fc2ブログ
 Whitesnake Here I Go Again 
リンク曲から連想したミックポエム「俺は死ぬまで戦い続ける!」
ああ、あの時の俺はどん底に喘いでいた。家族を養いサラリーマンとして生き残るためにはどうしても魂を売らねばならないこともあった。弱気な自分自身に嫌気が差しかけた時もあったのは事実だ。だが、いつまでもそのままだと思ったら大違いだ。俺は権勢をちらつかせる奴らに正面から戦いを挑んできた。俺は家族の為にファイター(ボクシング用語、相手との打ち合いを疎まず、常に前に出て攻めに徹するスタイル)であることを誓った。そうして数年が過ぎた。俺はファイターに徹することで孤高と言う名の切符を手に入れ、遂に定年退職を迎えた。その時誓ったことがあった。それは現役時代の一時期に経験した「魂を得ることに終止符を打つ」ことだ。

このスタンスはセカンドライフにおいても全く同じだ。もし、ここに仁義も持たずに権勢を盾に、己に迫ってくる奴が現れたなれたら、俺はこう言うことだろう。「俺は固定概念を捨ててサシで膝を交えてお前と話しがしたい。面子が潰れるか否かなどどうでもいい。正しいことは誰が言おうが正しい。誰が言ったかどうかで物事の正誤を決める貴様のスタンスは土俵に上がる資格さえない。お前が強行手段に出ようとするなら俺は逃げも隠れもしない。相打ちは本望ゆえ、いつでも掛かって来い」と。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
本日の仙台地方は終日曇り模様であった。私は息子を伴いホームグランドの青葉山ゴルフ場に向かった。4番ホールでアプローチショットする息子。

6番ホールでティーショットするミック。

ラウンドを終えてから向かったのは青葉区八幡町の鮮龍飯店である。息子が頼んだのはエビチリ+ラーメンセットである。

私が頼んだのは中華飯+ラーメンセットである。

スコアを公表する。ゴルフにたらればはないが、2番ホールと8番ホールの大たたきが痛かった。本日も息子の勝利である。

ミック挨拶
2005年の年末に精神の崩壊の危機に晒された私ですが、2年半の闘病を経て復活しました。その後に形成された性格は2005年以前の私と別人と言っていいものに生まれ変わりました。(詳しくはブログの中編小説「我が後半生と武士道」をご覧ください)「人間の性格など、そう簡単に変わるはずはない…」今でもそれを認めたがらない御仁がおります。但し、これは紛れもない事実。これは手足の骨折とも似ています。即ち、一度骨折した箇所は修復されると元通りでなく、以前よりも太くなる。これと同様に一度精神が崩壊しかけた人物が立ち直ると、以前よりも気丈な性格が形成される。ゆえに、これはけして奇異なことでなく、理にかなったことと受け止めております。私は12年前の挫折で培った第三の性格を己の武器と心得、これからのセカンドライフを強かに過ごして参りたい所存です。時に余暇にはゴルフや自然散策に勤しむ。これも貴重な経験から得たノウハウです。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)