fc2ブログ
本日は私がチャンネル登録しているYouTube動画サイト「いたchannel」さんの画像https://www.youtube.com/watch?v=R7ahPWYVAno&t=5sを基に、仙台の古い団地である黒松団地(1960年に造成開始、入居開始は1962年)の昨今の状況と今後の展望についてお伝えしたい。車で走行した動画を収録した動画だが、先ずは走行ルートを確認して頂きたい。

1走行ルート

黒松団地の計画人口は9000人弱であった。建設が高度経済成長期だけに、期待された新興団地であったが、この後は徐々に減少傾向に転じている。動画でも述べているが、県営住宅(アパート)では、先の東日本大震災の被害を受けて、既に解体された建物もある。宮城県は老朽化が進む県営住宅を取り壊し、建て替えをしないとの見解を表明している。理由は入居における供給が需要を上回っているということである。

2公営住宅一覧

問題は築60年を経たコンクリート造のアパートが老朽化してきているということである。実は黒松団地は入居者の高齢化も進んでいる。それだけに入居者の多くは引っ越しをせずに、このまま人生の最後をこの場所で…と望んでいる。これに対して、宮城県は取り壊す方針で、入居者の移転に向け、2033年までに説明会を開くという。

3高齢化

団地内にはコンビニ(セブンイレブン)がある。その他の店舗としては大型店として生協黒松店、理容所、美容室、鮮魚店、飲食店も存在し、利便性には事欠かないようだ。公共の交通機関としては地下鉄東西線の黒松駅があり、市営バス(仙台駅前までの所要時間は約30分)や宮城交通(団地の入口部にバス停あり)のバスも通っていて、さほど不自由を感じないように見受けられる。

4セブンイレブン

地域に根差した学校としては仙台市立黒松小学校(設立は1969年)がある。

5黒松小学校

金融機関としては仙台銀行黒松支店や泉黒松郵便局もあり、利便性には事欠かないようだ。

6仙台銀行黒松支店

なんと言っても救いは団地内に仙台市地下鉄黒松駅(運行は10分間隔)があることである。生協黒松店はこの駅と隣接しており生協(1F)の上階には、百均のダイソー、書店、衣料店の複数の店舗が入っている。

7地下鉄黒松駅

横町コメント
3939番目の記事です。私もたまにこの団地の商業施設(生協黒松店)を訪れます。黒松団地の人口の推移として、個別住宅では高齢化率が微増しており、集合住宅では人口が減少し高齢化率が進んでいると言います。当然のことですが、地下鉄の駅に近い所ほど街区が維持され、遠いところでは、斜陽とまでは行かないものの、発展は淀む傾向にあるようです。

移転の問題はありますが、老朽化の進んだ古いアパートを撤去し、別な土地利用(一戸建て住宅や商業施設の誘致)なんとかしないと、団地内の活性化は進まない気がします。一方で引っ越しが困難な高齢者の世帯も多く、機が熟すのを待つしかないという気もします。今後この団地がどうなって行くのか、見守りたいと思います。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

ユートピアは”大人の社交場”です。閲覧は自由ですが、コメント者を選ぶブログであることを否定しません。いかなる理由があっても、記事の内容と関係のないコメントは自制しお控えください。また奔放・自己本位なコメント(言った者勝ち)やフランク、論議も望んでいません。仁と礼節(時には謙譲も)を重視したお付き合いをさせて頂いております。スパムや準スパム行為(記事の内容から逸脱し、自らのことだけを述べ、暗に自らのサイトに誘うようなコメント)を見掛けた場合は然るべき措置を取ります。

8六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)