fc2ブログ
去る11月24日、私は港町塩竃を訪ねたが、杉村惇美術館の帰り道に南町方面を歩いた。古い港町の町並みに興味があったからである。ここは海抜数十メートルの小高い丘だが、このような路地が毛細血管のように張り巡らされている。3階建ての眺望の良さそうな住宅を発見👀恐らく塩釜港が見渡せる立地なのだろう。まさに”望洋館”と言った家構えである。

1高台に建つ建物

一方ではこのような昭和時代からと思われるアパートも建っている。珍しい日産の4輪駆動車ラシーンである。4輪駆動車にしては車高が低く低重心だが、今は滅多に見かけなくなった。ナンバーがついてないので廃車のようだ。

2ラシーン

ルートをgoogle map 3D画像でご覧頂きたい。JR本塩釜の駅からはそう遠くない場所である。

3塩竃南町google map 3D画像

間もなく古い神社らしき建物を発見👀後で調べたら青木神社と言うらしい。ごく小さな神社だが、付近の住民の信仰を感じる趣である。船乗りであれば航海の安全と健康を祈ったのでないだろうか?

4青木神社

小さな丘にはこのような路地が複数走っていて迷路のようになっている。住宅は昭和の頃の木造家屋と思われるのが多い。絵心のあるかたならスケッチの対象にもなり得る気がする。

5狭い路地

このような祠も見られた。方向的には、ほぼ真っすぐ行った辺りが杉村惇美術館である。

6祠

駅の近くにはこのような立派なホテル(ホテルグランドパレス塩釜)もある。建設業に携わった私だが、付近の或る企業の落成式で呼ばれた記憶がある。景気のいい頃ということもあり、大変盛大な落成式であった。

7ホテルグランパレス塩釜

横町コメント
3981番目に記事です。港町塩釜は震災の津波に遭いましたが、標高が高い住宅地は昔の面影を留めています。物見遊山に縦横無尽に走る路地を歩くのは、私のゾーンなので遠征ウォーキングを兼ねて、いつしか再訪したいと考えています。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

PS:記事の内容に触れないコメント(趣旨からの著しい逸脱)は望んでおりませんので、何卒お控えください。

8六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)