fc2ブログ
本日、朝起きていつものようにパソコンを立ち上げようとしたら、パソコンが一瞬「ウ~~ン!」というすごい唸りを発し、その後真っ黒になった画像にFan Errorという文字が出て間もなく電源が落ちた。何度やっても同じなので、早朝のパソコンタイムを諦めざるを得なかった。
一部のブロ友様への訪問が滞ったのはそのためである。とても自分の手に負えるものでないと悟った私はパソコンの修理を扱っているショップを訪ねた。一通り状態を説明したところ、応対した店長と思しき人物から、冷却用のファンがいかれた可能性があり、パソコンの型式が古いので、最悪買い替えになる可能性があると言われた。対応方法として

ファンがいかれてない場合はファン周りのクリーニングだけで済む(価格は八千円くらい)

ファンがいかれていて部品があった際は、部品代と工賃合をわせて価格は一万五千円くらい

最悪部品がない場合はパソコンを買い換えるしかない(店内の中古品は五万円前後)
が考えられるという。私は覚悟を決めて壊れたパソコンをショップに預けることにした。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
夕方になってこちらから電話してみると、クリーニングをしたらパソコンが立ち上がったので取りあえず復旧は大丈夫ということであった。急いで店に行って、状況を聞くとファンの周りに相当のゴミが溜まっていてこれがファンの回転を妨げていたと言われた。写真を見せてもらったが長年の蓄積で溜まったすごいゴミの量には驚いた。大袈裟かも知れないが鳥の巣のような状態だった


これが請求書である。

ショップに支払った金額は税込み¥7560である。最悪部品が届くまで待たされる懸念もあったが、即日の復旧で胸を撫で下ろした次第である。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ミック挨拶
私のパソコンはウインドウズ7で動いています。ウインドウズ10は使ったことがありませんが、ブログをやる上ではまったく不自由していません。それどころかウインドウズ10は慣れるまで時間も掛かるしオフィスユーザーなどの評価もいまいちと聞いています。そういう評判を聞くと、当分は使い慣れたウインドウズ7で行きたいと思います。

修理をして頂いたかたから聞いた話ではパソコンの冷却ファンの部分へのゴミ吸入はパソコンの構造上どうしても止むを得ないということでした。しいて対策を挙げるならば、ゴミが出やすい環境にパソコンを置かないということです。例えば、家庭で使う場合、寝室は布団などの繊維が空気中に舞いやすくファンがゴミを吸い込みやすくなるようです。周囲にゴミを溜めずに掃除機でこまめに吸い込むのも効果はありそうです。基本的にパソコンは精密機械なのでゴミを嫌う。これを忘れてはいけないということでした。

ところでゴミの問題とは別に、私のパソコンはファンが廻る度に若干の異音が発生します。そろそろベアリングが磨耗してきているのかも知れませんが、既に4年ほど使っているので後3年くらい持てばいいと考えています。それにしてもこのようなドタバタ劇はもうたくさんです。
本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)