FC2ブログ
 Mozart Toy Symphony 
リンク曲について
明日からいよいよ失業給付が途絶える。ハローワーク経由で応募した二社には期待しているが、やや焦りを感じているのが、昨今の私の偽らざる心境である。そんな時にはやはりモーツアルトのクラシックでも聞いて心を落ち着かせたい。すっかり気候の良くなった初秋の夕べにはToy Symphony(玩具のシンフォニー)とオンザロックのウイスキーがあればあとは何も要らないのである。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
セカンドライフ就職活動の難しさ
定年してから既に8箇月が経った。7月末にはついに念願かなって土木会社に就職し大型ダンプカーのハンドルを握ったが、我がドリームは一箇月で消え去った。やはり現実は厳しい。だが、今振り返ってみればその一箇月は苦しくもあり輝かしい一箇月でもあった。私はネガティブなものとは決別し、気を取り直して二度目の就職活動に入った。

もう一度ダンプカーのハンドルを握るか、はたまた同じ大型貨物でも運送業のほうのドライバーを目指すか、それとも以前のキャリアとスキルを生かして建築のほうで身を立てるか?その結論は未だに決着に至っていない。ここで感じるのは、職種にもよるが定年を過ぎての再就職はやはり厳しいということである。

60歳を過ぎると肉体労働を伴う職種は特に厳しい。実は昨日も鋼材の出荷における鋼管パイプの積荷作業(天井式クレーンによる)の求人の応募をハローワークで行ったが、タッチの差で既に四十代のかたに決まったとのことであった。この仕事は場内で大型車を移動するために大型免許が必要で、鋼材販売商社の下請けで、週休二日制を採用しており、比較的安定した仕事だったので残念な結果であった。

運送業では昨今ドライバーの深刻な人手不足が指摘されているが、その市場でさえも60歳以上で経験がないと就職は厳しい。雇う側としては事故を起こされるのが一番怖い。だから慎重にならざるを得ないのだろう。まして大型車による重大事故や、高齢者による交通事故が社会問題になりつつある昨今、大きな流れに逆らうことは難しい。

そんな運送業と比べて比較的門戸を広げているのが建設業のダンプ業界である。その背景には大震災の復興に伴う公共事業の発注が絡んでいる。福島県沿岸部の南相馬周辺では放射能に汚染された土の大規模な移動が発注される見込みで、これによってダンプカーの需要は大幅に増すものと踏んでいる。但し、はっきり言ってこの業界はハイリスクである。現場によっては崩れやすい路肩のある狭い道や崖っぷちを走らねばならないこともある。雨で路盤が悪化して鉄板から車輪を外せば這い上がれなくなることもある。悪路を走るため車への負担は尋常ではないし、運転が下手なドライバーは即お払い箱となる。

※UD大型ダンプカー


そういうリスクを考えるならば大型にこだわらず4トンダンプという手もあるのかも知れない。しかしながら、4トン車になるとリスクも減るが収入も少なくなる。ここが難しいところである。4トンにしばらく乗ってから大型にステップアップという手もあるのかも知れない。4トンの難しいのは解体現場が多く、解体作業も手伝わねばならないということである。ただ単に漫然とダンプに乗っていればいいというわけにはいかないのである。

※ISUZU4トンダンプカー


残る選択肢として考えられるのは建築技術関係の仕事である。今更現場の第一線に立つというつもりはないが、建設関係の中小企業で若手の教育をしたい、自社の社員に安全意識を植え付けたいという企業があれば、私の出番在りと思っている。ハローワークの紹介で本日履歴書と職務経歴書を送ったA社にはそんな雇用が生まれるのを期待している。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
著者挨拶

ここで仮に、A社の書類選考を通過して面接まで漕ぎ付けたと致しましょう。もし面接時に「横町さんのセールスポイントは何ですか?」と問われたならこう答えることでしょう。「現役時代において、人の心を掌握することを常に心がけて参りました。スキルとキャリアはもちろんですが、私は御社が求めるなら、仁徳をもって社員に品質管理、安全管理のノウハウを教育したい」と。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。 

関連記事

コメント

No title

ミック様へ
私はミック様には管理する立場に立って欲しいと実は思っております。何故なら。『御社の若手社員に品質管理、安全管理のノウハウを教育したい』。このお言葉は今の時代というか。社会に欠けている所です。いや昔から欠けている所です。どうか上手く流れに乗って頂ける事を切に願っております。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
貴兄の進言ありがたく頂戴しました。但し決めるのは某に非ず、企業側ゆえ、どんな結果になるかは予想がつきません。もちろん共倒れも在りうる。それには不撓不屈の精神で立ち向かうしかないと認識しております。

貴兄のおはからいにより、本日も激励を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは

退職後の就職はなかなか難しいですね。
多くの皆さんが経験していることだと思われます。
難しいと分かっているので定年延長や食卓でもとの会社に残る人も多いのですね。意に沿わなくても自分で就職活動をする困難さが分かるからだと思います。

ミックさんは安易な選択をせずにご自分の夢に向って進まれています。
うまくマッチする会社が見つかることを祈っています。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
再就職の活動も色々と選択され悩まれる時期かと思いますが、ミックさんの経験などを生かされた新人指導や安全意識を高くする必要さを伝えられる
職場に採用されると良いですね。
多くの人生経験をされた方でなければわからない
事は沢山あると思います。
面接でその熱意が伝わることを祈っています。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

人手不足と言われている、土木、建築業界ですら、定年退職者にとってはきびしい状況なのですね…。。。
貴兄がお持ちのスキルと志は、なかなか書類では伝わりにくいところがあると思います…。。。何とか、面接にまで漕ぎつけることができれば、それが採用担当者には伝わるのではないかと思います、まずは上手く書類選考を通ることをお祈りいたしております…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

定年後の再就職は難しいものがあるのですね。
ただ選択支として充分に納得されて新たな職に
着かれればよいですね。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。定年後のセカンドライフ就職活動は難しいですね。特に肉体労働を伴う仕事は若い方には敵わないでしょうし、ライセンスを生かす仕事が優位なんでしょうね。ただ、それとて、競争社会なのでタイミングなど運任せにならざるを得ないかも知れません。焦らず、面接が叶うよう朗報を待つとしましょう。

URL | hide ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
いよいよ失業給付が切れました。今日からは待ったなしとなります。二社のうちではとにかく使って頂けるほうに入社したいと思います。実は建築関係の仕事も嘱託ですが、条件さえ合えばと思っています。民間企業が全て65歳定年に移行するまで、私のような立場のかたはまだまだ居られるものと察しております。

そんな方々に対して参考になればと思い、セカンドライフの就職活動をブログに綴っています。本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
60歳を過ぎての再就職は甘いものではございません。昨今はその分厚い壁に直面した感すらございます。
ここでもう一度気持ちを切り替え、下手な見栄を捨ててリスクを減らす方法もある。それが4トンダンプのドライバーです。

仮に今土俵に上がっている二社が全て落ちてもまだ選択肢はございます。そう自分に言い聞かせて焦る気持ちを抑えるようにしています。
joeyさんのおはからいにより、本日も激励を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
リスクのある仕事は給料も高いわけですが、逆な発想で見れば収入を抑えれば就ける仕事は必ずある。また職場の位置を仙台周辺に固着することで選択肢も狭まる。ハローワークに通い詰めてそれを痛感した私です。

これからはあまり労働条件にこだわらず、妥協も辞さずに自分に合った仕事を見つけたい所存です。貴兄のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
自分の夢を追って就いた仕事は思ったよりハイリスクだった。これは単に表面上の事故のリスクのみでなく業界全体(中小企業が多くコンプライアンスが等閑にされやすい)の体質でもございます。
こうした予備知識が得られたのは大きな収穫だったと思っています。これを次の就職に繋げられれば、前職への就業はけして無駄でなかったと自分に言い聞かせております。

貴兄のおはからいにより、本日も激励を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> hideさん
今は待ちの段階ですが、焦りがないと言ったら嘘になります。大型というこだわりを捨てることで別な仕事(4トン車の運転)も浮かんでくる。そう考えればまだまだチャンスはありそうです。後は体がどこまで続くか、己の体力、気力次第と考えています。

これからは気候が良くなりますのでこれも追い風としたいですね。貴兄のおはからいにより、本日も格別なる激励を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

お早うございます、

定年を迎えての再就職の難しさが現実として伝わって来ます、
以前のキャリアを活かしての道が一番近いと思いますが
如何でしょう?
大型船の定年を55歳で迎えた雲MARUは失業保険が切れるまでのんびり遊んでから小型クルーザーの船長で再就職でした、
そして10数年もクルーザーに乗ってから自らリタイヤでした、
ミック様に於かれましても元のキャリアが活かされるお仕事が
無難に思えるのは雲MARUだけでしょうか?

URL | 雲MARU ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

初めまして。
ハローワークで検索し、ミックさんに巡り合わせて頂きました。コメントとナイスをありがとうございました。
ミックさんの記事を拝読させて頂き、広い視野と信念をお持ちでおられ、就職に向けてすごく刺激になりました。今後も来させて下さい。素晴らしい職場と出会えるよう、私も頑張ります。ありがとうございました。

URL | みも ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 雲MARUさん
以前の職業について語って頂き感謝申し上げます。実は本日、インターネットを見たところ、建設業の様々な業種で安全管理(パトロールや安全協議会、安全大会への出席、発表なと)だけでの求人があるようで、これによって新たに就職の範囲が広がったと認識しております。

今日は連絡待ちで自宅に待機していますが、新たな進展に期待するとともに、落ちた際の次のターゲットが見えてきた気が致します。

本日は雲MARU様のご助言に感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> みもいくさん
昨日いっぱいで失業給付が切れ、やや焦りも感じております。書類選考に入った二社からの連絡を待ち自宅に待機していますが、次のターゲットもいろいろ見えてきたようで、少しは心強いものを感じています。

みもいく様におかれましては、いい就職先が見つかりますよう心からお祈りしています。本日は厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様こんにちは
失業給付も切れたようで
少しは焦る気持ちはありますね

ミック様の大型車でのこだわりも捨てて
4トン車に切り替えもとても良い事ですね

わが家のジィジも定年になってからは
40年の仕事(鉄工)と正反対である
セカンドライフは
趣味であった釣りで漁師を選びました

今はストレスも無く伸び伸びとしてます
収入は少なくなりましたが
70近くに成って~生きがいを見つけて
好きな仕事で生き生きしてますね

ミック様も好きな仕事が見つかる事を願っております。

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは(^^)

ミックさん、以前のスキルを活かせる仕事がいいように思います。
管理者の募集があるようでしたら、品質管理、安全管理者として 即戦力として活躍できますしね。

若い世代を育てる事が出来る人材を探している会社もあると思います。
4トンは もう少し考えた方がいいかと…
ミックさんの仰るように、体力を要する部分が多いと思うので心配です。

視野を拡げて探してみるのもいいですね~頑張って下さいね♪

URL | あ~ちゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
田舎暮らしに憧れていましたが、ご主人のセカンドライフは参考になります。
夢と現実の挟間で揺れ動いたここ数箇月ですが、やはり己を客観して現実側に立たないと難しい気が致します。

ともたん様には本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> あ~ちゃんさん
年季やスキルなど現実路線を見据えると、あ~ちゃん様の言われるほうがベターと思います。今は葛藤がないと言ったら嘘になりますが、書類選考の結果次第では心の切り替えも必要と考えています。

あ~ちゃん様には、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)