fc2ブログ
Queen - Radio Ga Ga (Live Aid 1985)


【コラム】
今日は花の金曜日である。現役時代の私なら、ようし週末だから少し羽目でも外すかとなるのだが、サードライフに入った今は、外す羽目の具合を抑えなければならない。それでもライフにメリハリをつけるには、外さなければならない。こういう気持ちになったのは、この年になっても働いているからである。

今宵はQueenフレディ・マーキュリーRadio Ga Ga Live」の天才的な歌唱に酔い、今週もよきウイークエンドを迎えられた喜びに浸りたい。週末を祝う気になれたのは、本日の仕事(幼稚園の送迎バスの運転)が首尾よく終了したからである。私には彼のような才能も自己表現力はないが、少なくとも憧れとシンパシーを感じて止まないのである。

0マーキュリー

本日、無事に幼稚園バスの送迎を終えた。たった一日半(研修が半日で実働が一日)であったが、我ながら充実した二日間であった。この仕事の醍醐味は何と言っても園児や父兄の方々(主にお母様)の笑顔に接することができることである。現役時代は冗談の通じない堅物と言われてきた私だが、この年になって初めて肩の力が抜けてきたのかも知れない。

幼稚園の送迎は企業の送迎とは異なり、自分も童心に返ったつもりでテンションを合わせる必要がある。添乗の先生は降園時に運転手さん(一応先生と呼ばれる)と先生(添乗の先生)に「元気に挨拶をしましょう」と述べると園児は声を揃えて「横町先生、〇〇先生お願いします」と返されるのである。先生と呼ばれるのは生まれて初めてだが、これが照れくさくもあり、うれしくもあるのである。

そして園児が停車場で降りるたびに「さようなら」の挨拶を返さなければならない。トラックの運転では在り得ないことだが、何かほのぼのとした情感が湧いてくるのである。道がわからないまま終始した本日の送迎業務だが、この仕事をして、人から感謝されることの喜びを改めて認識した気がする。

1幼稚園バス

横町コメント
3978番目の記事です。当初は定年後は人と関わりたくないと考え、大型免許を取り、ダンプカーのハンドルを握りました。その後、不本意ながら建設業の安全管理という仕事に就き、5年が経ち再び大型車のハンドルを握ることに夢を抱きました。せっかく取得した大型免許を無駄にしたくないという気持ちもありました。

マイクロバス(29人乗りで中型限定解除免許以上が必要)の運転が私に新天地をもたらした気がします。この二日間で何よりも印象に残ったのは、未来を背負うこの園児たちが大人になったらどんな人物になるのだろう?ということです。今の自分が夢と希望にあふれた園児たちと関われるというだけで、大きな満足を感じます。

今は企業の送迎の仕事がメインですが、幼稚園の送迎の仕事の醍醐味を知っただけで、今週は大きな収穫があったと自分に言い聞かせています。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

PS:記事と関係のないコメントは望んでおりませんのでお控えください。

3六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)