FC2ブログ
 Boz Scaggs - You Can Have Me Anytime 
リンク曲について
私は以前からブログにYOU TUBEリンクを貼り付けている。曲をリンクさせることで己の想像を掻き立て創作に繋げる。ボズ・スキャッグスの「ユーキャンハブミーエニイタイム」、この曲はかつて車のコマーシャルに使われたことがあった。私の青春時代に聴いた時は随分大人びた旋律に聴こえたものだった。本日何年かぶりでこの曲を聴くと、大人びた曲というよりも人生の黄昏を迎えた今の自分にピッタリ来る印象がある。若かりし頃のほろ苦い思い出に浸りながら片手にオンザロックをとり、目を瞑れば、そこにはセンチメンタルな情感が蘇ってくるのである。

井上靖の小説に「遠い海」という作品がある。靖はこの中で「人間というものは、みんな遠くに見える海のようなものを持っていますよ。目をつぶると、 どこか遠くに海の欠片のようなものが見える。そこだけ青く澄んでいます。」と描いている。「遠い海」という比喩は実らなかった異性への想いであり、その中には澄んだものがあり、あたかも遠い海を想うが如く、生涯に渡って持ち続けるものとしている。ずっとそんな遠い海を心の片隅に持ち続けてきたが、人生の黄昏を迎えた今は、遠い海も蜃気楼と見分けがつかないものとなってきた。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
エッセイ「私がタメ口を使わない理由」
そう言えば私は五年近く前に自分の心情を群青色の如しと述べたことがあった。夕闇迫る仙台市郊外に往時の自分の心を重ねてのことだった。これまでの私は、けして日の当たる道ばかりを歩いてきたわけでない。従って過去のことは出来れば消したいという思いもある。今思い起こせば、過去を消したいという気持ちが群青色の闇に紛れたいという心境に繋がったのかも知れない。それだけこの頃は不安と焦燥に駆られていたのかも知れない。不安と言ったのは、このまま自分が無事に定年を迎えられるのかということが大きかった。うつ病を患い、信用と名誉を同時に失った私にはそれが大きな悩みだったのである。

信用はともかく、失った名誉を取り返すのは難しい。それは一度貼られたレッテルによる偏見や蔑視と戦う必要があるからだ。私はこの問題に真っ向から挑んだ。その手始めが「さんづけ運動」の推進である。一部の人間に君付けとさん付け、役職付けを使い分け、人をランク付けする傾向がある。私は会社で君付けされた際に「君付けは止めてもらえますか?あなたと私は人間としては対等です。従って、たかが会社の役職の違いだけで人格を軽んじられるのを私は望みません。」と応えた。これによって私は一気に浮いた存在となっていった。このきっかけになったのが或る上司Aの言動であった。自分より若い社員Bが上司になったとき、私はそれまでの習慣でその上司を君付けしていた。

上司Aは或る日の会議の場でこう言った。「B君はこの都度課長になったのだから、本人の自覚を促す意味でB課長、もしくはBさんと呼んで欲しい」と。ここで私は意義を唱えた。「わかりました。でもBよりも年上ながら、昇格できなかった私の心情も察して頂きたい。Bをさんづけで呼ぶのはいいですが、私自身もBさんと同じようにさん付けで呼んでもらいたいのです。でないと私自身の人権が軽んじられることとなります」と。数秒間の沈黙のあと、この上司Aはこう告げた。

「わかりました。ミックさん」…。これ以降、私は上司Aのみならず、事業所全員からさんづけで呼ばれることとなった。こうした経緯もあり、私は会社にさん付け運動推進を提案した。数ヶ月の後、さん付け運動提起がうやむやとなりつつあった時、会社のTOPからさん付け運動不採用の旨が発表された。採用に至らなかった理由は「さんづけ運動が会社の業績に繋がるとは思えないから」ということだった。


それでも私は自分だけでもと思い、さん付け運動を続けた。面倒なのは別な事業所から出張などの用事で来た取り締役から「ミック君」と言われたときだった。私はその都度「君付けは止めてもらえますか?あなたと私は役職が違っても人間としては対等ですから。」と述べ、固く君付けされるのを拒否した。言葉遣いが悪いと「もっと丁寧な言葉を使って頂けますか。」と述べて是正を求めた。但し、自分が人にモラルを要求するからには、それ以前に自分がモラルを守らなければならない。思い起こせば、私の定年前数年の孤立はこうしたことが災いした所以と捉えている。何故ならばここまで言葉遣いや呼び名にこだわった社員は前代未聞だったからである。

モラルに欠けた者はどこの企業にも居る。そういう者ほど猿と猿使いの儀式をしたがる。即ち、噛み付いたほうが勝ちという図式である。私はそんな猿使いの儀式をことごとくブレイクしてきた。ブレイクすることで自分の名誉を守ったのである。但し、魂を売らなかった代償も大きかった。スマートな生き様をするならば、上司に好きなように呼ばせたほうがいいのかも知れない。でもどうしてもそれが出来ないのがミックという人物なのである。最後に私の理想的な組織運営術を述べさせて頂きたい。「組織は統制者の強権をもって治めるものべきものではなく、徳をもって治めるべきものである」(論語の徳治主義)

ミック挨拶
本日のエッセイをご覧になってミックはつまらないところに意地を張る人物だと想ったかたもお在りかと受け止めております。礼節は良好な人間関係を営む上で大切なことですが、強要するべき筋合いのものではございません。それでも私は名誉(あくまで自他)のために為すべきことは心がけて参りました。

これはブログでも全く同じにございます。私はヘッダーに「フランクという名目の下に、礼節仁義が疎かにされるのを好まない。」と書いていますが、私の絶対譲れない部分でもございます。私がブログで人様にタメ口を使わず、また使われたくないのはそういう意味にございます。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


関連記事

コメント

No title

> つや姫さん
記事の趣旨を察して頂き痛み入っております。某は己の失った名誉を回復するのに武士道に近づきました。武士道の中には相手に対してけしてひるまないということも含まれます。しかしながら、面と向かってこうしたことを唱えると孤立を招きます。やはり個人の主張よりも全体の和を尊ぶのが我が国の気質とも感じます。

某は個人の尊厳と組織の和の双方に両立をもたらすのがさん付け運動と認識しております。これは既に教育の場などで採用されて実績も挙げております。従って日本の企業はもっとさん付け運動を採用するべしと考えています。

姫におかれましては、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
某が組織で孤立を強いられたのを平たく言えば、本記事の内容となります。どんな相手だろうが、猿と猿使いの関係を強いられた場合には固く断る。これは個人の権利が重んじられる欧米ではまかり通ることですが、我が国では後々まで尾を引くもの(遺恨)となります。それを百も承知で、権力と正面から向かい合ったのは武士道を習得した恩恵と認識しております。

貴兄におかれましては、本日も記事の趣旨を察して頂き痛み入っております。同時に自身のことをお聞かせ頂き感謝しております。本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

私も会社ではさん付を心掛けています。
ただ自分の呼び方に関しては相手に任せています。
さん付けを貫くのはやはり大変な事だと思います。
やはりそうありたいものですね。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
君で呼ばれる職場で働いた事がありませんが
さん、で全員呼び合います。他者に伝える時は役職ではなく苗字だけです。
同じ職場で働きながら上下を強いるような呼び方は
確かに嫌ですね。
長いものに巻かれたのではなく、自身の正しいと感じた事を貫いた姿勢は素晴らしいと思います。
言葉もそうですね。現場に立ったら敬語が同僚でも
当然と感じます。ブログでもミックさんはその姿勢を感じます。中々、思っていても出来ない事ですし
素晴らしいと思います。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

わたしの職場は、役職と、役職なしの人は全てさん付けで、年齢は関係ありません。それで何十年も続いてきたと思います。
わたしは、誰にも触れて欲しくなく部分があると思い、そこだけ気を付けています。それ以外はかなりフランクにお付き合いしていると思います。
相手が敬語を使う人なら敬語で、ため口の人ならため口でって感じです。
ミックさんのように、考えをしっかり持たれている人とは、返ってお付き合いしやすいのではと思います。

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

You Can Have Me Anytime

ちょっとセンチメンタルなメロデイーですね…。。。

例によって、歌詞の和訳を調べてみましたよ…。。。



僕たちが今いる場所には 見知らぬ人がたくさんいて
扉が開け放しになっている
僕たちが今いる場所には 危険はないのだけれども
開け放しになっている扉が また呼んでいるんだ
まるで友達であるかのように
いったい誰が知りたがるのだろう 君が行ってしまうかどうかなんて
君は何か言いたいことがあるのかい

夜の翼に乗って 君は飛び立ってしまう
僕にはもう 君の声が聞こえない
今夜 夢は終わってしまう
でも どんなに時が経っていても
君はいつでも 僕のところに戻ってきていいんだよ


字数オーバーにつき次項に続く

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

僕らは二人きりで 誰もいない部屋の中に
誰だってこんな 哀しい体験をするんだ
信じることを知らない子供が
荒れ果てた地におびえるように
立ち止まってしまうことを恐れて
逃げ隠れするように
僕らはどこまでも走り続ける

夜の翼に乗って 君は飛び立ってしまう
僕にはもう 君の声が聞こえない
今夜 夢は終わってしまう
でも どんなに時が経っていても
君はいつでも
僕のところに戻ってきていいんだよ

字数オーバーにつき次項に続く

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

歌は、別れた恋人を懐かしむラブソングですが、貴兄はこの曲に乗せて現役時代のご自身の戦いを、少しセンチな気持ちで思い出しておられるのですね…。。。

困難な状況から、よく戦われたと思います…。。。そして、無事定年まで勤め上げられ、今ゆったり過ごされ、今後の行く末も明確に描いておられる…。。。

時折は、こういう思いに浸られ過去を振り返ることもよいと思いますが、それよりもこれからのご自身の未来をいっそう思い描かれるのが、より好ましいと思うのですよ…。。。

それこそが、苦労のあった過去を礎としてこれからの未来を築いてゆく一歩一歩なのではないでしょうか…。。。さしでがましい私見かと思いますがも失礼があればお許しください…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
こうした生き方を貫くには摩擦と軋轢に動じない姿勢が求められます。そして自ずと孤立します。然らば、孤立してもいいように普段からメンタルを鍛えておく。これが某のサラリーマン哲学でした。

但し、企業に留まるには功を為さねばなりません。若手にマナーやモラルを教えることを上がどう評価したかはわかりませんが、とにかく安全指向を通して、後進を育てるという道を貫いた某のサラリーマン生活でした。職場の輪を重視しながらも、圧力には一切屈することなく倫理観を保ち、上にも堂々とものを言える。これが某の目指した道にございます。

貴兄におかれましては、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
見苦しいのは意図的に君付けとさん付け、或いは役職付けを使い分けて、役職と人格を混同する人物と受け止めております。残念ながらこういう考えの人物は大抵の組織に居ります。

これは憲法第14条1項の「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により政治的、経済的又は社会的関係において差別されない」に明らかに反する。これを貫ぬき、出るべきところ(労働局や労働委員会etc)に訴え出れば必ず勝ちます。

但し、失うものも多い。訴え出るには相応の覚悟が必定となります。私がここまでこだわるのは失われた名誉を回復するためでした。回復したから定年を迎えられたとも認識しております。

ご自身の職場事情、確と承りました。本日も格別なるご慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
フランクという姿勢をどうしても変えられないかたは世に多く存在します。
布遊さんには、恐れながら「人の痛みを見通せる」という点で畏敬を抱いています。順調に出世街道を歩んできた者の中には部下を虫けら同然に考えている者も存在します。これに真っ向から立ち向かい是正を求める。ここまでやると間違いなく組織の中で浮きます。

辞めないためには辞めていった人物の逆をやればいい。某はそういう意味で組織を自ら去って言った人物に着目し、その問題点を分析し、自分の理念に反映させました。
辞めていった人物にほぼ共通して言えるのは上とのコミニュケーションが十分取れてないことです。
コミニュケーションを取るには礼節や仁義は不可欠。然らばその根本が出来てない際はそこにメスを入れねばならない。

某はそういう信念を常に絶やさず、定年まで勤め上げて参りました。布遊さんには本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
リンク曲への感想を頂き痛み入っております。記事にリンクした曲の歌詞を書くと請求されることもあると聞き、最近は一切止めていますが、貴兄のようにコメントに書くのはセーフと受け止めております。

今回も、貴兄のおはからいに感謝しております。

…次投稿に続く…

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
それにしても歌詞は格調高いメロディーに負けないものがございますね。ご教示頂き感謝申し上げます。

…次投稿に続く…

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
某は数年前に、「定年まで持たないのでは?」or「危うい」などと数人の人物から言われました。これを絶対に見返してやるんだという気持ちが大きな推進力に繋がりました。

今思えば論語を始めとした儒教思想で倫理観を身に着けたことが、定年到達に結びついたと認識しております。この経験をサラリーマン処世術として悩める労働者諸氏に発信して行きたいと考えています。

本日も厚誼を頂戴しました。貴兄のおはからいに感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様おはようございます
今日も大変参考に成るブログをありがとう
今まであまり気にしていなかったですね
私はだれにもさん付けで呼んでいますから
呼ばれるのもさん付けでしたね

最近年を取ってから私よりも上のおじさんから
おばさんと呼ばれると嫌ですね

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
呼び名を変えてもらうのはなかなか言い出しにくいことですが、それを言われる前に推し量り、人の気持ちに如何に寄り添えるかが人としての器量と認識しております。

ちなみに某は「ありがとう。」や「お早う」や「お疲れ様」とは言わずになるべく「ありがとうございます。」や「お早うございます。」や「お疲れ様でした」ということにしています。これらの挨拶はタメ口(目下や同格の者にしか使えない挨拶)と認識している所以にございます。何卒宜しくお願い致します。

本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは
私も職場での“さん”づけの呼び方は大事だと思います
役職は違っても人としては対等…同感です
パートや派遣の人を名前で呼ばない職場すらあるといいますが、雇用期間に限りがあるだけで同じ職場の人なのです。ある程度敬意を払うべきに思います
職場は“大人の集まり”ですしね(;^_^A

URL | ぼたん♪ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ぼたん♪さん
職場はどんな立場であっても気持ちよく働けるのが一番と認識しております。かつて赴任した上司が赴任した際、若手社員をすべて呼びつけにし、非常に嫌な雰囲気になったことがございます。即ち、強権的統治主義にございます。
組織というものは、本来ならば徳によって治めるべきもの(徳治主義)が理想ゆえ、異議を申し立てた私に下された裁定は話し合いと多数決にございました。

某はここに不条理を感じます。この姿勢には、暗に「お前、席を置きたいなら我慢しろ。権力に従え!」という圧力さえ感じました。その時から某は家族を支えるために、そして名誉のために戦って参りました。

権力に抗うものは孤立する。これは多くの史実と共通を感じます。同時にこういう気風は憲法14条や12条との矛盾を突くともろい面もある。これを察知して己の生き残りを見出した某にございます。

ぼたんさんには、いつも真摯なご対応を頂戴し大変感謝しております。本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
敬称は、大事にしたいですね。基本はどなたにも同じように接することかもしれませんね。親族間は別ですが、社会では、特に会社では、親しい関係でも「さん」付けで呼ぶのが基本だと思います。これは、会社に利益が有る無しの問題ではなく、最低限のモラルの問題だと思います。しかし、よく人は変えられないと申しますので、そういう人とはできるだけ距離を置くようにします。でも会社の上司にそういう人がいると、確かに困り果ててしまいますね。

URL | hide ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> hideさん
某は上司に魂を売るか売らないかの選択に迫れれた際に、売らないことを選択しました。代償は大きかったのですが、充実したサラリーマン生活が送れたと捉えています。

某が経営者だったら、さんづけ運動推進をして、先ずは会社の雰囲気を良くします。これが第一歩で社員間のコミュニケーションが増せば、いつかは業績にも繋がると確信しています。

貴兄におかれましては、いつも真摯なご対応を頂戴し大変感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)