fc2ブログ
【日米防衛相会談】アメリカ巡航ミサイル「トマホーク」取得を1年前倒しで一致


リンク動画解説
木原稔防衛相は4日(日本時間5日未明)、訪問先の米ワシントン近郊の国防総省でオースティン国防長官と会談し、米国製巡航ミサイル「トマホーク」の調達を2025年度に1年前倒しする意向を示し、オースティン氏もこれに同意した。米議会の承認が必要となるが、調達はほぼ確実と見られる。但しトマホークの飛行速度はけして速くなく、民間旅客機とほぼ同じ速度(920Km/h)とされる。

1トマホーク概要北海道新聞より引用

現在、超音速のICBM大陸間弾道ミサイル)の飛行速度はマッハ5(6,000km/h)以上とされるが、トマホークでは迎撃が困難なのは明確である。

2速度差

しかしながら、トマホークミサイルを配備すれば、敵基地を攻撃することが可能となる。(トマホークは迎撃されやすいというが…)

当初、防衛省は26~27年度に最新型のトマホーク(ブロック5)を最大400発取得する計画だったが、木原防衛相が「前倒しが必要」と判断し、旧型の「ブロック4」(員数は200発)に切り替えることで、2025年度から取得を始める方針を決め、米側の理解を得たものである。

3東京新聞より

横町コメント
3921番目の記事です。西側との対立を深める中露朝三国の動きが気になる昨今です。もはや悠長なことは言ってられない気がします。そんな状況下において、いよいよ敵基地攻撃能力が具体化して参りました。トマホークですが、型の古いブロック4と新しいブロック5では、他の装備との通信方式が異なるものの、射程や誘導方式などの性能は同等であるとされます。もちろん陸上からの攻撃の他、イージス艦にも搭載可能なので、抑止力として期待したいと思います。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

ユートピアは”大人の社交場”です。いかなる理由があっても、記事の内容と関係のないコメントは自制しお控えください。また奔放・自己本位なコメント(言った者勝ち)やフランク、論議も望んでいません。仁と礼節(時には謙譲も)を重視したお付き合いをさせて頂いております。スパムや準スパム行為(記事の内容から逸脱し、自らのことだけを述べ、暗に自らのサイトに誘うようなコメント)を見掛けた場合は然るべき措置を取ります。

4六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)