fc2ブログ
広テレ!NEWS【こども園の送迎バス事故】「運転手が見つからない」


リンク動画解説
去る12月18日に東広島市で、認定幼稚園のマイクロバス送迎バス)が事故を起こした。マイクロバスが中央分離帯を越え、対向車線に入り対向車と接触した上で街路樹に激突して止まった。死者こそ出ていないが園児5人を含め12人が怪我を負った。私と同業だけに、けして他人事でない気がしてならない。

1逆走するバス

77歳の運転手は風邪気味で体調不良だったようで、病院で点滴を受けていた。事故直前に目を瞑っていた様子がドライブレコーダーに記録されていたという。

2風邪気味

幼稚園バスの中はこんな感じだが、運転手以外はシートベルトの着用が義務付けられていない。自分の担当した幼稚園も私以外はシートベルトを締めていなかったが、付き添いの先生を含めて万一事故が起きた場合は危ないと思っていた矢先であった。

3車内

他の幼稚園の園長のインタビューである。マイクロバスのドライバーは責任が重いのでなかなか見つからないという。バス業界全体が人手不足に加えて、幼稚園の送迎バスはフルタイム勤務でない(一部の例外を除く)ので、なかなか現役世代の就業が難しいのである。

4責任が重い

横町コメント
3999番目の記事です。このところ、地元の幼稚園バスのドライバーの求人欄を見ていますが、常に人手不足であるのが見て取れます。後期高齢者のドライバーを使わざるを得ない実情も垣間見えて参ります。車内への園児置き去り、死亡事故で物議を醸し出した幼稚園の送迎バスですが、安全面の在り方が再度問われそうです。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

PS:ユートピアは大人の社交場です。記事の内容に触れないコメント(趣旨からの著しい逸脱)は望んでおりませんので、何卒お控えください。仁と礼節を重視しています。

10六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)