FC2ブログ
 木枯らし紋次郎 中山道は血に染まった 
リンク動画について
昨年末に定年退職を果たした私だが、現役時代を振り返ると満身創痍のゴールだった。その理由はいつ首を撥ねられるかわからない毎日だったからだ。これはけして大袈裟な表現でない。殺るか殺られるか…そんな意識が私の脳裏を離れた日は一日もなかった。そんな息詰まる日々に帰宅してから単身赴任の亘理(宮城県南部のローカルな町)のアパートで、一時の解放感に浸って聞いたのが木枯し紋次郎のこの主題歌だった。

私は木枯し紋次郎に成りきることで、最大の敵である油断を遠ざけるように努めたのである。その気持ちは今でも心の奥底に生きている。この気持ちは恐らく私が完全に隠居の身となるまで続くことだろう。はっきり申し上げよう。私は心の中に今でも長脇差を持っている。実は先日職場の若い社員に一言だけ発した言葉があった。「君に悪気のないのはわかるが、俺はタメ口は苦手なんだ。従ってタメ口だけは止めてもらえるか?」と。

今の職場は以前の職場とは異なり、老いも若きも和気藹々とジョークを言い合い、なかなか良好な人間関係を構築している。しかしその中でもどうしても譲れないのが若年者からのタメ口である。私の言葉に対してその若手社員は「わかりました」と返した。恐らくこんなことを言われたのは私が初めてなのだろう。それから彼とはあまり口を利かないようになった。大人気ないと思われるかも知れないが甘く見られてはいけないと思ったからである。

ところで、笹沢左保の作品である「木枯し紋次郎」の一節によると、江戸時代ヤクザ者の本場といえば何と言っても上州であったという。当時一流の渡世人に必須とされていた事項は四つである。①と②度胸と③反骨精神そして礼儀作法である

上州(今の群馬県)の渡世人はとりわけ上下関係に厳しく、上州で長年修行を積んだ渡世人は「上州長脇差」と呼ばれ、他の渡世人のみならず堅気の人間からも畏敬の念を抱かれていたという。私はそんな紋次郎と己の生き方に共通性を感じ、ポエムを作ってみた。

ポエム「私が仁義の長脇差を抜く時」

一番:今まで数々の修羅場をくぐり抜けてきた。もうダメかと思ったときも何度かあった。しかし俺には度胸がある。それゆえどんな場面に出くわそうがおじけづくことはない。長脇差は飾りではない。いつでも抜く用意が出来ている。俺は伊達に場数を踏んでいるだけでない。



二番:今まで俺を力でねじふせようとした刺客が何人か居た。しかし俺には信ずる己の腕がある。どんなに相手が勇んできてもけしてひるまない。相手が手ごわい奴なら身を切らせてもいい。俺は隙の出来た輩の急所に長脇差の一撃を見舞い、輩の骨を砕くのだ。



三番:今まで権力で俺を潰そうとした輩が何人か居た。しかし俺には上州長脇差仕込みの反骨精神がある。威勢を振り回す輩どもは俺の敵でない。さあ、出てくるがいい。俺は誘いの隙を作り、大義のないお前らが出てくるのを待ち、それを粉砕するのだ。



四番:今まで礼節を知らぬ輩が俺に喧嘩を売ってきた。しかし俺には人生経験によって培われた仁義がある。礼節と仁義のない輩に俺は恐るるに足りない。さあ向かって来るがいい。俺はそんな輩に対し、躊躇なく仁義の長脇差を抜くのだ。

筆者挨拶
堅物と思われるかも知れませんが、私は礼節と仁義を尊びます。それなくして良好な人間関係は在り得ない。これは論語における孔子の教えとまったく同じです。ブログにおいても同じです。礼節と仁義のない人間とは別れることも厭わず。私はこれを己の信条として、これからもブログを続けて参りたい所存です。もっと具体的に申し上げましょう。初コメントにも関わらず「初めまして」と言えない人物、フランクという名目の基でタメ口を利くブロガー…、これは私には論外ということです。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。



関連記事

コメント

No title

ミック様へ
ヤクザ屋さんの世界は任侠の世界となり。上下関係が凄く厳しい。舐められる。そして面子を潰されると命を懸けて来ます。それと安易に恩を売ろうとすると。これも激怒します。私はこの世界の人とはどういう訳か付き合いが多かったのです。実は私は苦手です。ですから今挙げた事を頭に叩き込んでお付合いしておりました。そして出来ない事は出来ない。即答しないと突っ込まれる方たちで言い訳は決して聞いてくれません。でも今挙げた事は武士道にも繋がります。どうかその流れで今まで通り生き残って頂ければと私は願っております。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
大人気ないと言われるかも知れませんが、一度舐められだすとキリがなくなります。従って、私は最初の時点で長脇差を抜きました。彼にはそれが伝わったようです。

出来れば持ちたくない長脇差ですが、もう少し持ち歩かねばならないと踏まえております。

貴兄のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

お互い協力し合いながら、仕事を進める職場なので、老いも若きも和気藹々とジョークを言い合い、なかなか良好な人間関係が構築されているのですね…。。。しかし、若者から年長者への礼節は必要と考える、貴兄から若者への一言、彼にとってはいい勉強になったでしょうし、貴兄も職場の中で一目置かれるようになったのではないでしようか…。。。本日も、ありがとうございました…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。私も好きでした、木枯らし紋次郎、そして上条恒彦の主題歌。久しぶりに聞かせていただきました。
ミックさんの一言は、若者にとって、とても貴重な機会になったと思います。

URL | hide ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック樣こんばんは😃🌃
今の若い人は挨拶をしなくなりましたね
これからもドンドン駄目なものはダメと教えてあげるのは
素晴らしいことです

ミック樣のようなハッキリと言って頂けると
嬉しいですね😊
これからも宜しくお願い致します👊

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
今の職場の休憩での話題は他の職場でも見られるごく一般的な世間話(グルメや温泉、ギャンブル…)ですが、堅物の私にはやや敷居が高いのです。自ずと浮いて参りますが、浮くのとなめられるのは全くの別問題と認識しております。

さりげなく、俺をいじるなよという信号を発しなければなりません。なめられたくなければ紋治郎のような無表情と無口が一番と心得ます。但し、こういうキャラクターは疲れます。仕事で全てが評価されかねないからです。そのためにもホウレンソウ(報告、連絡、相談)は重要と捉えています。

ここで注意せねばならないのは、聞く内容と相手によっては甘く見られるということです。従って吟味に吟味を重ねています。はっきり言えば、私は未熟な組織に溶け込もうとしているわけですが、それはそれなりに注意するべきことがあるということです。

貴兄のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> hideさん
堅物と言われての伝えねばならないことが、礼節と仁義です。これがないがしろになると一気に甘く見られる。これは以前の職場で何度も経験し、自ら打って出たいきさつもございます。甘く見られないためには、自ずと紋治郎のような無表情、無口となります。

但し、蚊帳の外に出ないよう、相手が何を言っているのかは耳を研ぎ澄まして聞き入らねばならない。甘く見そうな相手とそうでない相手を見定める。これも肝要と心得ます。
こうしたことを思うに、私にとっての悟りの境地はまだまだ程遠いと認識しております。

貴兄のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
ありがとうございます。一見能天気に見える私ですが、心の奥底には長脇差を忍ばせております。滅多に抜きませんが、どうしても抜かざるを得ないことがある。これ以上タメ口を利かれるとなめられる。記事中の言葉「俺はタメ口が苦手なんだ」はそう思って発した注意信号でした。

だからと言って居ずらくなるという意味ではございません。仕事は仕事できっちりこなす。その大前提があってのことです。

ブログなどのSNSでは、顔が見えない分、横柄に出やすいという特性がございます。かつてフランクという言葉を盾に、そういうスタンスのかたが接近したことがございましたが、私の倫理観はそういうものではないと申し上げ、決別に至ったことがございました。

実生活とブログの倫理観を近づける。これは今の私が目指している部分でもあります。

ともたん様にはつまらぬ沽券を張った記事へのお言葉を頂き痛み入っております。本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
私がいる職場では事勿れ主義が蔓延し、トップの考えに反する正論を通せば干され、トップは仁義も礼儀も持ち合わせていません。
そんな職場ですからモラルは存在せず、主張する人は残念ながら変わり者のレッテルを貼られます。
ミックさんの職場では、気持ちが通じ合う、モラルのある職場であることを願っています。
この記事に力をもらった気持ちです。ありがとうございます。

URL | gt_yosshy ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> gt_yosshyさん
自己主張は内容にもよりますが、社風も相当関与しますので難しい問題ですね。
私は入社早々、会社に文書で申し立てを行いましたが、背後には聞き入れられないなら辞めてもいいという覚悟がありました。

ところで、人の上に立つ者の理想は徳治主義(徳をもって組織を束ねるという孔子の思想)ですが、これを取り入れない人(中には徳治主義を知っていても取り入れない人もおります)は多いですね。

私はこうした人物はただの猿使いに過ぎないと思っています。労働に関する企業理念は厚生労働省のマニュアルに沿ったものが多いですが、ここで着目するのは「企業は労働者に充実した職場環境を与える義務がある」ということです。

もし企業側に、公序良俗に反することがあれば、この理念に反するものとなり得る。私はこの信念をもって権力に正面からぶつかって参りました。yosshyさんに聞きたいことがあれば遠慮なく聞いてください。

本日も厚誼を頂戴しました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

お早うございます、

男の職場には確かに仁義が有ります、
きょう、昨日、出て来た若造には舐められたらお終いですね、
木枯らし紋次郎に成りきっての心意気に敬服の念を禁じえません、
上の者にも諂はず、若造には甘やかさずに信念を通す姿は
ご立派です、

URL | 雲MARU ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 雲MARUさん
主張するべきことは主張しますがやるべきこと(報告、連絡、相談)は怠らない。このバランスが崩れた際はいつでも身を引く。私はそう考えながら勤務しています。

貴兄のおはからいにより、本日も激励を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

やはり礼節と仁義は仕事が変わっても
持ち続けることは素晴らしいですね。
これからも人間関係の基本ですね。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
職場の休憩時間は話題によっては浮いてしまう私ですが、何を話しているかは理解しようと努めています。後は徐々に実績を積んで信頼を増して行きたい所存です。
礼節と仁義は人として持ち合わせねばならない基本中の基本ですが、この企業に解しては曖昧です。
但し、自分は新参者ゆえ、様子を見ております。組織のまとめ方などは先方から求められればノウハウを提供したいと思っています。

貴兄のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)