fc2ブログ
 鉄人28号 op 
武骨ながら心に残るヒーロー鉄人28号
郷里石巻がまだまだ元気だった頃、少年時代の私は毎週欠かさず、TV
の前に釘付けになり、目を輝かせて
鉄人28号の主題歌を聞いていた。小学校の休み時間、学友との話題は鉄人28号の話題で持ちきりだった。往時、この番組を見ないと学友の話題について行けないほどだった。
昭和38年10月20日
横山光輝 原作
三木鶏郎 作詞/作曲
西六郷少年合唱団 唄

ビルの街にガオー!
夜のハイウェイにガオー!
ダダダダダーンと弾がくる
バババババーンと破裂する
ビューンと飛んでく鉄人28号

ある時は正義の味方
ある時は悪魔の手先
いいも悪いもリモコンしだい
鉄人 鉄人 どこへ行く
ビューンと飛んでく鉄人28号

ビルの街にガオー!
夜のハイウェイにガオー!
ダダダダダーンと弾がくる
バババババーンと破裂する
ビューンと飛んでく鉄人28号

手を握れ正義の味方
叩きつぶせ悪魔の手先
敵にわたすな大事なリモコン
鉄人 鉄人 早く行け
ビューンと飛んでく鉄人28号

【PS2】鉄人28号/OP

リンク曲について
怪傑ハリマオ、鉄腕アトム、ナショナルキッド、光速エスパー、エイトマン…、自分の少年時代のヒーローは結構多いがその中で筆頭に位置するのが、この鉄人28号(原作:横山光輝、主題歌:三木鶏郎)である。鉄人28号と人気を二分した鉄腕アトムは感情を持ったロボットであり、今で言えば人工AIの先駆けであった。アトムもけして嫌いではなかったが、現実派の自分にはどうしても信じ難いものがあった。

その点鉄人28号は無機質なロボットである。リモコンを奪われれば悪魔の手先にもなる。このあたりに自分は妙な説得力さえ感じたのである。鉄人は今の感覚からゆくとけしてスマートではない。むしろ武骨と言ったほうがいいのかも知れない。人は時として、完成されたものよりも未完成なものに魅力を感じることがあるが、鉄人28号の武骨さこそが、そんな感情を抱かせるのかも知れない。

ブログ村でのランキング


です・

小学生低学年だった時にTV
でこんな漫画が始まった。「ある時は正義
の味方、ある時は悪魔
の手先、いいも悪いもリモコン次第…」少年は鉄の塊であるはずの鉄人28号に人間味を感じた。例え武骨でもいい。大きくなったらとにかく偉大になりたい!それから少年
はすっかり彼の虜
になった。

少年
のころの私は、大きくて力が強い
ものに憧れていた。初めて母親
に連れられてバス
に乗った時はショック


を受けたものだった。こんな凄いものが世の中にあるのか!自分は大勢の人間を乗せて力強く走るバス
に強く魅せられたのである。大きくなったら自分もこのような大きな自動車を自由自在に操りたい…そんな動機が還暦を過ぎての大型免許取得に繋がったのかも知れない。

鉄人にはライバルもいた。(左からブラックオックス、バッカス、鉄人28号)当時の少年
はすっかり鉄人に成り切っていたが、学校に行けばライバルも存在した。そのライバルこそが、ブラックオックス
やバッカス
だったのである。ライバルとの切磋琢磨が少年

を徐々に大人に近づけていった。競っても時に相手に花を持たせる。そんな大人の世界が無意識の中に形成されつつあった時代でもあった。

彼は強くて偉大であった。ピンチに陥っても必ず最後は勝利を収めた。そして勝ったあとは必ずこう叫んだ。ガオー!

それから長い年月が経った。いつの間にか少年
はいい歳したオジサン
になった。それでも彼の中での本当のヒーロー
は今でもけして変わっていない。

横町挨拶
自分は人に媚を売るのが苦手なゆえに、武骨な人生を歩んできました。武骨とは、例え上司が権力をちらつかせても靡かないというスタンスです。まさに鉄人のような無表情で、ことに臨んだがゆえに、人間関係において角が立つことが多かったのです。もちろん冷や飯も食わされました(笑)それでも二年前に定年を迎えた今の自分は少し違います。そう思うと、少しは丸くなったのかも知れません。

「少年老い易く学成り難し」今の自分は毎日それを感じていますが、人は年相応に成長しなければなりません。今の自分にその自信はございませんが、少なくても自然に笑顔が出るまでになってきました。然らばこれからも仁をもって人様に接して参りたい所存です。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)