fc2ブログ


リンク曲The Rolling Stones Slave

やるんだ やるんだ やるんだ さあ やるんだ 
俺はお前の奴隷になんかなりたくないんだ!
俺はお前の奴隷になんかなりたくないんだ! 
お前の奴隷になんかまっぴらご免だぜ! 
 
ああ、1日は24時間だぜ 
スーパーに行って食うものを買ってくるんだ! 
棚からめぼしいものをかっ〇らってくるんだ! 
酒屋の前を通って12時15分前には戻ってくるんだ! 
 
俺はお前の奴隷になんかなりたくないんだ! 
俺はお前の奴隷になんかなりたくないんだ! 
お前の奴隷になんかまっぴらご免だぜ! 
 
行くんだベイビー! 
やるんだ やるんだ さあやるんだ!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ミック・ジャガーの作品には奔放な詩が多いが、時に隠語や放送禁止用語を含むものも多い。この曲も例外でないが、かなりマニアックな曲である。曲に重ねる心理としては四十代の頃、本意でない人物が年下の上司(目の上のたん瘤)になり、その時によく聞いたのがこの曲であった。その上司には絶対に魂を売りたくないし、奴隷にはなりたくないと思ったのである。

もちろん冷遇は覚悟の上である。それでも、家族や住宅ローンがあったので会社は辞められない。時に徹底的に逆らった。毎日が針の筵に座る思いであったが、どんな事情でも去って行ったほうが負けという信条があった。こうなったら根競べである。或る年上の同僚は「とてもこんな上司にはとてもついて行けない」と思い、新たな人事が発表された直後に会社を辞めて行った。但しこのケースに限っては「憎まれっ子世に憚る」とはならなかった。その上司は数箇月ほどして突然去って行ったのである。

辞めたくても辞めれない事情があった私だが、もし独身であったならその同僚のように会社を去っていたのかも知れない。「人間万事塞翁が馬」と言うが、早とちりは禁物。それからは物事をなるべく最後まで見極めるようにと自分に言い聞かせるようになった。そんな自分に東京転勤が言い渡されたのは、その2年後のことである。それから私の人生は急展開して行く。ここで話せば長くなるので、どうしても事情をお知りになりたいかたは拙小説『我輩は躁であるhttps://gbvx257.blog.fc2.com/blog-entry-1896.htmlをご覧頂きたい。

0ミック・ジャガー

今回の就職でセカンドライフ三つ目の職場となったが、その中でひときわ印象に残るかたがおいでである。仮にそのかたの名をAさんとする。Aさんは七十代半ばで、定年を過ぎているので嘱託扱いとなっている。民間交通企業での運転業務、飲食店経営(津波で被災)という職歴をお持ちである。性格は温厚でコミュニケーション力が高く、非常に顧客からの評判が良い。特徴はなんと言っても笑顔と聞き上手である。このくらいの年になると話してばかりいて、人の話をあまり聞かない人が多いが、Aさんの場合は、ハンドルを握りながらも上手に相槌を打ち、相手の本音を話させるのである。

1おじさん

自らも話し上手だが、人が話している際は黙って聞く。このへんの気遣いは徹底していて、人が話し出しそうになる気配を感じて、自らの話を止めることさえあるのでは?と感じるほどである。その様はアナウンサーや接客業の人たちが身に着けているような、訓練によって特化されたような印象さえ抱く。相手が聞き上手と感じ、これは話しやすいと思えば、多くの話し手は輪をかけて雄弁になる。たったこれだけのことで、Aさんは多くの人から好感を持たれているように見えるのである。

自分の話を後にするという点も徹底している。とにかく人を立てることに関してはピカイチである。話の内容はたわいもない世間話である。満面の笑顔で「今年の夏は暑くてエアコンが生活必需品ですね」などと振れば、大概の相手(顧客)は「そうですね」となり、黙っていても話題が次々に湧いてくる。世間話は人間関係の潤滑油とよく言われるが、Aさんの場合は常に相手を立てているので、仮に自分のことを話しても少しも自慢話には取られない。まさに”好々爺”を絵に描いたような人物である。

世間話と無駄話(自己本位なおしゃべりで、方便には取るに足らないもの)は似ているが根底で異なる。Aさんの場合は両者の違いを熟知しているようだ。顧客の多くから好かれる半面、同僚からはいじられキャラになっている感があるが、Aさんはそれを全く気にしていない様子である。年の功というのか、辛抱強いというのか、このへんはとても私には真似できない範疇である。

Aさんは健康にも気を使われている。バイクに乗って海の近くまで行き、一日一万歩を目標に、砂浜を毎日裸足で歩いているという。趣味は車(燃費の良いエコカー)と釣りというが、そのせいもあって顔や二の腕は真っ黒に日焼けしている。

2砂浜

送迎バスの仕事は時に空き時間が発生する。例えば午前中にいったん仕事が終わり、午後にも一仕事しなければならないケースが多い。そんな時には結構な時間をつぶさなければならない。そんな際、Aさんは最寄りの大型スーパーに行っているという。(駐車場は無料)

毎日ランチはテナント店で外食、或いはイートインコーナーかと思いきや、弁当を持参しているという。ちなみにAさんは酒は一滴も飲まない。テレビでよくプロ野球を見るが、地元の東北楽天ゴールデンイーグルスのファンだという。宮城県人にイーグルスファンは多いが、Aさんは何事もアンチを好まず、私とは異なりオーソドックスな思考をお持ちである。

この年になって、新たな仕事で、このような好人物と出逢うとは思ってもいなかった。派遣先は異なっても、この先Aさんからは、まだまだ多くのことを学ぶ気がする。自分と馬が合い、多くの面で得ることが多い好人物と出逢ったのは久しぶりである。これも何かのご縁と捉え、Aさんを先輩として崇めたいと考えている。

横町コメント
3881番目の投稿になります。一期一会には二つの意味があり、「一生に一度の出逢い」という意味の他、「どんな人にも見倣うべきものがあるので、それを見逃してはならない」という意味合いもあると言われます。然るに、Aさんに限っては自分にないものを多く持っているようで、ほとんどが見倣うべきと考えています。年恰好から言えば頼れる兄貴と言ったところでしょうか?温厚で丈夫で長持ちなAさんからは学ぶことは多いようです。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


3六百横町
関連記事

コメント

定年退職後の第三の職場において、あらためて尊敬すべき先輩と出会うとは、人生の出会いの不思議ですね…。貴兄の今回の就職が祝福されているかのようです…。悠々自適な生活とはならないかもしれませんが、満足のいく生活がまた続くのではないでしょうか…。

URL | boubou ID:-

こんばんは

定年後に3つの職場、改めて恐れ入ります。
自分と違いパワフルな横町さんに憧れて
います。

URL | ichan ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

とにかく懐が広く何でも話せるかたですが、放つオールが一味も二味も違う(すべてが他人本意)気がします。これまで同年代や70代、80代の人と接して思うのは、ほとんどが話の最中にも関わらず、自らの話したいことを話し出し、人の話を遮り、よく聞かないということです。😖💧そして上手に相槌を打てる人も少ない。

Aさんが多くの方から好かれる理由がここにあります。こういう人脈が出来るのは大きい気がします。まだ始めたばかりですが、毎日が勉強と言い聞かせて精進して参ります。お陰様で本日もお引き立てを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。とんでもございません。けしてパワフルではないのですが、周囲との誼だけは、一時も脳裏から離さないように心がけています。”いじられキャラ”には到底成りきれないのですが、どこで妥協点(最大公約数)を見出すか?今後のことはこの一語に掛かっているという気がします。

ご配慮により本日も厚誼を頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

こんばんは。
横町さんの挑戦し続ける力強さには、いつも敬服いたします。
新天地での新たな出会いも素敵ですね。
今後ますますのご活躍をお祈りいたします。

URL | クオ ID:-

クオさん、ありがとうございます。

おはようございます。完全リタイアした際は最初のうちだけ「やった」と思いましたが、少し経つと虚無感(お茶で言えば出がらしになった気分)が出て参りました。(笑)心身が健全なうちは、やはり働くべきと自分に言い聞かせた次第です。

リスクのある仕事ですが遣り甲斐を感じています。コミュニケーションも重要ですが、ハンドルを握れることに至福を感じます。ご配慮により本日もを格別なる追い風を頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)