fc2ブログ
eter Cetera - Hard to Say I'm Sorry - 2017  


リンク曲について
ご存じ、シカゴの元ボーカリスト ピーター・セテラ(Peter Cetera 1944年~)の「素直になれなくて」(邦題)である。若年時から今日まで過ぎ去ったことを懺悔する時、なぜあの時もっと素直になれなかったのかが脳裏を過る。まさに後悔先に立たずだが、一人っ子で我儘に育ったがゆえに、小さい頃から素直にはなれなかった気がする。

そんな私の我儘を理解してくれたのはほんの一握りであり、後のほとんどは平行線をたどるか、別れることが多かった。但し、そんな私も年を経るにつれ、徐々に丸くなってきた。ようやく他人の気持ちがわかるようになってきたのである。「少し強く言い過ぎたね。素直になれなくてごめんね。」というピーター・セテラのセリフが私の心に突き刺さる昨今だが、まだ人生を終えたわけでない。

今はサードライフに入った私だが、いつしか他人に素直な言葉を掛けられるよう、自問自答している。そうでもしないと、今まで払った代償の多くが無駄になることになる。今からでもけして遅くない。要はもう一皮むければいいのだから…今宵はピーター・セテラ(歌唱時は73歳)の名曲を聞きながら、懺悔している。自分が彼と同じ年齢に達したとき、このように鋭気に満ちていられるかどうかはわからないが、そのための努力だけは惜しまないつもりでいる。

0ピーター

久しぶりに定禅寺通を歩いた。仕事で広瀬通や青葉通は車で通っているが、定禅寺通だけはご無沙汰していたのである。落葉前のケヤキ並木はそろそろ見納めが近づいている。あと二箇月もすれば光のページェントの季節ゆえ、しっかりと瞼に焼き付かせておかねばならない。

1定禅寺通

目的地はもちろん一番町である。セカンドライフでの通勤ルートだけに思い出深いものがある。秋晴れに恵まれたのは願ってもないことであった。

2三越前

目当ての店はセカンドライフで毎日のように立ち寄ったマクドナルド仙台一番町店である。時節は芸術の秋、読書の秋である。今日は勤務明けだが、ここで過ごす読書タイムは至福の時間✨である。

3入口

私は一番町を眼下に見下ろす席に座った。一番町の往来を虚ろに見ながら読書に興ずる。多くは望まないがこれだけで充分である。

4ビュー

横町コメント
3929番目の記事になります。新しい職場(或る企業の送迎)に就いて、一箇月半近く経ちましたが、コツ(運転に集中するときと、休憩、脱力する時のメリハリをつける)を掴み、より安定度を増した気がします。怖いのは夜間の運転時の眠気ですが、適度なウォーキングとブラックコーヒーによるカフェイン摂取で克服できる気がします。

車線が多い区間での車線変更(混雑時)は特に強い緊張感を強いられますが、タイミングさえ修得すれば、そう難しくはありません。但し、いくら自分が気を付けていても”もらい事故”があるので、その点は常に心の片隅に置くようにしています。

本心を申し上げましょう。私は人に媚びを売るのが大の苦手ですが、今の仕事は売らなくていい。これが私の就業意欲を引き立てる大きな要素となっています。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

ユートピアは”大人の社交場”です。いかなる理由があっても、記事の内容と関係のないコメントは自制しお控えください。また奔放・自己本位なコメント(言った者勝ち)やフランク、論議も望んでいません。仁と礼節(時には謙譲も)を重視したお付き合いをさせて頂いております。スパムや準スパム行為(記事の内容から逸脱し、自らのことだけを述べ、暗に自らのサイトに誘うようなコメント)を見掛けた場合は然るべき措置を取ります。

6六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)