FC2ブログ
神様にあいたい(志賀直哉76歳時NHKインタビュー)
本日は久しぶりに志賀直哉の登場である。初めのほうの動画は昭和34年に収録されたもので、直哉が76歳の時のものである。この笑顔を見て頂きたい。親友の武者小路実篤とともに仏文学者の河盛好蔵のインタビューを受ける直哉は温厚そのもので、若い頃のギスギスした印象はすっかり影を潜め、それどころか好好爺と言っても良い印象さえ受ける。自分が76歳になった時のことは思いも着かないが、直哉の笑顔に接していると、漠然と目指さねばならないものが見えてくる気がする。

私はとても彼のようなビックな人物にはなれないが、せめて人前でこのような味のある話が出来るくらいにはなりたいと思っている。ところで、彼の唯一の長編小説である「暗夜行路」に出て来る言葉で極めて印象深い言葉がある。それは「大地を一歩一歩踏みつけて、手を振って、いい気分で、進まねばならぬ。急がずに、休まずに」というものである。どうせ人生を歩むなら余裕を持って歩みたいし、どうせ歩くなら手を触れるように快活に歩きたいものである。漠然とした観念であるが、私は自分の老後にそのような希望を託している。

動画の後半に出てくるが、彼は一番弟子の尾崎一雄氏の「小説を書こうというお考えの中には、芸術に対する愛情、愛着…自分というものを小説で主張してみようというふうな意識した考えがあったのでしょうか?」質問に対して、義太夫を例に取り「人に感動を与えたり、いろんなことをする。それは僕は羨ましいことだと思った。仕事で人にあれしたい(感動を与えたい)欲望だね」と答えている。

これは今の私もまったく同じである。最近就職活動で文芸のほうの記事の更新が疎かになってきているが、落ち着いたら復活させ、また新たな作品の創作に取り掛かりたいと思っている。ターゲットの一つである歴史ものに関してはルーツ調べも順調に進み、相応の手応えを感じている。その中では誰を主人公に据えるかが問題になりそうである。自分の曽祖父Gを主人公にするか、それとも戊辰戦争で活躍した仙台藩士・細谷十太夫(鴉組隊長)をそうするかいろいろと思案を巡らしている。

それと肩の凝らない短編随筆なども悪くないと思っている。私は幼少時の人格形成において、祖父母から多大な影響を受けたが、既に祖父は私の創作の多くに登場している。ならばその集大成をまとめたいという構想もある。そういうシチュエーションにブログはピッタリはまると考えているのである。こうした大きな希望がある以上、私は改めて、ブログを運営する上で欠かせない動機に恵まれていると感じるのである。


ミック挨拶
虎は死んで皮を残すと言います。然らば、私は自分が死んで何が残せるのかと考えます。皮を残せるか否かはわかりませんが、せめて生きているうちは残せるように努力だけはしたいと考えています。それにしても志賀直哉は武者小路実篤という素晴らしい親友に恵まれました。二人はいろんな意味でいい影響を与え合って、各々の作家人生を充実したものにしていったのでしょう。やはり持つべきは友達であり、親友です。これはブログでもまったく同じことが言えます。

今の私のモチベーションを支えているのは得がたいブロ友様の存在です。これには大変感謝しています。Fさん、Jさん、Bさん、Tさん、Kさん、Yさん、Nさん、Sさん、Gさん、Hさん…。いつも厚誼を頂戴し感謝申し上げます。改めまして、今後とも宜しくお引き回しの程お願い申し上げます。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

本ブログ、志賀直哉の研究シリーズ
志賀直哉の生活信条とはhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31880028.html
志賀直哉の真の魅力【動画】http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31767062.html
志賀直哉生前インタビューhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31385305.html
志賀直哉生誕130周年を偲ぶ旅http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31505557.html
志賀直哉生涯23回の引越しの謎http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31434256.html
志賀直哉と交際のあった和辻哲郎http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32933244.html
志賀直哉が祖父直道から受けた影響http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32997340.html
志賀直哉祖父直道の相馬屋敷跡の探訪http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/33807326.html
志賀直哉「城の崎にて」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/28846600.html
志賀直哉「小僧の神様」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30176213.html
志賀直哉「清兵衛と瓢箪」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30989155.html
志賀直哉「濠端の住まい」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/31743321.html
阿川弘之から見た師匠志賀直哉http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/33818382.html
阿川弘之による師匠インタビューhttps://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/34126349.html
関連記事

コメント

No title

ミック様へ
志賀直哉という男は昔から美男子です。しかしどこか強さがあるというか。誰にも負けないというか。負けん気が残っていた。それが年を経ると共に顔が柔らかくなる。誰かとの戦いでは無く。おそらく自分との戦いに気付かれたのでは。これほど年と共に穏やかで優しい顔になった人を私は知りません。その心に目覚めたのでしょうね。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
本日もトップバッターを切って頂きありがとうございます。私もそう思います。従って永久に届かないものがある。彼にこだわる理由はここにございます。十数年後にこのような笑顔が自然に出るかまったくもって自信はございませんが、目指すべき境地は確と心得ています。

改めまして、貴兄とはいい関係を築きたいと存じます。今後とも宜しくお引き回しの程お願い申し上げます。本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

笑顔についての考察、私にもそうだなと思える経験があります…。。
私は決して男前に分類できる顔ではありませんが、20年近く前にボランティアの世界に足を踏み入れた時に、一つ心得として決めたことがあったのですよ…。。。
それまでは、家族に対してもそうだし、他人に対しても無愛想で表情に乏しかった私は、これからは半分公人みたいなものだから、対人的態度を、明るく印象の良いものにしなければならないと思ったのですよ…。。。
爾来、人生変わりましたね…。。。付き合いが増え、あろうことか少しは女性にも持てるようになってきました…。笑。。。
この間の、過程など私も小説にしたいと思っているのですよ…。。。
創作活動については、貴兄を見習いながらこらから考えていきたいと思っております…。。。
今日も、人生の指針となる記事をありがとうございました…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
人間の生き方や人生は年齢を重ねるにつれ、顔に出てくるものだと高齢な方に接して感じます。
志賀直哉も自分の納得された生き方をしてきたのでしょうね。
ミックさんも今後、再び執筆活動のほうでも色々と構想をねられていて、それを読まれている方にも
何か残る物を生み出されて行くのだと思います。
色々な方達と交流する中でもお互いに良い影響を与え合い人生の中に残っていくのですね。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは!

人は誰しも憧れの人や好ましい人など漠然と居るものですがミックさんの様にはっきりと目指す方と言う人物が
いらっしゃるというのは人生の目的に見え
素晴らしいと思っています。

少しは意識して暮らすべきではないかと難しいですが
考えさせられています。でも今だに思いつかずと言うよりその時々に感動したりで決められない気もしています
が自分にも何かを残す事が出来る様努めたく思います。

URL | suisyou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a39.gif">笑顔についてhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a39.gif">
笑顔は人間関係を円滑に至らしめる特効薬と認識しております。作り笑顔でなく、心の内面から笑顔が湧き出してくる。私はそんな人物を目指したいと思います。貴兄の生き方は大変参考になります。
https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a38.gif">私小説執筆とブログ運営についてhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a38.gif">
人生の円熟期を向かえ、少し自由な時間が手に入れば多くの人は自分の生きた証を私小説に残したいと思うのはごく自然なことと捉えています。これを無理なく実現に導くのがブログと受け止めております。
多くの作家は短編を何作も作り、これを繋ぎ合わせて中編や長編にしています。そうしたものを視野に入れるならば、短編を数多く書くことが肝要と心得ます。貴兄の執筆楽しみにしています。
https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a41.gif">御礼https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a41.gif">
貴兄のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a39.gif">志賀直哉についてhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a39.gif">
この動画を見ますと76歳にも関わらず、多くの人々から着目される直哉のオーラが出ています。友人の武者小路実篤は直哉より2歳年下ですが直哉のことを「志賀」と呼んでいます。これ親密な二人の間だから許される絆と受け止めております。二人は生涯に渡って親友でしたが、これだけ相乗をもたらす人物も珍しいと捉えています。二人の親密度は直哉の弟子である阿川弘之氏の「志賀直哉」によって詳しく書かれていて興味深いものがございます。
https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a38.gif">今後の執筆活動についてhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a38.gif">
今は就職活動で執筆が滞っていますが、落ち着いたら再開したいと思います。動画を見てモチベーションは確実にUPしたのを実感しています。本記事は己の意識の潜在が臨界に達し、書くに至りました。
https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a41.gif">御礼https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a41.gif">
おはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> suisyouさん
https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a39.gif">目標とする人物についてhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a39.gif">
作家に捉われずに読書に勤しむかたもございますが、私はこれと全く逆で作家ありきで読む本を決めています。作家の人格が伴わないと読む気にもなれないのです。動画にも登場しますが、直哉の作品に対して弟子の尾崎氏が「はしょりかたの要領」という言葉を使って志賀文学の特徴を述べていますが、これは簡単そうに見えて大変難しい部分(これがあるから読者の想像の余地がもたらされ味わい深いものになるわけですが、素人作家にはどの程度はしょればいいのか見当が尽かない)と認識しております。このあたりも私が彼を尊敬する理由の一つです。
https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a38.gif">遺すことについてhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a38.gif">
人が死ねば、徐々に存在を忘れ去られますが、作品に自分の生き様や主張を遺すことで、少しでも忘却の度合いを緩和できるものと認識しております。定年を向かえた私には、そろそろその時期が差し迫ってきたと受け止めております。
https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a41.gif">御礼https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a41.gif">
suisyou様には本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。

志賀直哉のことは、あまり詳しくわかりませんが、老いて温厚そうな顔になるのは、素晴らしいことだと思います。
私は、目指すべき人物をまだ見つけられないでいますが、友人は大切だと日々、思っています
時々、会っていろいろな話をするとストレスを発散できますし、楽しい一時を過ごせるように思います。
私は、老いても好きなことをしているように思いますが、少年のように何にでも興味を持ち、キラキラした目でいられたらと思います。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a39.gif">人脈についてhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a39.gif">
お陰様で、私はやまめ様を初め多くのブロ友様に恵まれました。それが記事を更新する大きな推進力となっています。これには大変感謝しています。
https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a38.gif">老境において目指すべき境地についてhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a38.gif">
やはり笑顔は人を引き寄せます。然らば、私めも直哉のように自然に笑顔が出てくるような境地を目指したいと思います。
https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a41.gif">御礼https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a41.gif">
やまめ様のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様おはようございますhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s87.gif">
今日も大変良い記事でミック様を見習いたいですね

笑顔は回りも明るくいたします
私もボランテイアを始めてから
他人にも優しく接しる事が出来るようになりました

ミック様の親子の関係はとても素晴らしいと
見習いたいですね
今日も有り難うございました。

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
笑顔があると周囲が明るくなりますね。年を重ねると丸くなると言いますが、自然とこの画像のような笑顔になれるよう己を磨いて行きたいと思います。ボランティア活動頑張ってください。

ともたん様には本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今日は、

人の生き方には其々が違った人生を歩んでいます、
人生の半ばを過ぎて如何に生きて来たかを振り返ります、
後悔のの無い人生を如何に生き抜くかは矢張り努力が必要でしょうね、天から幸せが落ちては来ませんでした、
志賀直哉の様な秀でた人は過去にも何人もいません、

ミック様には新たに作品への創作される気構えが表れて居ます、
どの様な展開になるのでしょう、今から楽しみにお待ち致して
います。

URL | 雲MARU ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 雲MARUさん
余暇時間はあるに越したことはございませんが、人間逆境のほうが却って執筆欲は増える。これは4年前に歴史小説を書き終えた際の心境です。要はモチベーションを如何に揚げるかという点にかかってくると認識しております。
昨日はこの動画を見て改めまして、意欲が湧き上がってきた気が致します。

雲MARU様のおはからいにより、本日も激励を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは(^^)

志賀直哉さん、恥ずかしながら存じませんでした。
人生を生きてるうちに何かを残したい♪余裕を持って生きたい、そうですよね。
ミックさんは色々な分野の記事を書いておられるので、確実に残せる物が出来てますね!

目標にする人物を見つけて、最初は真似をする事からでもいい。続けていくうちに 『自分の一部になる』と思って、良い事は実践しています(笑)
どちらにしても、人生楽しく過ごしたいですね~♪

URL | あ~ちゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> あ~ちゃんさん
実は志賀直哉の出身地は私と同じ石巻で生家とは300メートルくらいしか離れていません。また多くの部分で共感するところが多く尊敬する作家の一人です。

実はここ数年前から先祖調べをしていて、或る程度のことがわかってきたので、そろそろ筆を執りたいと思っていました。それと自分史も短編は以前からございましたので、繋ぎ合わせれば作品になると受け止めております。落ち着いたら取り組みたいと思っています。

あ~ちゃん様のおはからいにより、本日も慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

魅力的な老人になるのは素敵なことですね。
やはりいくつになっても人を感動させたいという
思いが人を輝かせるのかも知れませんね。
ナイスありがとうございます。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
人を感動させたいというのはなかなか言いにくい言葉ですが、実際に成し遂げた直哉が言うと重い響きに聞こえます。
人を感動させるのは上辺の表現だけでなく、人格も伴わないと覚束ない。私はそのような人物を目指したい所存です。

貴兄のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 横町利郎さん

高校生の頃、尾道の旧居あとを
訪問したことがあります。

たしか、尾道水道と向島が
見えたような気が...https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/018.png">

URL | まりっぺ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> まりっぺさん
ありがとうございます。自分は西国のことを詳しく存じませんが、志賀直哉は宮城県の石巻生まれで某の生家とは250メートルしか離れていないところに二歳まで住んでいました。

阿川弘之が師匠の志賀直哉を慕って石巻を訪ねたのは1985年でした。その時阿川は尾道と石巻のロケーションが酷似しているのに驚いたという逸話が残っております。

自分は尾道を知りませんが、阿川の言うように石巻と似ているのなら、死ぬ前に尾道を是非訪れたいと考えています。

話は変わりますがブロガーにとって古い記事にコメントを頂戴することはこの上もない光栄なことです。おはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)