fc2ブログ
Sumo wrestlers in Commercials! 相撲CM


リンク動画解説
またしてもYouTubeでユニークなチャンネルを見つけた。SarahLikesSumoである。CMには人気力士が多いが、力士の土俵以外の顔を垣間見る思いがする。お堅い相撲協会のことだから、CMの内容には相応の規制がついて回るのだろうと推察している。

現役力士では宇良関のふんわりとした面(力士とは不似合いな、ゆるキャラにも通じる雰囲気)は、今すぐ力士を辞め、タレントになってもそこそこ行けるのではないだろうか?という余計なことまで考えてしまう。商品の洗濯用洗剤をアピールする二宮和也氏とは絶妙な顔合わせと言える気がする。このCM制作に携わった方々に対しては「技あり」👍と述べたい。

1宇良関

これはカップ麺のCMだが、超個性派力士の九重部屋の千代丸関も登場し、微笑ましい印象を受ける。土俵上では近寄り難い印象だが、千代丸関にこのようなひょうきんな一面があったとは意外である。

2クッタ

五月場所の九重部屋千秋楽打ち上げパーティーでも千代丸関(右から2人目)の顔が見られる。

3九重部屋打ち上げパーティー

引退して久しいが、高見盛関のロボコップ的な”ぎこちない動き”は相撲協会公認の看板パフォーマンスと言える。真面目で一生懸命だがぎこちない。ここにファンは限りない魅力を感じるのではないだろうか?

4高見盛

小兵(99キロ)の炎鵬関は、現在怪我の為休場している。既に幕下まで番付が落ちたが、不撓不屈の精神でなんとかカムバックして欲しい。周囲に気配りのできる力士である。女性ファンに「可愛い」と言われる炎鵬だが、本音はカッコいいと言われたいらしい。

5炎鵬ビール

田子ノ浦部屋の千秋楽祝賀会の広報(HP)である。千秋楽は全部屋において祝賀会が行われる。華やかな相撲界を物語るかのような恒例行事である。中央のスーツを着たかたが田子ノ浦親方、その右が部屋頭の高安関である。

6田子ノ浦部屋HP

後援会は”タニマチ”と言って、力士や部屋の贔屓筋を意味する言葉である。力士ともなれば宴会に呼ばれることはけして珍しくないが、すべては「ごっつぁんです」の世界なのである。タニマチから受けたおもてなしには土俵の上で返せばいいのである。

7時津風部屋後援会

横町コメント
3966番目の記事になります。言えるのは、人気力士、個性派力士以外の地味な力士が出ていないという点です。横綱は土俵では他の力士の模範となるべき存在ゆえ、笑顔を見せるのは禁物ですが、動画に登場するCM集には「あれっ、朝青龍関ってこんな顔もあったんだ!」と言うような新たな発見があります。土俵上では強面で近寄り固い朝青龍ですが、このCMを見る限りでは案外気さくで親しみやすい面を持ち合わせているのかな?などと勘ぐってしまいます。

一方、横綱白鵬関は土俵以外の場での勇み足が多いお相撲さんでしたが、悪気はない気がします。CMに出演している彼を見ると、そのような一面が浮かび上がってくる気がします。今は九州場所の真っ最中で、仕事以外の日は毎日テレビ観戦していますが、最近は彼らの土俵外での顔も思い浮かべながら取り組みを見ています。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


8六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)