fc2ブログ
年金受給者が老後も働き続けるとどうなるのか?【メシのタネ


リンク動画解説
久しぶりにYouTube動画「メシのタネ」のリンクである。物価高の折、現在65歳~69歳までの半分近くが就業していると言うが、私もその一人である。動画に出てくる主人公の長井ムネオは65歳を迎えたばかり。年金(ごく平均的な14万4千円)を受給しながらフルタイムで働いているという。

長井が年金をもらいながら働く気になったのは、家でだらだらしていることに虚無感を抱いたからと言う。私は二箇月前から、新たな職場で仕事に就いたばかりだが、長井と境遇が似ているという印象を受けた。

1暇だから働くか

高齢者の再就職で難しいのが、前職へのわだかまり(名のある企業に在籍していたこと、或いは役職に就いていたなどの変なプライド)が邪魔をするようだ。現役時代のプライドを捨てきれない長井だが、なかなか仕事が見つからないこともあって、正社員での採用を諦めアルバイトで清掃の仕事に就いた。高齢者(65歳以上の老人)全体での就業率は全体の4分の1である。

2就業率

長井は振り込まれた給料の総額を見て愕然とした。フルタイムで清掃の仕事をしても、もらえる賃金は手取りで17万弱という。傍から見て、年齢のことを考えれば、さほど悪くない条件と思われるが本人から見れば大いに不満というのである。

0怒る長井

その理由は現役時代の自分と、今の自分を比較していることにあるようだ。憤懣やるかたない長井だが、折よく友人の細長から電話があり飲む約束をした。酒を飲みながら細長に自分の悩み(愚痴)を聞いてもらおうと思ったのである。「隣の芝生は青く見える」とよく言うが、まさに長井の悩みは、他人や過去の自分と比べてしまうことで生じた不満であった。諭すように話す細長。このあたりは実際によくある話ではないだろうか?

3友人細長に不満を述べる長井

友人の細長から助言をもらった長井はフルタイムでの勤務を止めて、現状よりも少ない勤務時間(シフト変更を申し出た)に落しどころを見出した。長井は余った時間を趣味などの余暇時間として有意義に使っているようで、それなりに満足しているようだ。

4フルタイムにこだわらない

横町コメント
3920番目の記事になります。65歳~69歳までのうち、約半数が仕事に就いているということで、健康なうちはまだまだ自分も頑張らなければならないと言い聞かせています。言えるのは現役時代の待遇と比較してしまうことです。動画の中で友人の細長は「どう考えたって、数年後には若者たちに追い越されているし、明日の命はわからないから…」と述べていました。事実を俯瞰すれば、まさにその通りなのかも知れません。

さて、自分もあと何年働けるかはわかりませんが、日々ウォーキングを行いつつ、フィジカルコンディションを保ち、少しでも長く働けるよう精進して参りたい所存です。かつては定年後のリタイア(年金生活)にユートピアを夢見た私ですが、現実はそうあまいものではありませんでした。
😖💧まだ働けるうちが花なのかも知れません。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

ユートピアは”大人の社交場”です。いかなる理由があっても、記事の内容と関係のないコメントは自制しお控えください。また奔放・自己本位なコメント(言った者勝ち)やフランク、論議も望んでいません。仁と礼節(時には謙譲も)を重視したお付き合いをさせて頂いております。スパムや準スパム行為(記事の内容から逸脱し、自らのことだけを述べ、暗に自らのサイトに誘うようなコメント)を見掛けた場合は然るべき措置を取ります。

5六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)