fc2ブログ
私は四十代半ばまでメガネと縁のない人生を送ってきた。視力は三十代までは1・5だったと記憶している。四十代半ばを過ぎて新聞の文字が裸眼で読みにくくなった。47歳の時に初めて弱い度数の老眼鏡をかけた。その後更に老眼は進み、今は読書時の老眼鏡は3・0の度数となっている。また五十代後半からは車の運転やゴルフの歳も弱い度数(1・0)のメガネをかけるようになった。

しかしながら、老眼が更に進んだ昨今は1・0の老眼鏡だと車の運転時にナビゲーションがよく見えず、1・5の老眼鏡をかけて運転している。現在使用している老眼鏡は三~四種類(読書などのこまい文字の読み取り時が3・0若しくは2・5、パソコン操作時が2・0、それ以外が1・5)となっている。

本日は運転などで使っている度数1・5の老眼鏡に施した工夫を紹介したい。メガネはセリアという百均ショップで売っている品である。これだけでバイクを運転すると鼻あての部分がいまいち不安定で使い難さを感じていた。左側のPUクッション(ポリウレタンクッション)は別名涙目(なみだめ)とも言われ、家具などの扉が当たる部分に取り付けるクッション材である。購入したのはホームセンター・ビバ(VIVA)でサイズは8Φ×2・5mm、20個入りで¥386である。

メガネの鼻当ての部分を御覧頂きたい。この材料は透明なのでほとんど目立たない。

改造を施した1・5の老眼鏡の上にメガネ式のゴーグル(プラスチック製)をかけると若い頃にほとんど遜色のない視力が得られる。この組み合わせによってバイクの運転が一層快適になってきた。透明のゴーグルは昼間、夜間兼用、色付きのゴーグルは昼間専用で、ともにダイソーの百円商品である。

本日の水曜日は仕事が休みである。私がバイクで向かったのはドンキホーテ仙台台原店である。2階の角の部分を御覧頂きたい。このビルのテナントに三本コーヒーショップ(実質はレストラン)が入っている。

眼下には県道22号線(旧国道4号線)が走っている。私はロケーションを楽しみながら、至福の読書タイムに浸った。(三本コーヒーショップノホットコーヒは税込¥300)

この後、台原森林公園に向かった。度数1・5の老眼鏡とゴーグルの組み合わせで快適なポタリングが楽しめた。

天気はいまいちだったが、公園内の紅葉もだいぶ進んだようだ。

ミック挨拶
勤め先とは、入社一箇月を前に勤務条件の再契約があり、二箇月目からは土日の他に水曜日が休みになりました。週初めの月火と出勤して水曜日に中休みを頂き、週後半の木金と出勤するというパターンです。以前は木曜が休みだったので、今回の見直しで一層バランスの取れたセカンドライフが送れると解釈しています。

老眼鏡に関しては、今回の見直しでカーナビゲーションにピントが合い、公私を問わず運転でも一切不安を感じなくなりました。これを大きな追い風と捉えモチベーションUPに繋げたいと考えています。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)