fc2ブログ
『くるまにポピー』CM オール阪神・巨人 ダイヤックス


リンク動画解説
懐かしい1981年のCMだが、ご記憶のかたも多いのではないだろうか?(株)ダイヤケミカルhttps://www.diachemical.co.jp/から発売された車用芳香剤、グレイスメイトポピーである。オール阪神・巨人のユーモラスなやり取りが評判になったCMである。

当時はカーマニアを自称していた私も発売と同時に購入した記憶がある。(笑)今回購入したのは、国内販売されている5種類の中の1種類「フリージア」である。キャッチフレーズは「南国に咲くフルーティーなフリージアの香り」である。今の仕事に就いてから通勤で乗用車に乗る機会が増えたため、購入を決意した。車に乗っている時間を快適に過ごしたいという気持ちである。

1箱入り

ちなみに、フリージアとはアヤメ科の多年草で花の色は白、黄、紅、桃、紫などで強い芳香を放つとされる。

2箱入り正面

この製品の魅力は芳香のみではない。瓶がデザイン性に富んでおり、車内のアクセサリーとしての付加価値をも併せ持っているのが特徴である。製品によっては透明でない瓶もあるようだが、デザイン的な好みとしては、このフリージアのように透明のほうが見栄えがいい気がする。

3正面

どの角度から見ても意匠性に富む。臭覚のみでなく、視覚にも訴えるというメーカーのポリシーが十分に伝わってくる。

4斜め上から

国内のラインナップは現在は5種類となっている。以前はもっと多かった気もするが、過去の販売実績から種類を絞っていったものと察している。ちなみに若かりし頃の私はブーケ(濃いブルー)が好みであった。

5国内用

こちらは国外販売品(その1)である。通販を利用すれば日本でも入手可能のようだ。

6海外その1

国外販売品(その2)である。フリージアに関しては国内、国外を問わずラインナップに入っている。日本人と外国人では臭覚の好みが異なるのかも知れない。その他の要素としては、気候の違いも関係している気がする。

7海外その2

(株)ダイヤケミカル社の掲げる、グレイスメイトポピーのキャッチフレーズである。販売開始が1978年(昭和53年)なので、既に35年が経過している。それでも基本的な製品は大きく変わっていないようでロングセラーを感じる。

8キャッチフレーズ

横町コメント
3937番目の記事です。グレイスメイトポピーは、車好きの人には特に魅力を感じるのではないでしょうか?所有している車を自分だけの快適なサルーンにしたい。自分を含めて、そんな気持ちが購入動機につながっている気がします。今回はフリージアを購入しましたが、次回はファインスカッシュ(ラムネをイメージした爽快な香り)なども視野に入れたいと考えています。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

ユートピアは”大人の社交場”です。閲覧は自由ですが、コメント者を選ぶブログであることを否定しません。いかなる理由があっても、記事の内容と関係のないコメントは自制しお控えください。また奔放・自己本位なコメント(言った者勝ち)やフランク、論議も望んでいません。仁と礼節(時には謙譲も)を重視したお付き合いをさせて頂いております。スパムや準スパム行為(記事の内容から逸脱し、自らのことだけを述べ、暗に自らのサイトに誘うようなコメント)を見掛けた場合は然るべき措置を取ります。

9六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)