fc2ブログ
本日の2月1日は昨日の1月31日と並んで、気象統計上の寒さの谷に位置する日(一年中で一番寒い日)である。にもかかわらず、昨日は4月上旬並みに、今日も3月中旬並みの陽気となった。一体どうなっているのか?暖冬ということなのだろうが、仕事柄、冬場の道路事情を危惧していた自分には拍子抜けという印象を受ける。(まだまだ降雪や路面凍結への予断は許さないが…)

専門家によれば、正のインド洋ダイポールモード現象やら、エルニーニョ現象やらが関わっているとのことだが、気象学に関しては素人の私にとってチンプンカンプンであり、一向にピンと来ないものを感じている。要は地球温暖化で、地球全体が暖められたことが大きな要因と捉えている。

これまでの仙台の冬事情を振り返れば、去る1月23日に今季一番の寒波が襲い、仙台でも結構な積雪(10センチ)があった。例年だとこの時期に降った雪はなかなか解けず、下手をすれば解ける前に更にその上に雪が積もることも多いが、今年は市街地を見る限りではほとんど解けてしまった。

仕事には追い風だが、どんな形でしっぺ返し(例えば今年の夏も酷暑が待っている?)が来るのか?若干不安でもある。また年によっては、2月~3月にかけて、東北の太平洋側はドカ雪が降ることもあるので、これには戦々恐々としている;

1冬景色

厳寒期の仙台の週間天気をご覧頂きたい。気象統計によれば、仙台の厳寒期の平均最高気温は5℃、同じく平均最低気温はー3℃なのに対して、全体的に2~3℃は高めに推移しているのがおわかりと思う。2月5日と6日に雪マークがついているが、積もるまでには至らないようである。

2週間天気予報

横町コメント
実は自家用車に履かせているスタッドレスタイヤが11年落ちの古いやつで、おまけにD社(B社と比べれば、古くなるとゴムが硬くなるという評判)のもので、雪道(特に凍結路)で不安を感じていました。でもこのタイヤが、雪道で活躍したのは1月24日のみでした。印象としてはけして悪くなく、古い割りには結構利くという感じでした。

厳寒期の谷を迎えた今日は、今冬もあと半分の辛抱と言い聞かせています。今後、交通に支障を来すような雪が降るか否かはわかりませんが、今日からいよいよ、春に向けてのカウントダウンが始まりそうです。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

ユートピアは大人の社交場です。記事の内容に触れないコメント(趣旨からの著しい逸脱)は望んでおりませんので、何卒お控えください。仁と礼節を重視しています。

10六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)