fc2ブログ
スペイン
国歌Himno de España
フランス
国歌 La Marseillaise
リンク動画について
私は現役時代、逆風に遭遇したが誇りだけは捨てたことがなかった。魂を売らなかったことだけが私の唯一の取り得と心得ている。スペインはかつて日の沈まぬ帝国と言われた海洋大国だが、私は常に人に媚びるものはないという信念を貫いてサラリーマン人生を生き抜いてきた。その思いを強く感じるのがスペイン国歌である。同時に虐げた奴をいつか見返してやると思い、復讐を誓ってきた。その思いを強く感じるのがフランス国歌である。
就職斡旋会社の長所と短所
私は現在、管轄のハローワークの他に就職斡旋会社にも行っている。これは定年退職した会社からの依頼で、私の再就職を一年間の間(2016年10月~2017年9月)サポートするものである。これはつい最近、取り入れた制度で大変ありがたいものであるが、一方で欠点もある。本日はこれについてメリット、デメリットに分けて述べたい。

メリット

定期的に専属コンサルタントと面接することで、就業意欲を高く保つことができる。

企業同士のコネクションを使い様々なニーズに答えてくれる。(コンサルタントの話では、取引のある企業には顔が利くとのこと)

履歴書、職務経歴書(専用書式)についての書き方を細かくサポートしてもらえる。

再就職だけでなく、起業、独立に関するサポートもしてくれる。(ホームページもあり、実際ブログで、この企業を利用した人とも出会った)

契約期間(私の場合は一年間)はオフィスを就職活動の場として提供してくれる。営業時間内でのパソコンやコピー機の使用、書籍閲覧が自由である。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

デメリット

運送業のドライバーや建設業の技術者は紹介できるが、ダンプカーのドライバーや建設作業員は紹介できない。(これについては法的な規制があるとのこと)

ミック挨拶
私がこの制度を利用し始めたのは昨年の10月からでした。その時点では現役時代のスキルを生かして、建築技術者やコンサルタントや保険の査定担当なども選択肢に入れていましたが、去る6月20日に大型自動車免許を取得し、それまでのしがらみを払拭し、大型ダンプカードライバーになる決心を固めました。

その後、就職斡旋会社からは大型ダンプカードライバーの紹介は出来ないと聞き、一時はやや落胆しましたが、今は自己開拓で何とかなるという気持ちに至っています。私がなぜこの仕事に魅力を感ずるのか…、それはこの仕事が誰にでも勤まるものでないと考えたからです。ダンプカードライバーと他の運送業の貨物ドライバーとの違いは、仲間との連携の比率が高いということです。

即ち、走る場所は舗装道路のみでなく、現場内の悪路もあります。そんな時、リーダーを務める者は仲間に的確な情報を伝え、指示をしなければなりません。けして漫然とものを運んでいればいいという訳でなく、常に仲間のことを思いやり、機転を利かし安閑としては居られない。ここに緊張感とやり甲斐を感じます。

私はダンプカードライバーとなる決心をしたからには、必ず一人前になって仲間から信望を得られるドライバーになりたいと考えています。そしていつしか信望のみに留まらず、他のドライバーから頼られるリーダーとなりたいとも考えています。道が険しいからこそ、チャレンジしてやろうという意欲が湧くのです。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)