fc2ブログ
  VAN HALEN - JUMP (LIVE) - 04/02/2015  


【コラム】
ヴァン・ヘイレンは西海岸におけるアメリカンハードロックヘビメタ)系バンドの先駆者とも言われる。ボーカリスト(左)のデイヴィッド・リー・ロスは作詞家であり、作曲家でもある。曲の収録は2015年であるが、デイヴィッド・リー・ロスの足の上がり具合に注目👀61歳という年齢にはとても思えないほどの柔軟性を保っている。

私は現役時代(30代~50代)に建設業という仕事柄、よく地方出張を経験したが、未だ見ぬ地方の夜の酒場(スナックやパブ)を訪ねて、カラオケでこの曲を歌うことが度々あった。度胸試しというニュアンスもあるが、ハイテンションなヴァン・ヘイレンの演奏&歌唱にあやかり、ストレスを発散し、明日への活力を得るためである。

実は2015年以来、バンド活動は一切行われていないと言う。であれば、このJumpが最後のJumpになるのかも知れない。ヴァン・ヘイレンの曲はDREAMSとこのJumpが、私の中での双璧である。生きるということは常にテンションを高く保たねばならない。テンションを高く保つ方法は十人十色だが、私の場合は洋楽がメインである。もちろん曲とともにアルコール(ウイスキーのオンザロック🥃🧊)も合わせている。

有体に言えば成り切りである。傍から見れば自分のゾーンに閉じこもっているかのように見えるのかも知れないが、私はそれを敢えて否定しないし、他人に自らの趣向を強要する気などさらさらなにのである。ブログにおけるゾーン構築など、そんなものでないのだろうか?だが、これは独り相撲ではない。気の合ったブロ友様各位から頂く懇意は、願ってもない追い風である。

0バン・ヘイレン

さて、入道雲が立ち込める本日、私は仙台市宮城野区(仙台市東部)の岩切地区にバイクを走らせた。目的地はKawasaki車販売店の服部カワサキである。Kawasakiと言えば硬派のバイクで知られるが、最近は少数の女性ファンも獲得している。ジェンダー差別が否定され、漢(男)を振り回せば煙たがられる時勢となった。例えばスポーツ界。今では男だけの競技を探すのに一苦労する。肉弾戦で汗と泥にまみれるラグビーやアメリカンフットボールでさえ、女性が進出してきているのである。PRIDE(格闘技で殺し合いに近い競技)あたりが最後の砦か?

1全景

服部カワサキの店内である。中古車(絶番車が多い)が所狭しと置かれているが、その多くはプレミアム価格が付いている。車で言えば日産車の旧車(スカイライン、フェアレディ…)が、思い当たるメーカーである。熱狂的なマニアが価格を釣り上げているのである。一方で不人気車は新車価格を下回っていて、その明暗を見せつけられるような気がする。

2店内

好まれるのは外装はノーマルの面影を残していて、マフラーや一部のパーツ(ぱっと見た目ではノーマルとさほど変わらない)の改造に留めた車両である。エンジンは水冷と空冷があるが、どちらも味わい深い魅力を有していて甲乙つけ難い。マシンは水冷のZRX1200である。有名なNinjaは900CC(時速250kmの巡航速度をコンセプトとして開発されたマシン)だが、それよりも更に300CCのプラスαの排気量を有している。

但し性能だけではない。周囲を威圧するかのような角ばったデザインは、軟なライダーなど寄せ付けないような”いかめしさ”…Kawasaki車特有の硬派な印象が付きまとうのである。

3ZRX1200

これはモタードのDトラッカー(オフロードモデルにオンロード用の足回りをドッキングしたマシン)である。特徴は軽量でハンドリングに優れていることである。コーナーは奥まで突っ込めるし、ラインどりの選択肢が多いので、腕さえあれば峠道では、向かうところ敵なしのポテンシャルを秘めたマシンである。

4Dトラッカー

ゼファー1100、このマシンは空冷だが、大排気量と相まって高品質な走りをユーザーに提供する。大人気を博したZ系の後継モデルだが、人気はすこぶる高い。マフラーは社外品だが、カワ車(Kawasaki車)特有の重低音の音質はユーザーを魅了して止まない。こちらはNinja系とは異なり、丸みを帯びたデザインが特徴である。

5ゼファーブラック

この車両もゼファーだが400か?真紅に塗られたフレームが圧倒的な存在感を放っているマシンである。様々なカスタムが施されているようだ。

6ゼファー400

横町コメント
3885番目のブログ投稿です。次の仕事(某企業の社員を送迎)で、通勤にバイクを使うシーンが予想されたので、準ディーラーとも言える宮城野区の服部カワサキショップ岩切店で愛車のメンテナンスを行いました。店内のバイクに目を奪われました💥まだまだ老いぼれてなどいられませんが、若さを保つ上では目の保養👀も必要と受け止めています。

改めてコメントをくださる方に申し上げます。「ここは大人の社交場です。記事の内容と関係のないコメントや奔放・自己本位なコメントやフランク、論議は望んでいません。」

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


7六百横町
関連記事

コメント

こんばんは~

たくさんのバイクが並んでいますね。
バイクのことは、全く分からず、今までは危ない乗り物と思い、興味なかったですが、最近になって、若い頃乗れるようになっておけば、もっと行動範囲が広がったのにと、思うようになりました。
バイクを使っての通勤、頑張ってくださいね。

URL | 布遊 ID:-

自分の趣味の世界の商品には、思わず見入ってしまいますね…。私でいえば、カメラと自転車でしょうか…。実際に買う可能性はなくても、そうなりますね…。
貴兄はバイク趣味なので、若さを保つにはもってこいですね…。

URL | boubou ID:-

こんばんは

通勤のための整備、お疲れさまでした。
中古とは言え、もの凄い品揃えですね。
お値段高そうなものばかりのような^^;

URL | ichan ID:-

布遊さん、ありがとうございます。

おはようございます。事故を起こしやすい人は何度も起こす。安全への意識(かも運転に徹して、平常心を保つ)これは適正という気がします。自分も修行を積んで、この年になってようやく身に着いたという気がします。今は職業ドライバーということもあり、違反や事故はこれまで以上に回避しなければなりません。

おはからいにより本日もお引き立てを頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

マニアックな記事になってしまいました。ご配慮恐れ入ります。仕事上、様々なシチュエーションがありますが、通勤手段の選択肢は多いほうがいいと考えています。

お陰様で本日も厚誼を頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。日産のプレミア車(旧車)にも重なるものを感じるKawasakiバイク(中古車)の数々です。新車価格を大きく超えているものが多くて、高嶺の花という印象で見ておりました。カスタムには適性な範囲があり、それを越すと転売が難しくなります。

自分にも心当たりがあるのですが、目先のことだけを考えてカスタムしてしまったな…などと若干の後悔もあります;お陰様で本日も有意義なご感想を頂戴しました。ご配慮に感謝致します。コメントを頂きありがとうございます。

横町さん、こんばんは。

Van Halenの"Jump"の動画、拝見させていただきました。
この曲のイントロは何度聴いても魅力的ですよね。
80年代の曲のイントロで最も有名と言ってもいいかもしれないですよね。

>テンションを高く保つ方法は十人十色だが、私の場合は洋楽がメインである。

この横町さんのお気持ち、自分も大いに賛同いたします。
私も洋楽ロックを聴くと胸の中がフツフツと熱くなってきます。

>傍から見れば自分のゾーンに閉じこもっているかのように見えるのかも知れないが

私はこれも大いに素晴らしいことだと思います。

何かで心を熱くして他のことに取り組んでいく、
これもすごく大事なことだと私も強く賛同いたします。

それでは、失礼いたしました。

かーとさん、ありがとうございます。

こんにちは。そうおっしゃって頂きこの曲をリンクした甲斐がありました。今は新たな仕事の研修に入りましたが、まとまった休みもあるので、その時は洋楽で大いに憂さを晴らしたい所存です。

ご配慮により本日も格別なるエールを頂戴しました。おはからいに感謝しています。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)