FC2ブログ
木曜日は仕事が休みである。私はこれを利用して仙台市南部に隣接する名取市に向かった。県道(仙台-岩沼線)沿いに道祖神社の立札が立っている。道祖神社は佐倍乃(さのえ)神社とも呼ばれる由緒ある神社である。



この脇道を入って行くと間もなく佐倍乃神社である。



Google航空写真で佐倍乃神社の位置を確認して頂きたい。赤●の部分が佐倍乃神社である。すぐ北に「藤原実方の墓」とあるが、藤原実方(実方中将)は佐倍乃神社と関わりのある人物である。



神社の参道から南に向かってこのような旧道らしき道が伸びているが東街道(国府多賀城に至る古代の官道「東山道」とほぼ一致するといわれ、中世には「 奥大道」と呼ばれていた。)の一部と思われる。右側は竹林、左側は杉木立が混ざっており、神社が近いこともあってあたかも背筋を正されるような神々しさを感ずる。恐らく、いにしえの通行人もこれと近い情景を見たのではないだろうか?正に太古へのロマンを感じたひと時であった。



佐倍乃神社の鳥居は神社の風格に負けない立派なものであった。



これが社である。境内は植木も刈り込まれ、手入れが行き届いている。

※以下一般財団法人名取市観光物産境界HPより引用 
佐倍乃(さえの)神社
景行天皇時代に、日本武尊(やまとたけるのみこと)の勧請によって猿田彦神(さるたひこかみ)、天鈿女命(あめのいずめのみこと)を祭神として祀られている。江戸時代には「道祖神社」と呼ばれていたが、明治7年に古称の「佐倍乃(さえの)神社」に改称し、明治41年塩手にあった式内社佐具叡(さぐえ)神社が合祀された。源氏物語の主人公・光源氏のモデルになったとされる中将藤原朝臣実方が、この地方に赴任中、この神社の前を馬から降りずに通過してしまった。それが神前で無礼を働いたとして落馬し、それが元で亡くなったとされる。



社は二つの建物を通路で繋いだ間取りとなっている。こうした神社は格式の高い神社に見られる様式である。



著者挨拶
佐倍乃神社は由緒のある神社のようです。実方中将とは清少納言とも恋愛関係を噂されたかたで、中古三十六歌仙(藤原範兼が撰した「後六々撰」に名をあげられた三十六人の歌人)の一人とされ、和歌に優れた才能を発揮した人物で、言わば当時のエリートでした。ゆえあって彼はこの地に995年に左遷(待遇からみて、左遷でないという異説あり)されたわけですが、左遷から3年経た998年、この神社の前を馬で通りかかった際に、付近の人が神前につき馬を下りるように勧めたものの、彼はこれを無視して通り掛かり、神の怒りをかって落馬して命を落としたとされます。次回の記事ではここから約1キロほど離れた彼の墓も紹介したいと思います。

話は変わりますが、セカンドライフ2回目の就職が決まり、ようやく身辺が落ち着いて参りました。これと同時に文芸に対しての意欲も復活して参りました。本日は久しぶりに史跡や旧道を訪ねましたが、これからは以前のように文学や歴史関係の記事も増えてくるものと自覚しております。また、史跡を探訪したい欲求と比例して執筆に対する熱意も戻って参りました。読者様、ブロ友様におかれましては、改めまして、今後とも宜しくお引き回しの程お願い申し上げます。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


関連記事

コメント

No title

ミック様へ
この神社の前を馬を下りずに通り落馬してそれが元で亡くなられた話ですが。当時は神社というのは当たり前ですが。神を祭っている訳ですから。当然の事でもあるかと思います。因みに私の町の神社ですが。子供の頃、良い遊び場であったのですが。神主曰く。『ここは神様のお住まいになられている所で遊び場では無い』と再三お叱りを受けた記憶があります。今考えるとこの私等の悪行を叱った神主は立派であったと考えます。これにより人が一番では無く。神があって人があると教えてくれたのかなと考えます。私は無神論者ですから。当時は反抗しておりましたが。本日の記事を拝見するとなるほどとなります。勉強になりました。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
私も無神論者ですが、先ず藤原実方(実方中将)の墓に行く前に、彼が落馬したとされるこの神社を訪ね脱帽し、深く頭を垂れて「今から取材させて頂きますので宜しくお願い致します。」と心の中で述べ、挨拶しました。これが本当の順序と思ったからです。

無神論者なら、神を天に置き換えることで私は辻褄(老子思想の天の考えかた)が合うと思っています。即ち、天(大宇宙とも)があるから地球があり、自分が活かされている。そしてそれには万物に感謝しなければならない。これは私のいつも思っていることです。

貴兄のおはからいにより、本日も格別なる追い風を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今晩は

佐倍乃神社 厳かですね 古の趣が

背筋を延ばしてに繋がりそうです
ナイス☆

URL | 62まき ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

私も、以前は、神社とかお寺への参拝にいい加減なところがありましたが、正式な作法を知るにつけ、また、地元の方の丁寧なお参り姿を見るにつけ、丁寧にお参りしないといけないなと思うようになりましたわ…。。。
本日も、心に響く記事をありがとうございました…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 62まきさん
佐倍乃神社は地元に住んでいながら初めて訪れたスポットです。本日は天気もまあまあでいにしへ人の感じた気分に浸って参りました。

ま様のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
私は作法はわかりませんが、気持ちが入ってなければダメだと思い、先ずは挨拶に及びました。この神社に挨拶を済ませた跡で実方中将の墓に向かいました。
無神論者でも敬意を示す。「歴史を学ばせて頂きたいので、何卒宜しくお願いします。」と心の中で語るのは意義のあることと捉えています。

貴兄のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
とても素晴らしい神社ですね。旧道へ進む先が
ロマンに満ちている感じがします。
神社でのお話は初めて知りました。
職場の方も落ち着かれ、執筆意欲が増して来たことは
気持ちもゆとりが出てこられたのですね。
続きも楽しみにしています。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

山道は古くからの往来のようでその時代を連想
させてくれる趣がありますね。
神社も格式が高く時代も古そうで立派ですね。
休日の神社仏閣めぐりから執筆の意欲も出て
素晴らしいことですね。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは!

最近神社仏閣を良く探されていらっしゃっていますね。
杉並木道を神々しく通り綺麗に整えられた由緒ある佐倍乃神社は風格が偲ばれます。

お仕事にすっかり慣れ落ち着かれたご様子で今回も
史跡巡りに親しまれて執筆の構想に生かされるとの事でこれからにとても期待しています。

URL | suisyou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様こんばんは👊
週休3日では趣味の時間も持てて
有意義に過ごす事で来ますね 🎶
今日は由緒有る神社を
散策されてこれからの執筆活動にも繋がるのですね
頑張って下さい💪

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
大型免許を取得して、ここ数箇月ほど就職への対応で心に余裕がなく、なかなか文芸に打ち込めない状態でおりました。
今回の再就職で週休三日の環境が手に入り、チャンス到来と認識しております。

今は自分の中の執筆意欲の再燃により、新たな作品に向かうモチベーションが構築されつつあります。その意気込みを損なわないように努め、新たな創作に取り組んで参りたい所存です。

joeyrock様のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
東街道を彷彿させる山道はかつて街道が枝葉状に広がっていたという推察に基づいた見解(図書館で確認)です。雑草が刈り込まれ、手入れが行き届いているのは旧道として認められている関係?と察しております。

この神社の前で落馬したとされる実方中将のことを書きたかったのですが、その前にこの神社に行って己の心境を伝えたい。そんな気持ちで取材に臨みました。竹林では神々しいものを感じました。

貴兄のおはからいにより、本日も格別なる追い風を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> suisyouさん
ありがとうございます。身の周りがバタバタしているとなかなか執筆モードには至りませんが、再就職でいい環境が整い、何か書いてやろうという気になって参りました。

文献の熟読→現地探訪→執筆がサークルで機能するのが自分の理想にございます。それだけに私の作品を読んで頂けるかたには大変感謝しています。改めまして、今後とも宜しくお引き回しの程お願い申し上げます。

suisyou様のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
ありがとうございます。この神社のすぐ近くに実方中将の墓が在り、当初はそちらのことを書こうと思いましたが、実方中将がこの神社の傍で落馬して落命したとのことで、この神社の視察は執筆には欠かせないと思いました。

私自身の見解ですが、この逸話は神の存在を民に教える作為があったと察しております。とにかくこの話にロマンを感じた。それが昨日の私が得た何よりの収穫にございました。

ともたん様のおはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
神社の探訪、お疲れ様です。
かなり由緒ある神社のようですね。
そのような神社を訪ね、古の人々が見たであろう 景色を望むと 創作意欲が湧くのではないでしょうか・・・。
週休3日を生かして いろいろと散策するのは素晴らしいことだと思います。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
再就職が決まり、職種的にはけして本意ではございませんが、これによって週休三日という人生初の生活環境が手に入りました。これからは、これを武器にして更に文芸にのめりこみたいと思っています。

昨日は久しぶりに心が軽くなった気持ちになりました。今までの経験から察して、こういう心境にならないと創作は生まれないと感じています。

貴兄のおはからいにより、本日も格別なる追い風を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

お早うございます、

立派な大鳥居からしても格式高い神社とお見受け致します、
日本人は神社に対して敬意を払う姿勢と態度は子供の時から
教えられて来ました、
武運長久を祈って若者が出征したのも神社でした、
今回の選挙でも神社での出陣式に望まれた候補者も多かった
様に思います、

セカンドライフも落ち着きをみせられて文芸の道に向けての
意欲が増された事に拍手を御送り致します。

URL | 雲MARU ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 雲MARUさん
神罰が下ったとされる実方中将ですが、この時代神は信仰の対象であり、絶対的なものだったと捉えています。作為を感じなくもない話ですが、厳粛に受け止めています。

創作のほう、ようやく執筆欲が高まって参りました。堰き止められた水が一瀉千里の如く流れ出る日も遠くないと認識しております。

本日も雲MARU様のおはからいにより、お励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)