fc2ブログ
3899番目の記事である。サードライフ送迎の仕事に就いた私だが、その中で一つ気になることがあった。それはナビゲーションのデジタル時計が見え難い(特に夜間)ということである。一昨日は老眼鏡のレンズを四角形に切り取ったものをナビゲーション画像に貼ってみたが、今一つ文字が小さかった。凸レンズは視覚の対象物から離さないと十分に拡大できない。そこで私は二つの方法を考えてみた。

0ナビゲーション

一つ目は市販の虫眼鏡を固定する方法である。使用したメッキを施した鉄板は使い古した蛍光灯から出た廃材である。厚さが1ミリほどしかないので、金切りばさみで簡単に切れる。このように切断した後で、虫眼鏡の柄を貫通できるくらいの穴を開けることにした。ポンチの代用はコンクリート釘でOKである。そこに電気ドリルで複数の穴を開ける。

1ドリル穴開け

穴と穴をつなぐにはニッパーが便利である。😀👌

3ニッパー切断

このように穴を開けた。後はバリ取り(ギザギザになった部分を研磨する)である。

2穴開け完了

研磨には半円型のヤスリが便利である。

4やすり掛け

虫眼鏡をセットした状態である。ちなみに1ミリの鉄板はメーカー純正のナビゲーションとダッシュボードの隙間に挿入可能な厚さである。微調整はあるものの、これで概ね完成である。

5完成

もう一つの方法である。先日紹介した四角形の凸レンズに、台形にくりぬいたアクリル板を接着して製作してみた。こちらは即使用に供するものと考えている。尚、固定に関しては粘着力の弱い製図用のテープで十分である。虫眼鏡と比較すれば拡大の度合いは弱いが、或いはこれで問題ないのかも知れない。

6完成L型

横町コメント
車がここにあれば試してみることが出来るのですが、ないのでこのような対処となりました。次回の出勤(乗車)の際に試してみたい所存です。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


ここは大人の社交場です。いかなる理由があっても、記事の内容と関係のないコメントは即座に削除します。奔放・自己本位なコメントやフランク、論議も望んでいません。仁と礼節を重視したお付き合いをさせて頂いております。

改めて公言します。私はコメントをやり取りするようなブロ友を募集しています。但し、誰でもいいと言うわけではありません。コメントを下さる前に、もう一度ヘッダーの文言を熟読して頂きたい所存です。これに賛同頂けるかたからのコメントをお待ちしています。

7六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)