fc2ブログ
セカンドライフの就職活動でこのところ難航している私だが、先週の木曜日に青葉区宮町にある仙台北保険事務所を訪ねた。それは、或るかたから「60歳を過ぎたら年金事務所に足を運んだほうがいい」という助言を受けたからである。

私は新卒から60歳になるまでの人生をサラリーマンとして送ってきた。従って老後の生計を考える時、厚生年金は大きな経済基盤の拠りどころとなる。今の私にとって、一体どれくらいの年金を、いつ頃からもらえるのか?は大きな関心事である。

予約をしないで行ったが待ち時間は10分ほどであった。(たまたまこの日はさほど混んでいなかったが、相談に行くならば予約をしたほうがいいようである)

ミック「以前、受け取れる年金の凡その額を通知で知っていましたが、定年して次の仕事に就く前に、年金について知っておくべきことをお教え頂くために本日は足を運びました」
年金事務所相談員「わかりました。ミックさんの年金支給額をプリントアウトしてみましょう」
(プリントアウトした紙を私に示しながら)
相談員「ミックさんの場合厚生年金は62歳からもらえます。これを早く受け取ることも可能ですが、その際は減額されます。遅く受け取る際はその逆で増額となります。また、老齢基礎年金は65歳から受け取れます。早期受給と遅延受給については厚生年金と同じ理屈となります。またミックさんが65歳を過ぎても配偶者様と生活維持関係がある場合はこれに付加される給付があります。但しこれは配偶者様が65歳になるまでの期間です。」
ミック「本日は基本的なことが良くわかりました。ありがとうございます。」
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ミック挨拶
年金の受給は昭和16年4月2日生まれ(女性は昭和21年4月2日以降生まれ)から世代ごとに遅くなってゆきます。昭和36年4月2日生まれ(女性は昭和41年4月2日以降生まれ)からは一律に65歳となります。従って私の世代は移行する間の過渡期の段階となります。

厚生年金と老齢基礎年金の受給開始時期と金額を知り、これに息子の就職や独り立ちや固定費、雑費などを見据えて、セカンドライフで年齢毎に目指さねばならない凡その収入額が掴めます。この日はそれを知っただけで大きな収穫でした。幾分たりとも気が楽になったかも知れません。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)