fc2ブログ
昨日、五十数年前に書いた私の絵日記が見つかった。私は、親父の仕事の関係で小学校一年の時は仙台市内の小学校に在籍していた。この絵日記は夏休みを利して、石巻の生家に帰省していた時のものと思われる。


「ぼくは、おじいさんと、バスに乗って海に行きました。それから海の冷たさをみました。天気はとても良い日でした。」とある。

字も絵も下手で恥ずかしい限りである。絵日記に描かれた茶色い服を着た人物は祖父と思われるが自信はない。(笑)文章から察すると祖父と海水浴に行ったのは渡波の長浜海水浴場(今は砂浜がほとんどなくなり、船が着岸できる港に生まれ変わった)と思われる。これは往時と最も近いと思われるころの古地図(今昔マップ1949年~1953年)である。北上川の右側に位置した浜が長浜(海水浴場)である。この長浜には盛岡中学時代の石川啄木も訪れている。

恥ずかしながら、祖父と海水浴に行ったのはほとんど覚えていない。この後、私は再び石巻に住むことになったが、小学校二年の時は体育の時間でこの長浜海水浴場に来た記憶がある。また二年~三年に掛けて夏休みにはこの海水浴場に来ていた記憶がある。

横町挨拶
絵日記では、この他に川開き(北上川河口で花火が上がり、大勢の見物客で賑わう石巻の夏祭り)のことを書いたものも見つかりました。私にとっては数少ない祖父の思い出を彷彿させるもので、大変貴重な絵日記と認識しております。今更、過去を振り返ってどうなるのかという考えもございますが、祖父は今も私の心の奥底で生きています。私は祖父から多大な影響を受けて育ちました。祖父に関する思い出はいつしか小品にでも纏めたいと思っています。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)