fc2ブログ
このところ、就職活動に忙しい私だが、本日はあまり後味のよくないことがあった。発端はindeed(インディード)というインターネットの求人情報で応募した運送会社の採用担当者(社長)の対応である。indeedを見ると採用の問い合わせにはAM9時からとなっている。私はその時間が来るのを待ってその会社に電話してみた。

ミック:インターネットのindeedコーナーで大型ドライバーの求人情報を見て電話したものですが…
事務員:はい
ミック:採用担当のかたをお願いします。
採用担当者(後でこの運送会社の社長とわかる):もしもし
ミック:お早うございます。インターネットの求人欄を見て応募した者です。昨年末まで建築関係の仕事をしていて、大型車の運転経験は一箇月ですが…
採用担当者:トラックの運転外にやってもらうのはいろいろある。とにかく履歴書を持参して来てみなさい。(この時点でこの人物の対応が横柄なことに気付く)
ミック:わかりました。日時をご指定ください。
採用担当者:いつでもいい。今日でもいいぞ。時間は2時あたりがいいな。
ミック:わかりました。私の名前はミックと言います。採用担当者様のお名前をお聞かせ頂きたいのですが…
採用担当者:社長だ。(名前を告げない)
ミック:お世話になります。それでは2時に伺います。宜しくお願い致します。
採用担当者:(蚊の泣くような声で一言だけ)はい。
ミック:電話を切った後で頭に血が上る(笑)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
これで一旦電話を切ったがどうも腑に落ちない。それはあまりにもこの人物の口の利き方が横柄だったからである。まして会社のトップである社長がこういう態度を取る会社には思いやられるものを感じた。

念のため、インターネットでこの会社の評判を確かめてみた。閲覧したサイトは「カイシャの評判」というコーナーである。マイナーな会社はヒットしないこともあるが、幸いにもこの会社の評判は一発でヒットした。口コミはこの会社を辞めた同一人物のものからである。

辞めた30代の社員は一番つらかったこととして挨拶をまともにできる奴が居ないと言っている。まさにこの社長が私にとった横柄な態度に偽りはないようである。

辞める人間というのはいろいろな愚痴を残してゆくことがある。恐らくこの人物は会社に対して相当不満があったのだろう。

この評価を見て私はこの会社の面接を受けるのを止めることにして、断りの電話を入れることにした。
ミック:さっき電話したミックです。本日の14時に採用面接を受ける予定になっていましたが、御社の社長の口の利き方があまりにも横柄だったので受けるのを止めます。社長にその旨を伝えてもらいたい。
事務員:(しばらく絶句してから)わかりました。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ミック見解
こうしてこの運送会社の面接はお流れとなりました。社長はもとより事務員と思しき人物からも挨拶らしい言葉は一言も発せられませんでした。恐らく私は万一この会社に入ってもろくなことにならなかったことでしょう。カイシャの評判の元社員のコメントを見るとこの経営者は社員を虫けらか奴隷のように扱っている。そう思われても不思議でない気が致します。

但し、これはほんの一部の会社のことで、多くの会社は電話をしてもまともな応対をします。今日の出来事を振り返ってみる限りにおいては、インターネットでの企業の評判は少しは参考になるとみていいのではないでしょうか?それにしても後味が悪い採用面接のお流れでしたが、これはお互い様なのかも知れません。横柄な口を利く経営者も恐らく初めてこんなことを言われたことでしょう。私は奮起一番、これを貴重な経験として来るべき成功に繋げたい所存です。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)