fc2ブログ
仙台海手線ループバスで沿岸部の復興を視察


3877番目のブログ投稿である。一昨日の8月20日(日)、私は期間限定(7月17日~8月20日)運行の仙台海手(うみのて)ループバスに乗車してきた。詳しくはリンクしたMy動画をご覧頂きたい。

下の画像は仙台市地下鉄東西線の東側の終点である荒井駅の屋上からのアングルである。近くには飲食店も開業し活気を感じる。これから増々の発展が見込まれる拠点である。

1荒井駅バスプール

海手線ループバスの主要道路は県道10号線(塩釜亘理線)である。すべての区間がかさ上げされていて、第2の防潮堤としての役割を担っている。視界が高いので開放感に富むのが特徴である。

2海岸林

ここは若林区の藤塚地区と言ってかつては古くからの集落があった場所である。県道10号線の海側とあって住宅こそ建っていないが、アクアイグニス仙台という建物が造られた。癒しと食の総合リゾートがキャッチフレーズとなっており、温泉やレストランを併せ持ったレジャー施設となっている。ここでは数名の乗客が降りた。

3アクアイグニス仙台

閖上大橋を渡って名取川を渡るとかわまちてらす閖上という、飲食産業を主とした商業施設がある。腹ごしらえにはもってこいのスポットである。ここでも数名が下車していた。

4かわまちてらす

横町コメント
結局下車せずに右回りで一周した形になりましたが、先ずは乗ってみることに意義(復興がどれだけ進んだのかを肌で感じ取る)があると感じての乗車でした。防潮堤や県道10号の建設に相当の費用と期間を費やしましたが、これからはいよいよ本当の意味での復興という印象を受けました。また海辺ではサーフィンや海水浴を楽しむかたを多く見掛けました。

新たな仙台の沿岸部は魅力にあふれた施設が多く、利便性に富みスマートなスポットに生まれ変わることは間違いない気がします。残念なのは昔の長閑な集落(漁村)がなくなったことです。昭和中期生まれの私としては、一概にいい悪いで決められないものがあると感じました。今回のループバスでの周回が、仙台市沿岸部の復興を肌でとらえる絶好の機会となったことを実感します。これは第2、第3の訪問に十分繋がり得るということです。

記事の内容とは異なりますが改めて公言します。私は忌憚のないコメントをやり取りするようなブロ友を募集しています。但し、誰でもいいと言うわけではありません。ヘッダーの文言「大人の社交場です。記事の内容と関係のないコメントや奔放・自己本位なコメントやフランク、論議は望んでいません。仁と礼節を重視したお付き合いをさせて頂いております。」を熟読して頂きたい所存です。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


5六百横町
関連記事

コメント

こんばんは♪
荒井駅はたまに利用しますが、このような屋上があるのは初めて知りました。

期間限定ということでもう提供されていない路線ですが、動画で旅した気分になれました♪いつも通る道でもバスだと特別感がありますね(⁠*⁠´⁠ω⁠`⁠*⁠)

URL | 暇人ity ID:-

こんばんは

ワンコインで周遊できるループバス、
便利ですね。
観光にも、実生活にも便利そう。
流石、仙台と感じています。

URL | ichan ID:-

こんばんわ~。

仙台海手ループバス、便利そうですね!!
東西線との組み合わせで、マイカーを使わずに楽しめそう~。
じっくり、美しい景色を堪能出来ますね~♪

ループバスでの動画拝見いたしました…。
着実な復興を感じましたが、民家はまだまだ少なく、住民の復帰はこれからなのですね…。このバスが定額料金で乗り降り自由ならば、細かく各地を見て歩くことができるのでしょうが、そうではないのでしょうね…。

URL | boubou ID:-

暇人ityさん、ありがとうございます。

おはようございます。荒井駅周辺はなかなか雰囲気がいいですね。沿岸部の復興は始まったばかりとも取れますが、先ずは自分の目で見ることに意義があると考えました。そうおっしゃって頂き動画を作った甲斐がありました。

お陰様で本日もお引き立てを頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。仙台市としては試験的な運行と思いますが、利用価値は高い気がします。欲を言えば夏休み以外もと感じますが、採算が取れるようになるには時間を要する気がします。

沿岸部の復興は、多くの住民にとって共通の関心事ゆえ、今後も追って行きたいと考えています。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

penpen_1goさん、ありがとうございます。

おはようございます。供養塔や慰霊碑の脇にサーフボードを抱えたかたが往来する。これを見ても違和感を抱いてはならないと自分に強く言い聞かせています。既に震災から12年経ちましたが、復興とは何なのか?という質問に答えてくれた今回の視察でした。

名取川の河口は両岸とも商業施設が揃い、今後の更なる発展が望まれます。県道10号線の存在感も十分に認識した気がします。本日も有意義なご感想を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

先日の記事への貴兄の書き込み「レポートをお願いします」を見てバスに乗ることを決めました(笑)
津波による浸水地区の指定が遅れたのには疑問を抱きますが、県道10号線は第2の防潮堤でもありますので、この東側には住宅は建てにくい気がします。従って住宅地の形成は自ずと10号線の西側になると踏んでいます。

おはからいにより本日も厚誼を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)