fc2ブログ
長生きの秘訣】老化を遅らせる3つの方法を分かりやすく解説


リンク動画解説
ユーチュバー「60才からの生活向上委員会」の動画である。テーマは「長生きの秘訣」である。残念ながら現代の医学では脳の老化は止められないという。であるならば、老化を遅らせるということが重要ということになる。この動画はポイントを多数羅列することでなく、三点に絞っているのでとても頭に入りやすい。
1、定年後も仕事を続ける
2、食生活の改善(和食中心が理想)
3、ダイエットをしない(標準より少し太っているほうが良い)

1については仕事でなくても良いとしているがまったく同感である。私は現在サードライフ(自分の定義)に入ったが、新たな職種(送迎ドライバーの仕事)に就き、張り合いのある毎日を送っている。フルタイムの勤務でなく、余暇時間も十分に取れるので趣味にも時間を割くことが出来る。

定年後にも仕事を続けるか否かは人それぞれだが、このことが結果的に脳や身体の老化防止につながっている気がする。私のブロ友のbさんはリタイア後にもボランティアを継続されているが、これが大きな張り合いになっていると言っておいでである。

1仕事以外

2の食生活に関しては和食や緑茶の摂取が挙げられる。私自身の達成度については70点くらいと考えている。残りの30点は週に5回の晩酌をするので、嗜好品に走る傾向があるからである。動画ではアルコールについては触れていないが、適量さえ守れば問題ないと考えている。下戸の人には大変申し訳ないが、ストレス解消という面も重視しているのである。

2和食の勧め

3は案外盲点と言えるのかも知れない。健康診断でメタボリックシンドロームと診断されてしまうことを恐れてダイエットすると、体の免疫力が落ち結果的にフレイル(機能虚弱)に陥りやすくなり、デメリットがメリットを上回る可能性がある。目安はBMIが25~30くらいが良いとしている。

3メタボリックの罠

横町コメント
3954番目の記事になります。動画では長生きするならば60代~70代の過ごし方が重要としています。自分に残された寿命(健康寿命)のことは知る由もありませんが、最大限の努力をして参りたい所存です。アルコールに関しては全く飲まないほうがいいとする考えもありますが、数少ない老後の楽しみとして身体が許す限り、今後も続けて参ります。最後のセリフ(ただ〇〇あるのみ)は何卒大目に見て頂きたいと存じます。

最後に三国志の曹操の詠んだ「短歌行」を掲げ、今宵の我が心境を委ねたい所存です。 
對酒當歌 人生幾何 
譬如朝露 去日苦多 
慨當以慷 憂思難忘 
何以解憂 唯有杜康 
【解釈】
酒を前にしたら歌おう。人生は短いものだから。
譬えれば朝露のようなものだ。月日はあっという間に過ぎてゆく。
憤慨し怒りを晴らそうとしても蟠りを晴らすことなどできない。
どうしたらこの憂いを解くことがきるだろうか。
ならばそれに答えよう。ただ酒を飲むのみである。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


7六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)