fc2ブログ
 Beethoven Symphony No.6-1(田園) 
リンク曲について
私が宮城県南部の亘理町に引っ越したのは2年2箇月前の2015年3月末のことだった。亘理町は周囲を田園地帯で囲まれた長閑な町である。私にとってこの町を彷彿するのに最も相応しい曲が、ベートーベンの格調高いクラシック「田園」である。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
随筆「亘理時代の思い出」
私が亘理町に住んだ期間は2015年の春から2016年の秋の間の一年半であった。たった一年半の単身赴任生活だったが、今思い起こせば非常に印象深い滞在であった。ここ時の勤務地は福島県相馬市だった。

毎朝5時50分には家を出て、亘理駅前発のJR代行バス(この時はまだ常磐線が相馬まで開通していなかった)の始発に乗車して相馬に向かった。バスの乗車時間は約1時間、この時の私は車窓からのローカル極まるロケーションにどんなに癒されたか計り知れないものがある。

亘理町の西に控える阿武隈山地の標高はせいぜい200メートル前後、山と言うよりは丘に近い。私はここに限りない風情を感じたのである。山と言えば標高の高い山にのみ着目される向きもあろうが、何も高い山が全てではない。確かに高い山には畏怖を感じるが、その一方で気高く馴染み難いものも感じる。人間も畏怖されるよりは親しまれ、愛されるほうがずっといいのではないだろうか?

少なくても、バスの車窓から見た阿武隈山地は老境を迎え、すっかり角が取れた私を優しく包み込むような包容力があった。これはきっと私のみでないのだろう。阿武隈山地のなだらかな峰々は、きっと多くの人々に癒しをもたらす存在なのではないのだろうか?

電車と代行バスを乗り継いでの帰宅はいつも20時近くになった。亘理駅で19時15分に下車してから買出しのためにスーパーに立ち寄ったためである。

2015年3月27日PM、無事に引越しを終えた私は、メゾネット式のアパートの2階を居間兼用の書斎とした。この時の私は、生まれて初めて自分の書斎を持てたという感慨に浸った。それから一年半の夢のような生活はあっという間に過ぎ去っていった。

平均して、留守宅の仙台には月に二度ほど戻った。従って週末をこのアパートで過ごしたのは二週間に一回ほどの頻度であった。私は週末の貴重な時間を史跡探訪や歴史研究会出席、エッセイ執筆などに当て、極めて貴重な体験に及ぶことが出来た。

筆者挨拶
「後ろ髪を引かれる」という言葉がございますが、定年間近となった私が、昨年の秋に仙台転勤を言い渡された時ほど、この言葉を実感したことはございませんでした。同時に「人にとっての快適な期間は疾風のように過ぎ去る」という想いを強くした私の亘理町生活でした。

今でも亘理町の心地よい余韻は私の頭の片隅にございます。思い起こせば11年半前の東京転勤でサラリーマン人生の軌道を踏み外してしまった私にとって、2015年春からの一年半に渡る亘理生活はその埋め合わせをしても十分お釣りの来るものでした。然らば「人生苦あれば楽在り」とは、大変良く言ったものだと思う昨今にございます。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)