fc2ブログ
 Misfit Garage Ford GT 

最近、私はテレビのディスカバリーチャンネル(ディスカバリー・コミュニケーションズ社が運営するアメリカのケーブルテレビネットワークチャンネル。 1985年6月17日放送開始、世界最大のドキュメンタリーチャンネルで自然、科学とテクノロジー、ヒューマンアドベンチャー、ワールドカルチャー、歴史などの未知の世界を扱ったチャンネル)の「ミスフィットガレージ」という番組を好んで見ている。

この番組はGAS MONKEY GARAGEという車のカスタムショップで、オーナーのリチャード・ローリングスが情報網を駆使して、マニアックな車(スポーツカーやクラシックカー、古いトラックなど)を仕入れ、自社のガレージでレストアやカスタムをして転売する様子を興味深く描いている。リチャードは交渉上手で安く手に入れた車をモデファイ(改造)し、時にはエンジンを載せ替えたり、足回りをいじるなどマニア向けの車に仕上げて、高価格で売りさばいて利益を上げている。

※リチャードと話をしている女性はシート張替えを依頼している業者の女性オーナーである。

今回リンクした動画はアメリカの代表的なスポーツカーのFORD GTである。

黒いFORD GTは精悍そのもので迫力がある。

FORD GTは日本のスポーツカーと比べるとかなり大きい。速さを追求すると車はコンパクトになる傾向があるが、こうしてFORD GTを見ていると、スポーツカーは単に速ければいいというものではなく、車格も必要というコンセプトを感じる。

1970 Ford Mustang Mach I Fastback 351C
この車は1970年製のFORD ムスタングマッハⅠというモデルです。アメリカ車の70年代の車の多くは大排気量で四角張ったいかつい外観が特徴でマッスルカーと言われています。まるで船舶のエンジン音を彷彿させるようなV型8気筒特有の重低音の排気音は迫力満点で、国産車では絶対に真似の出来ないものです。

挨拶
本日はFORDの話に熱が入ってしまいましたが、このミスフィットガレージではクラシックカーやトラックなども扱っています。また、ディスカバリーチャンネルで車を再生したり、改造したりする番組は他にもございます。私は読書をして疲れた際、このような番組を見て息抜きをしています。時には肩の凝らない番組で気分転換する。時に、こうした指向も生活に潤いをもたらすものと受け止めております。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)