fc2ブログ
投票所に一番乗りして零票確認をしました
本日私は投票一番乗りを目指して雨の降る中、傘を差し長靴を履いて投票所となった某小学校に向かった。到着した時刻は6時50分で投票開始の10分前である。体育館の中が投票所となっている。体育館入口に並んでいると、三分ほどに係のかたから、「投票する前に、投票箱の中に何も入っていないのを確認して頂いたいいですか?」と聞かれた。少し意外だったが私は喜んで応じた。係の人は「零票確認者」として選挙券に書いている私の住所と名前を別紙に控えたようだ。

零票確認とは一体何なのか?について説明申し上げたい。
本日投票する内容は
①衆議院選挙
②政党
③裁判官弾劾
④宮城県知事
の4枚である。従って選挙箱も4個となる。その箱の一つ一つを開け、中に何も入っていないことを私に証明して欲しいという内容である。

最後に一つ一つの箱が空であったという証明のため、4枚の紙に住所と氏名を記入して終了となる。入場から退場に至る所要時間は約10分で、十番目くらいに来た人と帰りの時刻がほぼ同じとなった。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ミック挨拶
本日はただ一番乗りを目指しただけで、「零票確認」という行為は思ってもないことでした。やや時間が掛かりすぎるのは難点ですが、透明性を期する意味で果たすべき役割りを果たしたと考えています。(私は少しも迷惑とは考えていません)ところで皆さんはもう投票に行かれましたか?台風接近の中大変な地域もあると察しております。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)