fc2ブログ
随筆「平安時代を奔放に生きた貴族の墓を訪ねて」
私は以前から名取市の農村部を走る東街道というものに限りない憧憬を感じていた。奥州合戦で源頼朝の率いた大軍が通過したのは東街道だったと言われている。旧道の多く消え去った昨今、その東街道の一部が往時の面影を留めている場所があるという。東街道への尽きない興味とともに、私の脳裏にふと浮かんだのが平安時代の貴公子・藤原実方(実方中将)の存在である。

※藤原実方
生年不詳~998年没。摂関家の流れをくむ由緒のある家柄に生まれ、平安時代の中頃(990年頃)花山・一条天皇に仕えた公家で、中古三十六歌仙の一人。美しい容姿をそなえた貴公子として知られる。藤原道綱、道信や源宣方などとの親交 があった。和歌の才能に優れ、清少納言ら多くの女性との贈答歌を残す。「拾遺和歌集」以下の勅撰集に六十七首入集。 殿上で三蹟の一人に上げられる藤原行成とのいざこざで、一条天皇より「歌枕を見てまいれ」と陸奥国守に左遷され、陸奥の地に下った。 
ある日、藤原実方が出羽国阿古屋の松を訪ねた帰り、神社の前を通る際に、村人より「霊験あらたかな神様なので馬から下りて通るよう に」と言われたが、これを無視し馬に乗りながら過ぎようとしたため神罰が下って落馬し、その怪我がもとでこの地で亡くなったと伝えられる。

東街道と道祖神社
10月半ばの或る日、私は名取市笠島の道祖神社(別名・佐倍乃神社)を訪ねた。県道39号線沿いの塩手集落の信号機のそばに「道祖神社」の立札が立っている。路地を西に50メートルほど進むと、間もなく神社の赤い鳥居が現れる。
※道祖神社の鳥居


鳥居を潜る前に、私はふと左手のほうの小径に心を奪われた。鳥居から南に真っ直ぐ伸びている道なので、参道とも取れなくもない。どうやらこの小径が東街道らしい。

※往時の縁を偲ばせる現在の東街道


東街道の両側は竹林となっているが、東側の林には杉木立も混ざり林もまばらで畑地が広がっている。



藤原実方を始め、多くの古人がこれと近い光景を見たのではないだろうか?そう思うと、大河の如き悠久の時の流れに飲み込まれて行く一人の人間の儚さを感ぜずには居られなかった。

実方の墓へ
道祖神社から北に七百メートルほど行ったところに彼の墓があるという。県道39号線を北上して彼の墓がある北野地区を訪れた。欄干に実方橋と書かれた太鼓橋を渡ると松尾芭蕉ゆかりの石碑と西行法師ゆかりの「かたみのすすき」がある。

1689年、松尾芭蕉が奥の細道で「笠島はいずこ五月のぬかり道」と詠んでいる。折りしも五月の雨で道はぬかるみと化し、残念ながら実方の墓所にたどり着けなかった芭蕉の無念さがにじみ出た歌である。 芭蕉が実方の不遇に思いを馳せた五百余年前、この地に西行法師も訪れ、在りし日の実方を偲んでいる。

※西行法師
1118年~1190年。姓は佐藤、名は義清、別号に大宝房、法名を円位。武家に生まれ鳥羽上皇に北面武士として仕えるが、二十三歳で出家する。平清盛・時忠、崇徳院・徳大寺実能らと交わる。仏道修行、和歌に励み、諸国(陸奥~四国、九州)を遍歴。仏教観を基として独自の抒情歌を確立。花と月の歌がおおく、独自の歌風は飯尾宗祇、松尾芭蕉らに影響を与える。 『新古今集』に九十四首が収められ、家集に『山家集』等がある。
西行法師は晩年近くなってこの地を訪れ「朽ちもせぬその名ばかりを留めておきて、枯野のすすきかたみにぞ見る」と在りし日の実方を偲んだ。 

※実方の墓の前にある西行法師の歌碑


西行法師の歌碑の後方には実方の墓がある。墓荒らしにでも遭ったのだろうか。かつては五輪塔だったとされる墓の面影は今はなく、土饅頭かと見間違うばかりの粗末なものである。

※藤原実方の墓


’’五月闇倉橋山のほととぎすおぼつかなくも泣きわたるかな’’
これは春宮(後に三条天皇となる居貞親王と思われる)に献上した扇絵に添えられた歌である。光源氏のモデルとも言われる彼は風雅を己の友とし、自由奔放に生きたに違いない。風流を殊の他好んだ彼は、陸奥行きなど、さほど不満を感じなかったのでないだろうか。周囲には刈田も広がり、空には悠然とトンビが舞っている。近くの農家の庭先に目を移すと、柿の実もだいぶ色づいてきたようだ。私は平安時代の貴公子のエスプリと孤高を脳裏に刻み、秋深まる此の地に別れを告げた。  
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
横町挨拶
私は某印刷会社からの依頼で、或る企業の季刊誌に寄稿しています。本記事はその原稿です。このエッセイを書き上げるのに三度ほど図書館に通い藤原実方の文献を読みあさりました。彼は清少納言とも親密な交際があり光源氏のモデルの一人という説さえございます。謎の多い人物ですが、そんな彼を慕って西行や芭蕉が訪れています。

その理由を知るには彼の遺した和歌を知ることです。女性との贈答歌の多い彼ですが、「五月闇倉橋山のほととぎすおぼつかなくも泣きわたるかな」というような風雅な歌も遺しています。(収遺集・夏・124)名取市は仙台市の隣町ですが、まさかこのような長閑な土地に平安時代の貴公子が葬られているとは夢にも思いませんでした。己の勉強不足を恥じております。それでもこの感動を皆さんに伝えられれば二回も取材に及んだ甲斐はあったと考えます。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)