FC2ブログ
244年前に僧侶が起こした殺人事件と臨済院
本日午後から仙台市北部にある史跡を訪ねた。以前の記事で紹介した臨済院跡と弁財天堂である。こうして見る限りでは廃寺跡というよりも、単に住宅地の中に点在する林にしか見えない。

臨済院(以下Wikipediaより引用)
1701年から明治時代まで、陸奥国宮城郡芋沢村吉成にあった黄檗宗(おうばくしゅう)の寺院である。山号は河北山。江戸時代には仙台の黄檗宗の有力寺院であったが、明治時代に廃寺になった。境内の建物としては弁財天堂だけが残り、「臨済院地内弁財天堂並びに堂地」の名称で仙台市の有形文化財に指定されている。

神聖とも言えるこの臨済宗の寺で244年前に或る僧侶による殺人事件が起きている。 

臨済院の歴史(以下Wikipediaより引用)
黄檗宗(おうばくしゅう)に傾倒した仙台藩主伊達綱村が、元禄14年(1701年)に仙台の北西の外れにある角五郎丁に作らせたのが始まりである。綱村が筆をとって額の字を書き、仙台城内の万善堂にあった如意輪観音像を本尊とした。開山は、仙台近郊にある大年寺の第4世鳳山であった。鳳山は、大年寺の役僧を1か月交代で臨済院に派遣して管理した。寺には料具金13両と、人足扶持8人分が与えられた。

綱村の後を譲られた伊達吉村は、正徳4年(1714年)29日に、栗原郡一迫畑岡村で4700文、志田郡下中野目村で5300文、合計10貫文(100石)の寺地を与え、かわりに料具金・人足扶持を停止した。正徳5年(1715年)9月に、吉村は臨済院を芋沢村の吉成に移した。その頃は綱村も隠居として存命で、家臣をやって祝儀の品を届けさせた。享保元年(1716年)10月には吉村が参詣して、鳳山が70歳になったことを賀す歌を詠んだ。鳳山は、その年の8月に五社明神社を、翌年3月には疱瘡神社を境内に建てた。他に、いつ作られたか不明な弁財天堂があった。臨済院は、安永3年(1774年)頃には塔頭を10、末寺を23持つ大寺院で、仙台藩の寺の序列で着座格とされていた。

安永2年(1773年)121日に、寺内の木を盗伐しようとした樵夫(きこり)の頭と背を副寺(ふうす:禅宗における六知事の一つで金銭・穀物などの出入りをつかさどる役僧)の龍田が杵で打って殺した。行方不明になった樵夫を捜しに来た親戚に、龍田は樵夫を追い出したと答えたが、後に死体が見つかったため殺人事件になった。龍田には斬罪、住職には捜索に非協力的だったことにより蟄居の判決が下った。


明治になって、寺領と藩の保護を失うと衰退し、明治20年(1887年)頃までにすべての堂宇を失い、廃寺になった。境内にあった弁財天堂だけが地元の人々に守られて残った。

昭和60年(1985年)に発掘調査が実施された。寺の東にあった山門跡、本堂跡と思われる石垣遺構、鐘楼の基壇、性格がはっきり確定できないが寺の石垣遺構、井戸跡が確認された。また、遺物としては江戸時代の陶磁器が多数出土した。

これは過去に住職を務めた僧侶の墓標と見られるが、檀家はなかったという。

古代~近世の史跡を訪ねると、建物があった部分に束石が残っていることが多いが、臨済院に関しては残っていないようである。

これは敷地内に唯一残る建物の弁財天堂である。
弁財天堂(以下Wikipediaより引用)
方三間、宝形造、銅板葺の仏堂。建立年代は様式から江戸時代中期とみられ、解体修理時に「宝永」の年号を墨書した板(棟札か)が発見されたことから、宝永年間(1704-1711年)の竣工とみられる。臨済院直属ではなく、塔頭の慈峯院が別当として管理した。臨済院が廃寺となり、建物がすべて失われても、このお堂だけは地元の住民が守って維持された。

昭和62年(1987年)9月に宮城町が町の有形文化財に指定し、これを受けて修理のための河北山臨済院弁財天堂修復奉賛会が作られた。宮城町は同年中に仙台市に合併したため、仙台市の文化財となり、市の補助を受けて修復奉賛会が平成元年(1989年)に堂を修理した。


ミック挨拶
今は長閑で付近の住民の散歩コースとなっている臨済院跡地ですが、本日Wikipediaを読んで初めてこの地で僧侶が殺人事件を起こしたというのがわかりました。龍田なる人物は仏に仕える身でありながら、人をあやめたわけで大きな衝撃を受けた気が致します。同時に事件の背後には、どんな事情があったのか詳しく知りたいと思いました。次回図書館に行った際は、郷土史の著物でこの殺人事件を詳しく扱ったものはないか調べてみたいと思います。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

コメント

No title

ミック様へ
考えてみると。織田信長が出てくるまでは僧侶って武装集団と変わりなかった訳で。その気持ちが抜けていない僧侶もいたのですかね。今の時代であれば説教をして諭すとなりますが。どんな理由があったのですかね。そのやり取りを知りたいです。勉強になりました。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

身近な史跡にも意外なミステリーが潜んでいるものですね…。。。貴兄の今後の調査が楽しみです…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは
怖いです・・・僧が殺人なんて(-_-;)話によれば殺すほどの理由でもなかったのに・・・
衝撃的です(;´Д`)

URL | ぼたん♪ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

廃寺になって150年も経っても、お寺の跡は、何にも利用されずに残っているのですね。そんな事件があったのにも関わらず、守る人たちもいるのですね。
また事件の背景がわかったら教えてくださいね。

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

僧侶の殺人事件の記録が残っているとは
やはり衝撃的な事件だったのですね。
歴史ある寺院のようで残っていないのが残念ですね。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

僧侶も~よほどの事が有ったのでしょうね
跡地は勿体ないですね

何かに利用は出来ないのでしょうね

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
昨日は単に史跡探訪に出かけただけですが、帰宅してインターネットを調べているうちにこの事件を知り衝撃が走りました。
どんな事情があったのか…寺内の木の盗伐くらいで仏に仕える僧が盗人を殺すのか…このあたりがよくわかりません。
この事件にスポットを当てて、掘り下げれば歴史エッセイにもなると思いました。

貴兄のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
Wikiにこう書かれている以上、何か根拠になる文献があると踏んでおります。それを図書館で調べたいと思っています。歴史随筆など執筆のきっかけはどこに落ちているかわかりませんが、改めまして、それを認識した昨日の臨済院探訪でした。

貴兄におかれましては、本日も格別なるご慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ぼたん♪さん
僧侶が人を殺すとはよほどのことです。また「殺すほどの理由でない」とはその通りに存じます。然らば謎は深まります。是非調べたいし、エッセイに書きたいと思います。

ご自身におかれましては、本日も慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
なぜこの土地が宅地化を免れたのか?その答えは二つと分析しています。
一点目は「境内にあった弁財天堂だけが地元の人々に守られた」というところ。
二点目は1985年に行われた発掘調査で相当のものが出土したというところです。
それにしても謎の多い事件ゆえ解明したいと思っています。

布遊さんにおかれましては、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
僧による殺人事件は珍しいだけに動機や背景を調べたい所存です。住職も連帯責任で蟄居処分になっていますが詳しく知りたいと思います。

貴兄におかれましては、いつもは格別なお引き立てを頂き感謝しております。本日も慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
昨日帰宅してWikiを調べるまではこの殺人事件のことは知らないままでした。それだけに衝撃は大きいものがございました。なぜ副寺が人をあやめなければなかったのか…

出来れば詳しく調べて随筆でも書きたいと思っています。ともたん様には本日も激励を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。なかなかミステリアスな系譜を辿ったお寺だったのですね。小説にできるのではないですか。図書館で新たな資料が見つかったおりには、教えてください。

URL | hide ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> hideさん
僧侶が殺人を犯す。こういう話は滅多にないですね。どんな背景があったのか興味の尽きないものを感じます。

資料が見つかったら随筆などに著したいと考えています。貴兄のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
僧侶が起こした殺人事件とは、珍しい事柄ですね。
寺内の木を盗伐しようとした人を殺したと言う事ですが、いろいろな背景があったように思います。
詳しい資料などが見つかった時には、また記事にしてください。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
仏に仕える身である僧がなぜ人をあやめなければならなかったのか?これだけでもっと詳しい内容を知りたいと思いました。史跡探訪が思いがけない方向に発展した昨日でした。

貴兄のおはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

国見峠への道は、今の国見台病院あたりから一の坂、二の坂、三の坂と続いて登って行きます。
弁財天堂の脇を道が通っていて、その付近だけが国見峠の直下の平地になっていて、細い松林でした。
確かに傷んだ小さな堂宇が建っていました。
途中には寛永通宝などの賽銭が残った祠や馬頭観音などの石碑などがありましたね。
そうですか、そんな事件があったんですね。
車で通るだけですので、記憶の中の街道になっています。
今日も知るは楽しみを与えていただき感謝しています。
ありがとうございました。

URL | ginrin ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ginrinさん
この臨済院跡は今まで単なる史跡とばかり思っていたのですが、このような事件が絡んでいるとは思いもよりませんでした。
三原良吉氏らが調べていれば過去の文献に行き当たれるのかも知れません。図書館に行く大きなモチベーションを掴んだと認識しております。

ところで此の地の昔の地名は芋沢で、この地名の地区が広範囲に渡っているのを知り驚いています。

貴兄におかれましては、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)