fc2ブログ
あまりいい話ではないが、私のブログに或る人物から誹謗中傷のコメントが書かれたのは昨年の2016年6月19日(日曜)の午後1時30分のことだった。初対面にも関わらず、先方から何も挨拶がなかったので「初めてコメントする際は、初めましてなど挨拶をして仁義をお切りください」と言ったところ、いきなり薄汚い讒言を並べて侮辱してきたのである。問題となったその記事は、コピーして今でも証拠として残しているが、外部からは閲覧できないように『公開しない』という設定している。

また、これとは別に記事とはまったく関係のない自分のことばかり書いてくる(売名行為に分類されるスパム行為に近い内容)二人のブロガーがおり、何人かのブロ友様のところにも同じような書き込みがあったが、今は鳴りを潜めたようである。

私はこういう行為を受けた際に必ず証拠をとっている。書き込まれたコメントをコピーして、証拠としていつでもYahooに提出できるようにしている。但し、この際気をつけなければならないのは冷静に処理することである。自分がヒートアップして相手に讒言を吐けば、Yahooや警察(脅迫や恫喝が伴った場合は刑事訴訟の対象となり得る)からは喧嘩両成敗として処理されてしまうからである。

※誹謗中傷やスパム行為を受けたら、これに屈することなく迎撃する。これは私のブログ運営理念である。但し、その際は慎重な対応を要する。


ところで、Yahooではユーザーの安全性を考えた改善を何度か遂行してきた。その内容として

ログインしてない者は投稿できなくした。(私の経験ではログインしていない者は匿名性の隠れ蓑に隠れ無責任なコメントが多い)

外部サイトの記事をヤフーブログ内にトラックバックできなくした。
etc
あの日以来、ここ一年二箇月に渡って、私のブログは安定した水平飛行を続けている。私はYahooのこうしたリスク減少への配慮が徐々に実ってきたものと察し、これを高く評価している。

人は物事に対して概して不満ばかり述べたがるが、長所は素直に褒め称えるべきである。Yahooブログには欠点も多いが、欠点ばかり述べるのは単なる揚げ足取りになる。私はYahooがこういう改善を施し、ブログの安定性や安全性に寄与したことを評価し率直に讃えたい。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ミック挨拶
私の知る限りでは、自分のブログにこういうこと(ブログにおけるモラルの在り方)を書くブロガーはほとんど居ないことでしょう。人様からは「ブログは趣味なんだから、そこまで考えなくてもいいのでは?」と言われるのかも知れません。仮にもしそう言われたら、私はこうお答えすることでしょう。「私にとってのブログとは単なる趣味の領域でなく、創作を生み出すための媒体でもあります。また己の語彙を増やし筆力を増強するための修練の場でもございます。更に全国の多くのブロ友様は私の財産ゆえ、そんなつまらぬことが原因でブログという知的財産を失いたくないのです」と。

同時にブログではアクセントも求められます。アクセントと申し上げたのは自分の記事を更新するのと人様の書いた記事にお邪魔した際の姿勢はまったく異なるからです。訪問した際に如何にゲストに徹して自分を殺して如何に聞き役に徹すれるか…これが出来なければ、ブロガーとしてまだまだ半人前と認識しております。「語るは易し、聞き役に徹するは難し」これは今の私の座右の銘でもございます。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)