FC2ブログ
盆休みも後半となった本日、私は息子を伴って故郷石巻を訪ねた。墓参りを済ませた後で向かったのは牡鹿半島である。私は仙台藩士・支倉常長がメキシコに向けて出航したとされる月浦を息子に見せたかったのである。

地図で宮城県牡鹿半島を確認して頂きたい。
紫:月浦
黄色:鮎川
桃色:女川原発
赤:女川

現在の月浦はご覧の通り、震災の傷跡は完全に拭い去れてないものの、数人の釣り人が訪れていた。

月浦を出た後、鮎川に向かった。震災前まであったホエールランドはなくなっていたが、ホエールランドに展示されていたキャッチャーボートはご覧の通り残っていた。

鮎川港には多くの漁船が停泊していた。向こう側に見える黒い島影は網地島である。

この後、金華山の見える場所(黒崎近く)に移動した。私は小学校3年のとき、祖父母に連れられてこの島に一泊したことがあった。その様子は我が自叙伝祖父からのメッセージ(2009年12月9日、ヤフーブログに発表)に綴っている。

息子にはだいぶ前にそのことを話したことがあった。私の祖父は寡黙であったが、恐らく先祖は葛西家臣(言い伝えによると祖は岩手県に住み、葛西滅亡後は伊達に抱えられ、北上川普請などに携わる)の血を引く人物で、軍人でもあり、身をもって「人間は鷹揚に、磊落に、そして誇り高く生きなければならない」というメッセージを私に残した人物であった。その生き様は今の私に強い影響を与えている。

五十数年前の私の思い出話を、息子は感慨深く受け止めながら、霧に覆われた金華山をしばし見つめていた。

女川に向かう途中で女川原発PR館に立ち寄った。その後、女川の商店街で食事をして牡鹿半島に別れを告げた。

ミック挨拶
牡鹿半島先端の金華山は、以前からどうしても息子に見せたいと思っていました。本日は長年の念願がかなって本当に良かったと考えております。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


関連記事

コメント

No title

20年ほど前、今は亡き長兄と牡鹿半島をドライブしました
長兄が小学生の時(戦前)祖父と歩いたそうです
色々思い出したようで、感慨に浸っていました
ミックさんの記事に誘発されて、祖父や長兄のことを思い出した次第です
今日も有意義な記事に接する事ができ感謝しています
ありがとうございました

URL | ginrin ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

お盆休みは、自分につながる連綿とした家系やご先祖さまについて考えるのによい機会だと、私は思っております…。。。
貴兄も、そのような思いで、ご子息とのドライブを楽しまれたのではないかと思います…。。。
本日も、有意義な記事をありがとうございました…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
昨日PCの調子が悪くなり、文字の数を削減せざるを得なくなりました。(今は回復)そんな拙い記事にも関わらず、真摯なお言葉を頂戴し痛み入っております。
祖父から受け取ったバトンを息子に渡したい。そんな情感も胸のうちにございました。彼がどう解釈したかわかりませんが、何かすーっとしたものを感じています。

貴兄のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> suisyouさん
生家の墓参りと牡鹿半島周遊は盆休みのメインディッシュになるもので、休み前から計画していました。その理由として小学3年時の祖父母との金華山旅行が、私の生涯に大きな影響をもたらした所以です。

今の私が私で居られるのもこの時の祖父のメッセージがあったからこそと受け止めております。祖父のような生き様は生涯に渡る私の目標でもあります。

ブロ友様・suisyou様には本日も慈悲に溢れた厚情を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ginrinさん
郷土史先賢の貴兄の牡鹿半島への想い、興味深くお聞かせ頂きました。私は自分の思い出の風化に少しでもブレーキを掛ける意味で死ぬ前に、己のブログに様々な思い出を綴っております。
貴兄におかれましては、これからも様々な随筆等を通しての有意義な交流に期待しています。

本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
私は以前から、己のルーツを調べていましたが、或る情報で軌道修正をせざるを得ない状況に差し掛かりました。但し、それにはある程度の充電期間も要します。

実は祖父かたのルーツ(血の繋がり)は苗字や石巻大街道への土着、代々の言い伝えなどから私がトータル的に見据えたことです。ルーツが葛西家臣系とは新たな見解ですが、祖が岩手から来たという言い伝えからも、そう解釈するのが妥当と認識しております。

昨日は息子とドライブしながら、そんなことを胸に抱き、在りし日の祖父母のことを思い出しておりました。

貴兄のおはからいにより、今回も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます

石巻から先に行ったところに牡鹿半島があるのですね。
そこには
支倉常長がメキシコにむけ船出した月浦湊が
あるのですね。息子さんもミックさんの話を
感慨深く聞かれたことでしょう。

良い時間を共有されましたね。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
定年退職してから久しぶりにサンファン館を訪ねました。それから数箇月が経ち、今度は牡鹿半島を見せたいと想いました。理由は支倉が出航した月浦や祖父母の思い入れのある金華山があるからです。昨日はその目的を遂げることが出来満足しています。

ルーツ調べで新たな展開があり、やや失速していた感がございますが、これを機にモチベーションを奮い起こして参りたい所存です。

姫におかれましては、いつもは格別なお引き立てを頂き感謝しております。本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様へ
PCが調子を落しただけで無く。私が調子を落してしまいました(笑)。出遅れた失礼を何卒お許しください。
只今、『祖父からのメッセージ』を読ませて頂きました。ご祖父様との出会いとお付合いも短い期間だったのですね。でもこの出会いはミック様にとっては大きな出会いであったと私は思います。この出会いがあったから今のミック様があられると思います。息子様へもその想いが伝わった事と思います。しかしこれで終わった訳ではありません。ミック様は第二の人生を歩み始めたばかりです。そして息子様と切磋琢磨してこれからの人生をより充実した人生とされる事を強く望むものであります。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
私の書き方が悪くて申し訳ありません。祖父との付き合いは石巻に生を受けた赤ん坊時代から、亡くなるまで十年ほどございました。但し、幼い頃の私は親父の仕事の都合などで石巻と仙台を行ったり来たりしていました。

祖父に関する思い出はいろいろございますが、小学一年の運動会の際、応援席の私が同級生からこずかれたと勘違いした祖父が、関係のない児童をこずいたというちょっとしたハプニングがございました。
祖父がやったことはけして褒められませんが祖父は朴訥ながら、熱血漢でもあったと認識しております。(笑)

いつしか、こうした自叙伝を繋ぎ合わせて、一つの作品にしたいという希望もございます。

貴兄のおはからいにより、本日も激励を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは。
連休の間に息子様に見せたかった月浦に行かれて
楽しかった事と思います。
ミックさん自身の祖父様の思い出や、影響を受けられた言葉、伝える事がこの地で出来て良かったですね。
残りの連休も楽しまれて下さい。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

お早うございます、

お盆休みを利用して生家の墓参りと牡鹿半島周遊を子供さんと
実行されたのですね、
由緒ある家柄の先祖様のお話に息子さんも身の引き締まる思いで聞かれて将来に残さなければならない自分の立場に思いを馳せた事でしょうね、
金華山沖は何度も航海してたので地図で凡その見当は付きました、
残りの休暇も良い思いでを作って有意義にお過ごし下さい。

URL | 雲MARU ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
支倉の出港した月浦は歴史小説にも書いていますので、感慨深いものがございました。
牡鹿半島は霧が掛かっていましたが、わずかに金華山が望めて嬉しく思います。帰りは女川経由で戻りましたが、私のルーツが関わったと思われる北上川を息子に見せられて満足しています。

joeyさんには本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 雲MARUさん
由緒というほどのものではございませんが、先祖に関しては先祖代々の言い伝えと苗字からの推測すると、岩手県から宮城県北部を統治した葛西の一家臣と一致するので信憑性は高いと捉えています。

金華山沖を何度も航海されたのですね。海の男には羨望とともに限りないロマンを感じています。

雲丸様におかれましては、本日も格別なる厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

私は石巻まで、三陸道で一時間位の処に住んでいます。
姪がいるので石巻にはよく行くのですが、牡鹿半島は、しばらく訪れていないので、懐かしく感じました。機会があれば、今度行ってみたいと思います。

URL | motoyoshi ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> motoyoshiさん
初めまして。南三陸にお住まいなのですね。石巻出身仙台在住の私ですがmotoyoshiさんのブログにお邪魔させて頂き、歴史など様々な接点を感じました。

今後とも宜しくお引き回しの程お願い申し上げます。本日は厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは.。o○
お盆に息子さまとお墓参りなどができて本当に良かったです<(_ _)>
現地に行ったことはありませんが、復興の様子が見られて本当に良かったです( ^ω^ )

URL | ぼたん♪ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ぼたん♪さん
宮城県沿岸部の復興もようやく形になってきましたね。ぼたんさんには、本日も激励を賜りました。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

息子さんとのドライブ、お疲れ様です。
息子さんと美しい景色を眺めながらのドライブは最高だった思います。
私事で恐縮ですが、かなり以前に牡鹿半島に磯釣りに行ったことがあります。
素晴らしい景色を眺めながらの釣りは、最高でした。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
今、仕事で行っている場所も近いですが、牡鹿半島はだいぶ復興の兆しが見えて参りました。晴れれば遠望も利き、もっと良かったのでしょうが、以前からの思いが果たせて満足しています。

貴兄のおはからいにより、本日も慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)