fc2ブログ
健康を維持するために、オールシーズンでウォーキングをステディに続けたいところだが、冬場はどうしても路面の雪や凍結が気になる。今日は、仙台市内で雪を気にすることなく歩ける場所を紹介したい。まずは、青葉通の地下鉄自由通路である。地下鉄と名はついているが、仙台駅ともつながっていて、新幹線や在来線にもアクセス可能である。

1新地下鉄自由通路

白い部分が地下自由通路である。東口までを入れれば総全長は1キロ以上と思われる。

2西口地下歩道

こちらはパピナ名掛丁中央通)の全天候型アーケードである。記事の趣旨からは外れるが、名掛丁の命名の由来は仙台藩祖・伊達政宗が徒歩贔屓にした徒歩侍の組士(御名懸組)が住んだ町であることからつけられた。

3新パピナ

仙台の目抜き通りで全天候型アーケードが設置された区間は下図の黄色い線の部分である。司馬遼太郎は『街道をゆく 仙台・石巻』を執筆するため、1985年に仙台を訪れ、この場所を歩いている。あれから40年近くが経ち、街並みも大きく変わった。

4全天候アーケード

横町コメント
東京や大阪などと異なり、仙台には地下街がありませんが、中心部に出て行けば悪天候時のウォーキングに困ることはありません。これを活かして冬場でもウォーキングを欠かさないよう考えています。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

ユートピアは大人の社交場です。記事の内容に触れないコメント(趣旨からの著しい逸脱)は望んでおりませんので、何卒お控えください。仁と礼節を重視しています。

10七百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)