fc2ブログ
そろそろ年の瀬も押し迫ってきたが、今日は今年一年を振り返ってみたい。昨年12月にセカンドライフで世話になった職場を退職しフリーとなった。最初のうちは良かったのだが、次第に虚無感(社会と関われなくなる)に襲われ、6月頃から求職活動した。視野に入れたのが送迎という仕事である。せっかく取得した大型免許を活かしながら、好きな運転ができれば…と考えたのである。

6月末に面接を受けたが、この時の人事担当責任者(マネージャー)の対応が素晴らしい。考えて見ればドライバーのほとんどが年配者なわけだが、敬語の使い方や間の置き方(相手の言うことに十分耳を傾けてから自分の意見を言う)に人徳を重ねる。私は面接時に、初対面ながら「このかたなら人を大事にしてくれるだろう」という予感が働き、入社への期待が膨らんだ。

その後、7月初めに実務テスト(マイクロバスを公道で運転する)を受け、概ね採用が決まった。最初の配属先(8月)は幼稚園であったが、途中から某企業の送迎に変わった。幼稚園の送迎と企業の送迎はまったく異質なもの(幼稚園が週5日勤務に対して、企業のほうは2日勤務して4日休むシフト)なので単純に比較はできないが、今はすぐに幼稚園の仕事に横恋慕することなく、今の職場で安全運転に徹して地道に実績を重ねたいと考えている。

1二種類の車

横町コメント
4005番目の記事です。完璧な職場などどこにもないですが、この人が采配を振るう限りでは、大きな不満は出ないという気がします。仕事をする上では賃金や待遇など、様々な側面がありますが、そんなことは二の次であり、何と言っても気持ちよく働けることが一番です。その根底にあるのが「企業は人なり」(徳をもって組織を統治することで組織は安定する)です。ドライバー同士の人間関係もないわけではないですが、何と言っても大きいのはまとめ役(マネージャー)です。然らば、今はこのかたを信じて頑張りたいという心境です。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

ユートピアは大人の社交場です。記事の内容に触れないコメント(趣旨からの著しい逸脱)は望んでおりませんので、何卒お控えください。仁と礼節を重視しています。

10六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)