fc2ブログ
本日は私の執筆時において頼りになるアイテムを紹介したい。ここ十数年愛用している万年筆である。けして高価な万年筆ではいが、シンプルなフォルムと鮮烈な真紅カラーが気に入っている。このペンは今まで歴史小説やエッセイを書く際に私のモチベーションを揚げる相棒として活躍してきた。

最近インクが古くなってきて、書き味に支障を来たすようになったため、新たにスペアインク(メーカー:プラチナ萬年筆㈱)を買い求めた。値段は10本入りで¥374である。家に帰って早速古いインクと交換した。これで以前のような素晴らしい書き味が戻った。インクの色はブラックでなく、ブルーブラックである。このへんも私のこだわりである。

ミック挨拶
創作に携わるものは常にモチベーションの低下と戦わねばなりません。こうした小物の工夫一つで執筆欲が向上に至る。これは願ってもないことです。執筆がスムーズに進むかどうかという点において、もう一つ気をつけねばならないは読書です。歴史ものを例に取れば、著物によってもたらされた様々な知識と、自分の見地を如何にうまく組み合わせるかということです。

それでもモチベーションが続かないことがあります。そういう時は現地取材に足を運び、現地で自分が感じたことをよく考えてみます。また書斎を思い切って変えてみることも効果的です。ペンが進むのならば、書斎は何も自宅にこだわらなくてもいいというのが私の考えです。

※画像は4年前に歴史小説「金色の九曜紋とともに」を執筆した宮城野区のカフェ(通勤電車の中で構想を練ってメモを取り、ここで毎朝50分ほどの執筆を行った)

このような工夫をすることで再びペンが進むようになる。私はそのようなことを何度も繰り返しながら執筆活動を続けて参りました。現在印刷会社から依頼を受けている次回の歴史エッセイの締め切りは10月末ですが、最後になって締め切りに追われ、慌てふためくことのないように、今から計画を立てて取り組んで行きたいと思います。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)