び、新天地を切り拓きたいと考えています。新天地については見えてきましたが、機が熟せばお伝えしたい所存です。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


6六百横町
関連記事

コメント

ラスベガスが出来た後で、カリフォルニアで金が出たのですね…。
一攫千金を狙って西へ向かった男たちの何人かは、志を遂げラスベガスで豪遊したかもしれませんね…。
リンク曲を聞きながら酒を飲み、そんな思いに耽ることも暑い夏の夜の一つの過ごし方ですね…。

URL | boubou ID:-

こんばんは

これぞアメリカン。
周囲の目にとらわれない個を大切にする点、
日本人も採り入れたほうが良いケースが多いと感じました。

URL | ichan ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

ZZ TopによるViva Las Vegasはアメリカ人らしいロックと思いますね。ドリームイコール野望と解釈していいと考えています。Official Music Videoは本当によく作られているなと思いました。煩悩を失ったら老いる。(厳密には煩悩の種類が変わったらとなりましょうが…)これを確と自分に言い聞かせたい所存です。

ご配慮により本日も格別なるエールを頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

欧米の個人主義指向はおっしゃる通りですね。ビバ ラスベガスは俗っぽい歌詞なのですが、不思議と野暮でない。ここにZZ TOPの真骨頂を重ねます。何もない砂漠のど真ん中に都市を創る。これぞアメリカンスピリッツ(フロンテアスピリッツ)の原点と受け止めています。
それだけに眠らない街ラスベガスは魅力ある都市と言えそうです。この曲はご当地ソングと言いますか、ベガスの観光アピールに一役も二役もかった曲と言えそうです。

おはからいにより本日もお引き立てを頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)