FC2ブログ
本日の仙台地方の最高気温は32度であった。スーツを来ている人を見ているだけで暑苦しいものを感じる。外出の際はタオルとペットボトルの水が手放せない一日であった。そんな酷暑の中、地下鉄南北線に乗った私が向かったのは若林区の土樋地区である。地下鉄の中は涼しいので駅を出て、わざわざ暑いところに行くのはどうも

という感じである。

この美術館は仙台市内にあるが福島美術館と言う。それは創始者の名が福島禎蔵氏に所以するものだからである。この美術館の展示品については、以前の記事で何度かお伝えしたいきさつがある。美術品と言っても古美術、骨董が主な展示品である。

一階の受付で「今は常設展で二階しか御覧頂けませんが…」と言われた。私はいつも特別展の有無をもって入館を決めていないので、一言だけ「常設展だけでも結構です」と述べた。そうしたら団扇を渡され、「暑いですのでよかったら使ってください」と言われた。

なるほど二階の展示室に入ると冷房が入っていない。扇風機だけである。昭和55年開館のこの美術館にはエアコンさえついてないのである。思い出せばこの時代はエアコンのついてない建物が多かった記憶がある。今では室内ではエアコンがあって当たり前という風潮があるが、それだけ現代人は贅沢になってしまったのかも知れない。

私は開き直って美術館から借りた団扇を扇ぎながら、古き良きアナログ時代を思い起こし、楽しんでやろうと思った。芭蕉の辻にあったとされる呉服屋が顧客に配ったとされるこの団扇は相当古そうだ。図柄を見ると清涼感を感じる。これが昭和流(それ以前も含めて)の納涼術であったはずである。























この図柄はかつて仙台で生産された富士ビールのラベル柄の原案となったものである。作者は何と江戸時代後期に生まれた中村不折である。頂上に雪を頂いた富士は如何にも涼しそうで、団扇の絵柄と同様に清涼感を抱くものである。

この富士ビールは市内の旅館などで需要があったようだが、残念ながら一般には普及しなかったようで麒麟麦酒に吸収合併されたとのことである。

美術館を出た後で広瀬川河畔に出てみた。今こうして見ると清涼感を感じなくもないが、照り返しがきつくタオルが手放さない散策であった


ミック挨拶
本日は真夏日でしたが湿度も高く、感覚としては猛暑日に近いものがございました。そんな暑さの中、敢えて車を使わず電車とバスを使って外出してみました。ふと、昭和の頃の納涼を思い出したいというのが私の心をよぎったからです。福島美術館にエアコンがついてないというのも計算の上でした。現代人は文明の利器がもたらした快適性にどっぷりと浸かり、精神的にもまた肉体的にも、暑さ寒さに弱くなってしまったのかも知れません。

昭和の頃を思い出すと、多くの建物にはエアコンなどはなく、良くて扇風機でした。お陰様で、本日は昭和風の納涼術を久しぶりに味わった気が致します。暑中に涼ありといったところでしょうか。空調で快適性を追求する指向性をリセットできただけで、本日は出かけた甲斐がございました。ブロ友様の皆様におかれましては、とっておきの納涼法などございましたら、ご教示頂きたいと存じます。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

コメント

No title

昭和流納涼術がないを楽しむとは、誠に風雅な企画でしたね…。。。貴兄ならではの、発案と感心いたしました…。。。
福島美術館の創設者は、実業家でもあったのですね…。。。地産地消でビール産業まで興すとは、驚きでした…。。。本日も、興味深い記事をありがとうございました…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今日は、どちらも暑い一日だったようですね。
エアコンのなかった時代は、視覚から涼しさを感じるられる工夫が多かった気がします。
↑の団扇やラベルも、とっても涼しそう~
時には、暑いときに暑いところに行くのも良いですね~♬

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
常々、ダンディーを意識し「ダンディーとは内外のもの全てが備わってこそ言える」ものと認識しております。
暑中でもブレザーを脱がない。これはダンディーに他ならない。貴兄のスタンスには「心頭を滅却すれば火もまた涼し」の極意を重ねました。やはり貴兄には武士の血が流れています。

さて、昨日は団扇を久しぶりに使いましたが、アナログ感があっていいものですね。くどくなるゆえ、本記事には紹介しませんでしたが同館には扇子も展示されていました。
団扇や扇子には暑中においても、気の持ちよう一つで涼しくなれることへのヒントがあると考えています。

貴兄におかれましては、何卒ご自愛のほどお過ごしください。おはからいにより、今回も格別なるご慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
某の説明不足ですみません。この団扇は展示品で、美術館からお借りした団扇は今風のデザインが施されたものにございました。それでも館側の心遣いが身に浸みる処遇と捉えています。

久しぶりに団扇を手にしたわけですが、夏は暑くて当たりまえ。これを冷房で暑くないようにする現代人に何か不自然なものさえ感じました。自分で自分に渇を入れたくなる。そんな気持ちにさえなり美術館を後にしました。

広瀬川河畔は暑かったですが、視覚的には涼を得られたと捉えています。同時に、人間気の持ちようが大切であることを再認識した気が致します。

姫のおはからいにより、今回も格別なる厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
現代人は利便性という文字の上で安閑としてあぐらをかいていないか?昨日はそういう思いに駆られ、わざわざ、こういう冷房のない美術館を訪ね、己の心に問いかけてみました。

まだまだ「心頭滅却すれば火もまた涼し」の領域には程遠いですが、いリセットが出来たと思っております。

貴兄におかれましては、いつもは格別なお引き立てを頂き感謝しております。本日も慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
昔の団扇や扇子には日本人の季節感を楽しむ風情がございます。こうした風潮が失われつつある昨今ですが、昭和の頃の夏事情を振り返ることで、その真の尊さが理解できた気が致します。逆を言えば、現代人の多くには感謝という観念が不足しているとも感じました。

これを実戦哲学として、これからの己の生き様に反映できればと認識しております。布遊さんには今回も格別なる厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
暑い日が続いていますね、梅雨明けしていないせいか、蒸し暑く感じられます。
確かに現在は、エアコンなどが当たり前の時代ですね。
以前は風鈴の音色を聞いたり、花火を見たり、怪談話を聞いたりして 暑さをしのいだように思います。

以前の納涼術・・・・・いいですよね。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
確かに花火や風鈴、怪談も涼を感じるための趣向ですね。日本人の指向として季節感を楽しむというものがございますが、これを失っては成らないと認識しております。
昨日は改めまして、現代人にとって不足している感謝の念を認識して参りました。これで少しは今夏の暑に立ち向かう心構えが出来た気が致します。

貴兄のおはからいにより、本日も格別なるご慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。暑いですねー、毎日。昔と今の暑さでは質が違うように感じます。昔は、団扇や扇風機で耐えられる暑さでしたが、今は、亜熱帯地帯のような暑さのように感じます。なので、冷房は欠かせません。日本人自身も弱くなったかも知れませんね。鍛えることも必要ですね。

URL | hide ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
全国的に猛暑が続いていますね。
未だに団扇や扇風機を私は使っていますが
エアコンがない場所の方が珍しくなったと感じています。団扇やラベルの柄、見ていて涼しさを感じさせる気持ちになります。
昭和風の納涼術、風情がありますね。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> hideさん
近年の水害を始め地球温暖化の影響は年々深刻になってきていますね。昨日はいつもと違った指向で暑を友とする趣向に親しんで参りました。団扇や扇子は視覚で涼を感じ取れる小道具と察しております。

こう暑さが続くとうんざりしますが、一方で夏は暑くないとという気もございます。本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
風情と言って頂き痛み入っております。たつて夏の風物詩と言えば、花火やスイカ、カキ氷、海水浴などで涼を感じていたころがございました。近年はエアコンの普及で風鈴もあまり見かけなくなり寂しい気も致します。

浴衣姿での線香花火なども情緒があっていいですね。(笑)joryさんには、本日も慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

なるほど!
便利過ぎて、快適過ぎて忘れられようとしているものを改めて実感出来たということでしょうか?
私が、最近感じているのはスマホの検索に頼り過ぎて思考力が低下しているのではないか?と。
賢いのはスマホで、自分は馬鹿になっていないか?
気をつけたいと思います。

URL | gt_yosshy ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> gt_yosshyさん
以前、現代社会では、アナログとデジタルのバランスが肝要と述べましたが、文明の利器に頼りすぎてはならないと受け止めております。

昨日は暑かったですが、それを見直す好機が得られたと認識しております。アナログとデジタルのバランスの他に大切にしたいのがメンタルとフィジカルのバランスですね。

貴兄におかれましては、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様こんにちは
毎日暑くてエアコンの効いた所にいると
体がおかしくなりそうです

団扇を貸して頂ける美術館も珍しいですが
私は今でも団扇は使っています
私の納涼術は~寝る時にアイスノン(氷マクラ)
使っています
頭寒は~とても寝やすいです

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
この美術館はよく行っていましたが、暑くなるとどうしても敬遠しがちなスポットでした;エアコンは体にきついことがございます。その点団扇やアイスノン枕は体に優しいですね。

それで睡眠が深くなれば名案と察しております。本日も有意義なご意見に触れさせて頂きました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今は建物の中は冷房に慣れてしまっているので
昔の冷房の無い時代には工夫があったのですね。
水分補給はこまめに必要ですね。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
現代人は夏になるとエアコンの恩恵に授かっていますが、昔はよくて扇風機。扇風機がない場合は団扇や扇子が欠かせなかったわけで、ここに昔人の気骨と風情を感じます。

一昨日は昭和中期の夏に逆戻りすることで、己の心をリセットして、現代に生きることに感謝する気持ちを培えた気が致します。

貴兄のおはからいにより、今回も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは
エアコンのない生活など無理です(;´Д`)
奈良屋の団扇は素敵ですね.。o○絵が涼し気に見えます
昔の人は団扇だけで夏を乗り切ったため凄いです

URL | ぼたん♪ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ぼたん♪さん
昔は寒くても薄着で、暑くてもスーツを脱がないのがダンディズムでした。但し、偽のダンディーはすぐばれますhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s362.gif">

昔の人はエアコンがないぶん視覚や聴覚(風鈴)から涼を感じるようにしたのですが、昭和後期の会社勤めの多くはエアコンがなく扇風機程度だったと記憶しています。(某の会社が貧乏だったのかも)

ぼたんさんには、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)