fc2ブログ
百分de名著第4回「死」を見つめて生きる
一番右側の人物が哲学者三木清である。



三木清(1897~1945)
哲学者。明治30日、兵庫県揖保郡平井村(現、たつの市)の富裕な農家の長男として生まれる。1914年(大正3年)第一高等学校に入学、西田幾多郎の『善の研究』を読んで感動し、1917年京都帝国大学哲学科に入り西田に師事する。 京都大学哲学科卒業後1922年ドイツに留学。 H.リッケルトに学ぶ。帰国後1926年処女作『パスカルに於ける人間の研究』を発表。 1927年法政大学教授となる。 1928年羽仁五郎らと『新興科学の旗のもとに』を発刊し『唯物史観と現代の意識』 (1932) を著わすなどマルクス主義と哲学の内面的論理的結合を試みたが1930年治安維持法違反で検挙され。釈放後、1932年『歴史哲学』を著わす。

1933年学芸自由同盟を結成し岩波新書の創刊に参画した。以後『構想力の論理』『哲学ノート』『人生論ノート』『技術哲学』を著わす。 1942年陸軍に徴用されマニラに報道班員として派遣されたが1945月再び治安維持法違反のかどで投獄され第2次世界大戦直後に獄死する




本日は先日約束したNHK100分de名著「三木清 人生論ノート」のまとめをお送りしたい。「人生論ノート」の原文に書いてあることは難解である。これを我々にわかりやすく教えてくれるのが哲学者の岸見一郎氏である。



「人生論ノートが書かれたのは今から76年前の1941年である。岸見氏によると本著は現代にも役立つ本としている。



哲学を、学ぶ際に心がけたいのは難解な言い回しを必ずしも全部理解しようとせず、枝葉にこだわらず、思想の趣旨を捉えることである。私はこれを踏まえつつ「人生論ノート」の中で印象に残った言葉を箇条書きにして紹介してゆきたい。

虚栄は必ずしも敵ではない。適度な虚栄は向上心ともなりうる。
人生とはフィクションを作ることである。創造とはフィクションを作り出すことである。人は創造することで虚栄を駆逐することができる。
嫉妬は百害あって一利なし。ゆえに捨て去るべきである。人の個性を認めることで嫉妬という感情を乗り越えることができる。
怒りは人にとって切り離せないものであるが、憎しみとは決別するべきである。特に公憤(公の論理的な怒り)は必要とも言える。軍事国家となるとこれが主張できなくなる。
道徳のお仕着せ(個人の幸福より社会が優先されること)によって、偽善者が大量生産される。
人間は精神のオートマティズム(主体を失った世論への同調)に巻き込まれてはならない。自分の考えをしっかり持ち、堂々と主張するべきである。
人生は運命であるように人生は希望である。生きていることは希望を持っているということである。
人は執着するものがあるから死ねる。(来世のことはわからないが、少なくても己が死んでも、生きている人の心の中で生きて行ける)
人間の死と過去(歴史)は同義なものである。歴史の改ざんは歴史を尊重しないことである。人間の死を尊重することは歴史を尊重することである。(歴史修正主義の批判)



考察
哲学を机上の理論としてはなりません。然らば、哲学者の述べていることが、如何に自分の人生に有益なものをもたらすのかを考えねばなりません。定年したばかりの私は、つい最近まで、持ってはならない恨みを抱いていました。これと決別できたのも三木の「人生論ノート」の怒りと憎しみの違いを理解することでもたらされたものでした。これだけで、何か心が少し軽くなった気が致します。負の情感と決別することで己の心の中に新しいものが入って来る。これは断捨離と全く同じ理屈なのかも知れません。

岸見氏が話した言葉の中で印象に残っているのは「人は信条や思想によって弾圧されることがあったことは我々は忘れてはならない。言うべきことは言う勇気をもって生きねばならない」ということです。日露戦争の勝利に沸いた頃、我が国では、いつの間にか統帥権(軍部による絶対的権限)なるものが支配し、日本は軍事国家へと向かって行きました。

三木清はそんなとき、国家の暴走に歯止めを掛けようとして、権力に抗い失意の中で獄死してゆきました。彼は精神のオートマティズムという分厚い壁に正面から立ち向かったのです。現代を生きる我々は思想の自由という大きな権利(建前)とともに生きています。私はこれを当たり前と思うことなく、三木清らが自らの命と引き換えに訴えたかったことを忘れることなく、凝視し続けて参りたいと考えます。

多くのかたは車や自転車を運転する際、或いは歩行する際、自分の足元に目が行くことでしょう。但し、足元だけを見ていたのではいざという際の対応が遅れがちになります。従って、先を見てこれから起き得ることを読む必要があります。哲学に接していると自ずと先を読む力が備わる気が致します。今回、私は三木清の「人生論ノート」を学んで、改めて先を読む重要性を認識しました。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)