fc2ブログ
だれあむぃ(晩酌)ぐぁ 坪山豊 奄美民謡 奄美シマ唄


作曲:坪山豊、作詞:中村民郎
サーサーいもーれ 上がりんしょれ よね(今夜)や わったり(吾二人) だりあむぃ(晩酌) しんしょろ てぃだ(太陽)ぬ う(落)てぃれば くるざた(黒糖) せぇい(焼酎)ぐゎ 昼や わし(忘)れて まぁ(旨)く 旨く ぬ(飲)もや ソーラ ホイホイ 旨く旨く飲もや

歌詞の意味
さあ、いらっしゃい、上がってらっしゃい。今夜は二人で晩酌しよう。
太陽が落ちれば黒糖焼酎があるさ。昼の苦労なんか忘れて美味しく飲もうよ。
そーら、ほいほい!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

リンク曲について
奄美の方言で歌われているので、歌詞は一部しかわからないが「飲もうや、そーれホイホイ!」などという歌詞から、ノリの良いものが伝わってくる。奄美大島でかつて島唄の第一人者と言われた故坪山豊氏(2020年7月に89歳で逝去)は、船大工を営むかたわら、ほとんど独学で奄美の島唄をマスターしたと言う。この動画は12年前に撮影された動画となるが、とても80歳には見えない。島唄は先人の島人から受け継いだものと、アドリブで作ったものがあるが、坪山豊氏はその両方に才能を発揮した唄者であった。島唄は奄美で生まれ、その後沖縄に伝わったとされる。

坪山氏は生前NHKに何度か出演したことがあり、全国的にも知られた唄者であったが、大変徳の深い人物で、新たに台頭してきた中孝介氏などのニューミュージック系の島唄を一切否定せず、独自の路線で奄美の島唄の文化を築いた人物であった。このような曲を真似しろと言っても島人以外は出来ないに違いない。自分も十数年前に仕事で奄美大島を訪れたことがあったが、奄美は人情に溢れた島である。

坪山氏の歌い方には人生の年輪がにじみ出ているが、彼が第一人者とされた背景には彼の謙虚で誠実な人柄が影響している気がしてならない。「どうせ一度しかない人生である。然らば愉しまずしてどうしよう?」…飄々とした表情を見せながら唄う坪山豊氏には、その極意を重ねる気がする。

鹿児島県や宮崎県など南九州の方言で、「だれやめ」とは焼酎を飲む晩酌の際に、 だれ(疲れ)をやめる(とめる)という意味で使われる言葉とされる。恐らく坪山氏は苦労人なのだろう。この曲を唄うには人生修行を重ねた人物こそが最も似合うのかも知れない。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

季節が徐々によくなってきた昨今だが、毎年この時期になると脳裏を過るものがある。不安障害、環境適応障害とも言えるが、若年時から現役時代に至るまでの私の早春は常に環境変化に伴う不安に苛まれていた。これは一人っ子で自由気ままに育ったことが影響しているものと自覚している。4月になれば進級に伴うクラス替えや人事異動が行われる。と言うことは周囲の顔ぶれが変わることになる。いい人に当たれば良いのだが、そうでない時はどうなるのか?これを考えると、不安で不安でしょうがなかったのである。

保守的で臆病な考えなのかも知れないが、環境の変化を好まないし、何よりも変化に対する適応力に乏しいと言える。遺伝子の関係でモンゴロイドはコーカソイドに比べて、ストレスに弱いと言われるが、自分の場合は育った環境が、これに輪を掛けたのかも知れない。5月病というのは結構知名度があるが、自分の場合は2月病、3月病とも言え、こちらのほうがはるかにウエイトが大きかった。逆にゴールデンウイーク近くになると5月病どころか「ああ、今年も会社を辞めなくて良かった」と思い、安堵感のほうが強かった気がする。

サラリーマンにとって人事異動で自分の上司が誰になるのかは関心事だが、自分の場合は心配性なので、最悪を考えネガティブに陥る傾向があった。今は当事者でないからこのようなことを書けるわけだが、往時はとてもそれどころではなかった。自分が東京に転勤した際は、人事に対する不安とともに、家族と別れることの辛さが加わり、精神的不調に陥る引き金となってしまったのは痛恨の極みである。そんな春先の憂鬱から解放されたのが定年を果たした時だった。つくずく自分はサラリーマンには向いてなかったと思う昨今である。

そんな自分の現役時代の今どきの心情を重ねるのに、相応しい漢詩を紹介したい。それは菅原道真の詠んだ「千悶消忘す 千日の酔い 百愁安慰す 百花の春」(意味:例え心に千の煩悶があっても千日酒に酔えばそれを忘却できる。同じように心に百の憂愁があっても、百花が咲き乱れる春になれば慰めとなる)である。酒を飲み、百花が咲き春が深まることで徐々に不安から解放される。現役時代の私は、毎年春を迎える度にこれを繰り返してきた気がする。学問の神様と言われた道真も酒をこよなく愛した人物であったわけだが、意外な一面を知り、妙に親近感を抱いている。

1春先は不安

横町コメント
下戸の方には大変申し訳ありませんが、酒を飲めば例え一時的にせよ心の憂いは去ります。短歌行で曹操が述べた「惟有杜康」(意味:憂いを晴らすにはただ酒を飲むのみ)は春先に悩む私にとって、唯一の憂さ晴らしと重なるものを感じます。但し、私が仕事の憂さを酒で晴らすのを若い時から行っていたわけではありません。鬱を克服し立ち直った50代半ばからでした。ほとんどの医者は飲酒のデメリットしか唱えませんが、量さえ弁えれば逆にメリットになると考えています。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

ユートピアは大人の社交場です。記事の内容に触れないコメント(趣旨からの著しい逸脱)は望んでおりませんので、何卒お控えください。仁と礼節を重視しています。

10六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)