fc2ブログ
ウェザーニュース/今冬は暖冬(特に西日本)日本海側の雪は少なめか


リンク動画解説
今年の冬は暖冬になるらしいということをあちこちで聞くが、本日はこの理由に迫ってみたい。ウェザーニュース傾向としてはからの引用である。暖冬と言っても西日本のほうが例年より高温になる可能性があるという。

1平均気温

降水量に関しては平年並みか、平年よりもやや多い(西日本)見込みであるとされる。ということは西日本は雪よりも雨が多い傾向(高地や日本海側を除く)と言えるようだ。

2降水量

今冬はエルニーニョ現象の影響で暖冬になる可能性があると言われているが、この他に「正のインド洋ダイポールモード現象」という聞きなれない言葉が出てくる。
夏から秋ごろ、インド洋熱帯域南東部の海面水温が平常時より低い為、積乱雲の活動が不活発となり、ベンガル湾からフィリピンの東海上での西風(モンスーン)が強まるとされるが、この西風と太平洋高気圧の南の貿易風の暖かく湿った空気により、北太平洋西部で積乱雲の活動が活発になると言う。結果的にチベット高気圧が北東に張り出し、日本に高温をもたらすというものである。私を含めた素人には理解が難しいので模式図を掲載する。

3模式図

横町コメント
3970番目の記事になります。私は送迎の仕事をしていることもあり、積雪や路面の凍結には神経を使います。それだけに暖冬は追い風と言えますが、油断できない(東北の太平洋側は春先に大雪が降る傾向にある)気がします。それはさておき、エルニーニョ現象正のインド洋ダイポールモード現象も地球温暖化の影響と言います。であるならば、暖冬を喜んでいる場合でない(地球温暖化はデメリットが圧倒的に大きい)と考えています。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


4六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)