FC2ブログ
昨日の6月2日、東北学院大学で開催された震災と文学を受講した。テーマは「東北独立文学論」である。講座にお誘い頂いたのは文芸誌みちのく春秋編集者を務める井上康氏である。講師は学習院大学教授、福島県博物館館長、遠野文化研究センター所長を務める赤坂憲雄氏である。


会場となった東北学院大学ホーイ記念館は昨年の3月に落成したばかりである。ちなみに「ホーイ」の意味は東北学院創立時の三校祖の一人のホーイ氏とのことである。



私は井上氏とともに開講時間18時十分前に地下一階の教室に入った。今回の受講者の特徴は歴史関係の講座とは異なり年齢層が広いことである。受講者数はざっと50名前後であった。



講座の冒頭で赤坂氏から一部企業の内部で、「東北は日本の植民地」という隱語があると聞いた。これは明らかに差別用語ゆえ、東北人の私としては内心穏やかざるものを感じたが、気を取り直して先ずは彼の述べたいことを聞いてみることにした。一度固定概念を持ってしまうと、頭に血が上り講座の内容さえ耳に入らなくなるからだ。彼によるとこ本日のテーマである「東北独立文学論」を決めたのは仙台に本社を置く出版社・荒蝦夷の代表者の土方氏とのことである。



赤坂氏は大の東北贔屓であった司馬遼太郎の言葉を引用し、東北は稲作という安定したものがあり、これが中央集権国家への野心、反感をかき消してきたという。近代から近世に於いては戊辰戦争に敗れて賊軍呼ばわりさた東北はただ耐え忍ぶしかなかった。そんな東北が革命を起こし、政府に反旗を翻したものがフィクション小説に在るという。『吉里吉里人』と『蒼茫の大地、滅ぶ』である。



吉里吉里人』(きりきりじん)井上ひさしの長編小説。日本からの独立を宣言した東北の寒村、吉里吉里村の騒動を描いた作品。昭和48年(1973)連載開始。昭和56年(1981)刊行、同年、日本SF大賞と読売文学賞を受賞。東北地方の一寒村が日本政府に愛想を尽かし、突如「吉里吉里国」を名乗り独立を宣言する。当然日本政府は反発、これを阻止すべく策を講じるが吉里吉里側は食料やエネルギーの自給自足で足元を固め、高度な医学(当時日本で認められていなかった脳死による臓器移植を含む)や独自の金本位制、タックス・ヘイヴンといった切り札を世界各国にアピールすることで存続をはかる。



『蒼茫の大地、滅ぶ』(そうぼうのだいち、ほろぶ)西村寿行著の長編小説講談社の雑誌『小説現代』1977年9月号から1978年7月号まで連載され、1978年9月に単行本として刊行された。中国大陸で大量発生した飛蝗(ひこう:トノサマバッタの大群の飛来)が日本海を渡り、東北地方に襲いかかって農作物を食い尽くす。直接被害を受けた東北地方のみならず、日本全体に飢餓の危険が迫る。この未曾有の自然災害にあっても日本政府は、人々が飢え故郷を捨てるに至った東北地方を最優先に救済することはない。ついに東北6県は「奥州国」として日本国からの独立を図る。本作は架空の蝗害を題材にしつつ、発刊当時の日本の地方自治政策が抱える問題点をあぶり出し、中央集権の施策を批判する内容となっている。

横町感想
赤坂氏から紹介頂いた二つの小説は興味深いものを感じましたが、反面どうもしっくり来ないものも感じました。聞くところによると赤坂氏は東京都生まれ。然らば、東北生まれでもない人物が我が東北を面白おかしく取り上げるにも限度があります。先の復興相の某氏は先の大震災のことを「まだ東北でよかった」などと述べ、責任をとって大臣の座を去りました。東京電力や関西電力、中部電力の中にそういった隱語があるにしても、仮に社会的な立場のある人から「東北には植民地という隱語がある」などと言って欲しくはございませんでした。

東北人の中にはそんな気持ちなど微塵もないかたが大勢います。そういう私もそのうちの一人です。世に自分の出身地、出生地を植民地などと言われて気分のいい人はまず居ないことでしょう。どうしても述べるならオブラートに包んで欲しかった。過去において私はこれだけ後味の悪い講演会に出席したことはございませんでした。私は今回の講座の企画者である荒蝦夷と講演者に文書で抗議したい所存です。

創作に携わる者は、多くの人の様々な考え方に触れ、人間の多様性を実感し、広角的視点を持つよう努めねばなりません。講座にお誘い頂いたみちのく春秋編集者の井上氏にはこの場を借りて御礼申し上げたい所存です。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。最後にもう一度申し上げます。東北は植民地でない。我が愛する父祖の地(ウェールズ国歌より)です。



関連記事

コメント

No title

ミック様へ
少し話がそれますが。今の日本経済の停滞は東北を見捨てた事にあると真剣に思っております。東北の発展があるから今の日本があると申し上げても過言では無い。とにかく福島原発を一日でも早く復興する事に尽きる。この状態を先送りしていると日本沈没も有り得ると真剣に考えております。今の政府は世界の力を借りてでも福島原発を収束する事に全力を傾けて頂きたいと願うものです。それが今の私の願いです。勝手な言葉を申し上げた失礼を何卒お許しください。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
他者が言ったというのを人にダイレクトに伝えるのはいいですが、言われた内容がネガティブならば却って聞かないほうがいい。これは多くの人が感じることと認識しております。

昨日の講師はもう少し表現を変えて欲しかった。即ち、自分が出生地のことを植民地と言われたらどう感じるかを。もう少し考えたほうがいいと思いました。

レジュメだと証拠が残るから渡さない。話はレコーダーにとられない限り証拠に残らない。勘違いかも知れませんが、昨日レジュメがなかったのはそのためかとも思いました。

話の論点は東北蔑視でなく東北の独立という趣旨ならば、東北を「植民地呼ばわりするのでなく、「被害者」程度の表現に留めて欲しかった。某は東北人としてそう捉えました。

貴兄におかれましては、今回も貴重なご意見を頂戴し感謝申し上げます。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは

「東北独立文学論」講座に行かれたのですね。
2つの文学作品 ご紹介ありがとうございます。
なるほどそうゆう東北独立するならば。。。と言う作品なのですね。
縁あって20代から東北に住むようになったのですが
東北は偉大だとなんにつけても感じています。

赤坂氏のきついお言葉
氏がこう思っていたわけではなく 東北へのそうでは無いんだよと言う応援メッセージのようにも
読めるのですが。如何でしょうか?

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
赤坂氏は冒頭でご自身のSNS上には炎上の懸念があったと明確におっしゃていました。実は講座後の質疑応答で赤坂氏に質問をし真意(炎上しそうなことをなぜ公の面前で述べるのか?)を確かめたかったのですが、優先すべき止むを得ない事情があり、それを逸してしまいました。
物事を述べるには誤解を避ける意味で、態度や語調も肝心。昨日、某はどんなに視覚と聴覚を澄ましてもその真意は読み取れないままでした。

「東北は植民地」の真意を聞けば、恐らく私はそういう意味で言ったのではないと述べることと察しております。
某は講聴者の気持ちをもっと推し量ってもらいたかったと認識しております。
本日は貴重なご意見を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは。赤坂氏の講演でお話しされた「植民地云々」については、発言の意図がわからないので、何とも申し上げられませんが、取り上げられた2冊の小説は読んでみたいと思いました。
推測ですが、不適切な行為や発言で何人もの大臣が辞めている現状を憂い、小説を紹介することを通して、現在置かれている東北のことを訴えたかったのかもしれないと感じました。

URL | hide ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> hideさん
植民地という言葉を発せなければ貴兄の仰せの通り捉えたいと存じます。
但し、彼が発してならない言葉を発したのは事実。この場に及んで「東北は植民地」と隠語があると鸚鵡返しのように繰り返す必要は何もないと捉えました。赤坂氏は人の痛みがわからない。某なら東北は被害者程度で留めます。

貴兄におかれましては、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

難しいというか、微妙なテーマだなと思いました…。。。私は、元より、抽象的概念としても東北は植民地だというよなイメージはこれっぽっちも持っていませんが、赤坂氏が言われるように、一部企業でそういう隠語があるとすれば、ある程度広く、そういう認識を持ってる人たちやグループがあるということになります…。。。そういうことも初めて知りましたわ…。。。
誇り高き東北人である、貴兄にとっては聞き捨てならない屈辱であるということは、よく理解できます…。。。

そして、一方ではそれをテーマとした著名作家の作品があるということも、彼らは自身がそれを意識しているか、意識していないにしても、そういう認識(表には出てこない…)が一部世の中にあることを知っていたと思われます…。。。

字数オーバーに付き、次項に続きます…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

してみると貴兄のような誇り高き東北人としては、そういう認識にたいして、創作にかかわる人間としてどういう態度をとり、作品を通じて表現してゆくかということになります…。。。

赤坂氏が、講演の締めくくりとどうまとめられたかは分かりませんが、挙げられてた2作品の著者はそのことも考えながら、作品を書かれたものと推察します…。。。

かってな私見を、書かせていただきましたが、失礼があれば、なにとぞご容赦いただきたく思います…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさんの言われますように自分の出生地を
植民地などと言われるとは
やはり相手の立場も考えて言うべきですね

ミックさんの言われるように
オブラートに包んで言って欲しいですね

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
赤坂氏は冒頭でこの日の講座が「仙台に本社を置く出版社・荒蝦夷の代表者の土方氏によって決められた。東北独立文学論などというものがあるはずはない」と語っておられました。
恐らく聴衆を集めるためにはインパクトのあるテーマをつける必要性があったのでしょう。
然らば、独立論ありきでこの日の講座は勧められたきらいがございます。独立であるためには東北は植民地でなければならないわけで、ここに予め敷かれたレールを感じています。

このレールが誰によって敷かれたかは知りませんが、言葉を選ばないとヘイトスピーチにも取られかねない。

講座の冒頭で、電力会社の隠語に触れた赤坂氏は学生に雑談するかのような心構えでことに及んだと取られても致し方ない。もっと自分の立場を考えてもらいたい。
詮議に及べば「そういうつもりで言ったわけでない」との弁解が返ってくるのは必定と察しております。
彼には誤解されるようなことさえ口に出して欲しくなかったと思いました。

…次投稿に続く…

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
某は赤坂氏が同じ東北人なら何もいうことはないのです。東北人でない彼から「東北は植民地」という言葉を聞かせられなければならなかったのか。他人の言ったことをスルーすること自体タブー。たとえ聞いても自分の範疇に留めればいい。

これは第三者の述べた讒言を知人の耳に入れるのと同様と認識しております。即ち、聞いた本人がどう感じるのかに主眼が置かれなければならない。でないと忠恕の域から逸脱するし、心情を害することは黙っていて欲しかった。どうしても語りたいなら表現を変えて欲しかった。

某はこれほど後味の悪い講座に出席したことはございません。企画者にもそう伝えたい所存です。貴兄におかれましては、貴重なご意見を頂戴し痛み入っております。本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
例え自分の言葉でなくても「植民地」と聴衆に聞かせるのはあまりにもひどい。
某はこれを聞いただけで来るのでなかった。退室したいと思いました。もっとほかに表現があったのでは?と捉えています。

ともたん様には本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは。
自分の出生地をそのような受け止め方をされている方がいると思うだけで辛いものがあると思います。
真意はそこに無くとも聞いた側の心に傷が残るような発言は気持ちの良いものではありません。
フォローも交えて伝わるように配慮する気持ちも
必要ですね。今回の講義、自分の出生地だったら、と考えるとお気持ちお察し致します。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

東北学院大学で受講されたのですか(゚д゚)!有名な大学ですよね.。o○
東北は植民地ではないと思いますが(;^_^A 東北には他に負けない歴史や文化だってたくさんありますし…
震災の起きた場所が“まだ東北で良かった”という発言には怒りより呆れて絶句しました…
他人事だったのかな?と。。。

URL | ぼたん♪ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
赤坂氏は東京生まれゆえ、東北人には配慮が欲しかったです。某なら最初に「私的にはけして許されぬ言い方(偏見)ですが」と付け加えます。このかたはなにかびくびくしたところがあった。異論を言われないかと危惧しながら、受講者の反応を見ながら述べたような気が致します。

ゆえあって、受講後止むなく質疑応答できない状態で心残りです。今は抗議の手紙くらいは書きたい気分です。joeyには本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ぼたん♪さん
学院大学では数年前から「震災と文学」と題して一般市民への講座を解放(場所の提供のみ)しています。私自身今回で四回目になります。文学と歴史がほとんどですが、今回のような不愉快な思いになったのは初めてです。赤坂氏には某電力会社の隠語をスルーするのでなく、己の範疇で別な言葉に置き換え、東北人を傷つけない配慮が欲しかったです。

企画、コーディネイトは仙台に本社を置く出版社・有限会社荒蝦夷なので抗議文を提出するつもりです。ぼたんさんには本日も激励を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

あまり震災への復興に参考になるとは思えない
内容ですね。
講演の内容は小説の解説にとどまる感じがします。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
某もそう感じました。テーマでインパクトを与え聴衆を集めればいいという主催者の意図を感じなくもない講座でした。
赤坂氏の「テーマを決めたのは私でない」とは単なる言い訳に過ぎないと捉えています。

講師は社会的立場のある人物。然らば発言に対しての責任が付きまといます。テーマが相応しくないのなら企画者に申し出て変えることもできたろうし、東北人を傷つけないようにもっと言葉を選んで頂きたいと思いました。

貴兄におかれましては、本日も格別なるご慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)