FC2ブログ
百分de名著第4回「死」を見つめて生きる

一番右側の人物が哲学者三木清である。

三木清(1897~1945)
哲学者。明治30日、兵庫県揖保郡平井村(現、たつの市)の富裕な農家の長男として生まれる。1914年(大正3年)第一高等学校に入学、西田幾多郎の『善の研究』を読んで感動し、1917年京都帝国大学哲学科に入り西田に師事する。 京都大学哲学科卒業後1922年ドイツに留学。 H.リッケルトに学ぶ。帰国後1926年処女作『パスカルに於ける人間の研究』を発表。 1927年法政大学教授となる。 1928年羽仁五郎らと『新興科学の旗のもとに』を発刊し『唯物史観と現代の意識』 (1932を著わすなどマルクス主義と哲学の内面的論理的結合を試みたが1930年治安維持法違反で検挙され。釈放後、1932年『歴史哲学』を著わす。

1933年学芸自由同盟を結成し岩波新書の創刊に参画した。以後『構想力の論理』『哲学ノート』『人生論ノート』『技術哲学』を著わす。 1942年陸軍に徴用されマニラに報道班員として派遣されたが1945月再び治安維持法違反のかどで投獄され2次世界大戦直後に獄死する

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
本日は先日約束したNHK100分de名著「三木清 人生論ノート」のまとめをお送りしたい。「人生論ノート」の原文に書いてあることは難解である。これを我々にわかりやすく教えてくれるのが哲学者の岸見一郎氏である。

「人生論ノートが書かれたのは今から76年前の1941年である。岸見氏によると本著は現代にも役立つ本としている。


哲学を、学ぶ際に心がけたいのは難解な言い回しを必ずしも全部理解しようとせず、枝葉にこだわらず、思想の趣旨を捉えることである。私はこれを踏まえつつ「人生論ノート」の中で印象に残った言葉を箇条書きにして紹介してゆきたい。

虚栄は必ずしも敵ではない。適度な虚栄は向上心ともなりうる。

人生とはフィクションを作ることである。創造とはフィクションを作り出すことである。人は創造することで虚栄を駆逐することができる。

嫉妬は百害あって一利なし。ゆえに捨て去るべきである。人の個性を認めることで嫉妬という感情を乗り越えることができる。

怒りは人にとって切り離せないものであるが、憎しみとは決別するべきである。特に公憤(公の論理的な怒り)は必要とも言える。軍事国家となるとこれが主張できなくなる。

道徳のお仕着せ(個人の幸福より社会が優先されること)によって、偽善者が大量生産される。

人間は精神のオートマティズム(主体を失った世論への同調)に巻き込まれてはならない。自分の考えをしっかり持ち、堂々と主張するべきである。

人生は運命であるように人生は希望である。生きていることは希望を持っているということである。

人は執着するものがあるから死ねる。(来世のことはわからないが、少なくても己が死んでも、生きている人の心の中で生きて行ける)

人間の死と過去(歴史)は同義なものである。歴史の改ざんは歴史を尊重しないことである。人間の死を尊重することは歴史を尊重することである。(歴史修正主義の批判)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ミック考察
哲学を机上の理論としてはなりません。然らば、哲学者の述べていることが、如何に自分の人生に有益なものをもたらすのかを考えねばなりません。定年したばかりの私は、つい最近まで、持ってはならない恨みを抱いていました。これと決別できたのも三木の「人生論ノート」の怒りと憎しみの違いを理解することでもたらされたものでした。これだけで、何か心が少し軽くなった気が致します。負の情感と決別することで己の心の中に新しいものが入って来る。これは断捨離と全く同じ理屈なのかも知れません。

岸見氏が話した言葉の中で印象に残っているのは「人は信条や思想によって弾圧されることがあったことは我々は忘れてはならない。言うべきことは言う勇気をもって生きねばならない」ということです。日露戦争の勝利に沸いた頃、我が国では、いつの間にか統帥権(軍部による絶対的権限)なるものが支配し、日本は軍事国家へと向かって行きました。

三木清はそんなとき、国家の暴走に歯止めを掛けようとして、権力に抗い失意の中で獄死してゆきました。彼は精神のオートマティズムという分厚い壁に正面から立ち向かったのです。現代を生きる我々は思想の自由という大きな権利(建前)とともに生きています。私はこれを当たり前と思うことなく、三木清らが自らの命と引き換えに訴えたかったことを忘れることなく、凝視し続けて参りたいと考えます。

多くのかたは車や自転車を運転する際、或いは歩行する際、自分の足元に目が行くことでしょう。但し、足元だけを見ていたのではいざという際の対応が遅れがちになります。従って、先を見てこれから起き得ることを読む必要があります。哲学に接していると自ずと先を読む力が備わる気が致します。今回、私は三木清の「人生論ノート」を学んで、改めて先を読む重要性を認識しました。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

コメント

No title

こんにちは~^^

今日は三木清さんの「人生論ノート」を分かりやすく
まとめていただいてありがとうございます~(*^_^*)

3番の嫉妬は「百害あって一利なし・・・」、
これまさしく自分が経験してみて思いますねぇ~
でもシットしてしまう・・
これを直して行かなければ・・と思います。

ありがとうございました~(*^_^*)

ナイス~https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/044.png">https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/034.png">

URL | りんりん♪ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは

三木清 人生論ノートは本としては知っていますが
そして文庫も若き日に買い求め
読もうと思いましたが手強かった思い出があります。

ミックさんがかみ砕いて要約されているのを読みますと
なるほど納得です。
三木清がこれを書いた頃の時代に戻っているのではと
少し不安になる今でもあります。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

三木清の「人生論ノート」は、小生が学生時代の
必読書の一冊でした。

机に向かって、熟読した記憶があります。この本の内容について、
あれこれと議論をしたことも覚えています。

しかしながら、その内容たるや、綺麗さっぱり忘却の彼方です。
しかし、ミックさんが要約して下さっている内容からすると、
若かった18歳、白熱した議論を交わしたであろう事が
想像されて参ります。
今日は懐かしい思い出に立ち返ることが出来ました。
ありがとうございました。

URL | paxchina ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様へ
この方は勇気のある方ですね。あの時代にこれを書くと先ず逮捕されるのは間違い無い。公、即ち国を批判する事は死に値する時代です。私事ですが。私のお袋がこの時代に女性がモンペを穿いておりましたが。あんな物を穿けるかと。黒のスーツに黒の帽子、全て真っ黒な服を着ていて。特高警察から逮捕されそうになっております。軍部に話が上がり。軍属に嫁いでいたお袋は『あれは俺のかみさんだよ』で逮捕は免れました。そんな時代です。文章を残していればそれを追求される時代です。数年前に私が安倍政権の経済政策を川柳で叩いた時に。ブロ友様に『アンタなんかは一昔前だったらとっくの昔に逮捕だよ』と今でもそんな事を仰る方がおられます。国のトップに立っている人間の政策が間違っているから。間違っていると言っただけで今の時代でも叩く方がおられる。これは危険な時代であると感じた次第です。それとこの方が仰る。執着があるから死ねるは賛成です。これは何だったのだろうという気持ちが残っている事を次の時代或はまた次の時代の人が繋いでその執着を解決する可能性がある。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

続きです。
誰しもその執着があるから中々死ねません。それを自分で解決しようとするからです。おそらく執着が無く亡くなられる方はいないと思います。今、私はその執着と戦っております。私の場合は過去に対する執着です。これは決して解決する事は出来ない事ですが。それが頭から離れない。いつも勉強になります。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。三木清の哲学は難解ですが、自分も死を考えた経験を持つ岸見氏の解説を聞き、理解を助けてくれました。哲学ノートに示されたことは、時代が変わっても普遍なのですね。

URL | hide ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> りんりん♪さん
三木清著「人生論ノート」に対しての真摯な感想を頂き痛み入っております。
文中の表現は当時の軍部の目に留まらないようにわざと難解にしていますが、岸見氏の解説で視聴者に消化、吸収されやすいように噛み砕かれています。
こうした哲学は一部でも理解できれば立派な実践哲学になると認識しております。

りんりんさんにそうおっしゃって頂き、更新した甲斐がございました。本日も格別なる交誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
哲学者岸見一郎氏の解説はたいへんわかりやすく、説得力がございます。岸見氏はカウンセラーもされておられるとのことで、伊集院光氏の言うことに「うん、うん…」とこまめに頷かれ、相槌を打っているところに氏の素晴らしい人柄を感じました。(こういう聞き上手は滅多に居りません)

哲学者というととっつき難いイメージがございますが、話しやすい人物とは彼のような裁量を持った人間を指すと受け止めております。

この「人生論ノート」を取り上げた番組が原文のまま難解なものに終わるのか、そうでないのか、これは岸見一郎氏の裁量と器量に掛かっていると言っても言い過ぎでない気が致します。そういう視点から某は三木清のみでなく、岸見氏にも魅力を感じました。

姫におはからいにより、今回も格別なる交誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> paxchinaさん
昨日はブログで掲げた公約を果たさねばならないと考え、テキストとYOU TUBE動画を何度も見直し、心に留まった点を箇条書きにメモしました。難産でしたが、貴兄にそうおっしゃって頂き、更新した甲斐がございました。

これからも自分のためだけでなく、人様のお役に立つブログを目指したいと存じます。その暁に待っているのが「知の回廊」と受け止めております。

貴兄におかれましては、本日も格別なるご慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
与党だけの政治は成り立ちません。様々な意見が尊重されてこそ、民主政治は保たれる。精神のオートマティズムに歯止めが利かなくなると政治は独裁に向かいやすい。これは政治家一人一人が心に命じるべきことと認識しております。

統帥権とは恐ろしいもので「国のため」という名目の元で反対者には公然と弾圧が行われる。三木はそういう意味で民主政治の先駆者と察しております。

同時に政には恣意性があってはならない。あればやがて民の不平因子の引き金になる。某はこうした理のわからぬ者は上に立つ資格はないと心得ます。

恣意性は公のみでなく、民間企業や学校にもごく日常的に溢れている。これがいじめ問題やパワハラによる自殺に大きく関与していると踏んでおります。

…次投稿に続く…

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
執着に関してですが、執着を捨て去って死ぬのはほんの一握り、某は執着があるから人間と捉えています。

三木の考え(精神のオートマティズム、人間にとっての執着)は某の考えに近いゆえ、すんなり入ってきたものと認識しております。

貴兄におかれましては、本日も格別なる交誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> hideさん
番組の中で岸見氏が「人生論ノート」は現代にも役立つと言っていたのが印象に残りました。
物静かな岸見氏の語り口ですが、要点をまったく外さない受け答えは見事としか言いようがございません。
即ち、司会者や聞き手の言葉にかすかに「うん、うん」といちいち頷く。これは滅多に見かける姿勢でないだけに岸見氏の懐の広さ(威在って猛からず)を感じました。

番組を生かすも殺すも解説者次第、これを改めて、認識した今回の「人生論ノート」シリーズと受け止めております。

貴兄におかれましては、本日も格別なるご慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
三木清の人生論ノート、とてもわかりやすくまとめて下さりありがとうございます。
印象に残った箇条書きの言葉、どれも深く考え深いものですね。自分の死に対して考える事は近しい人が亡くなった時に思うことがありますが、自分の生きている時間をどう考え過ごすか考えさせられる物が多くありました。
ありがとうございます。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
昨日はYOU TUBEを何度も再生し言わんとしていることをピックアップしてみました。
箇条書きにすることで自分の血や肉になると思ったからです。解説の岸見氏がわかりやすく、視聴者に説明してくれるのは大変ありがたいですね。

人は例え肉体が亡んでも人の精神の中に生きることができる。こういう死生観については以前から何気なく理解していましたが、改めまして、なるほどと感じました。

joeyさんにおはからいにより、本日も格別なるご慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます ミックさん

更新お疲れ様です。

哲学は難しいと敬遠してきました。
こうしてわかりやすく書いていただけると、
身近なものであることに気づかされました。
どれもが生きていく上で参考になる物ばかりですね。
この先の人生で、惑い足を止めた時に思い出して
行く道を選ぶ助言としたいと思います。

本日は深い哲学についてかみ砕いて教えていただき、ありがとうございました。

URL | ヤスミン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ヤスミンさん
全体を理解しようとするとなかなか大変なので、番組をYOU TUBEで何度も見て要点を箇条書きにしてみました。

例えば怒りは誰にでもありますが、突発的で目の前にいる対象ゆえ、許されるものであるのに対し、憎しみは永続的で反知性であるゆえ、三木は良くないものとしています。某はこれを自分に当てはめ、憎しみや恨みと決別するよう努めました。

良薬口に苦しですが、覿面に効くのが哲学と認識しております。ヤスミンさんには、いつもは格別なお引き立てを頂き感謝しております。本日も激励を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

深い言葉が興味深いですね。
ましてや国家の存亡の時にも希望を願忘れない
素晴らしい事ですね。
希望はやはり生きる糧ですね。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

いつもは見ている、この番組、このシリーズは見逃していました。ミックさんのまとめは非常にありがたく思いました。特に共感できたのは、(2)~(5)です…。。。個人の自由で個性的な創造と公の論理的な怒りを持つことの大切さ、道徳のお仕着せに無反応に流されないことが大切だと思いました…。。。本日も有益な記事をありがとうございました…。。。

お仕着せの道徳

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
三木清は人間の弱さを認めたうえで「必ずしも執着から離脱せずに死ぬこと」を否定していません。

このあたりはよく理解できることで、「人生論ノート」の敷居は高くない気が致します。一方で世が戦時中に遡った際、自分が三木のように「精神のオートマティズム」に抗えるか?と問われたら「自信はございません」とお答えします。

ニーチェにも感じたことですが、やはり哲学者は強い。某は本シリーズを振り返って三木のほかにゲストの岸見氏にもこれを感じました。
貴兄におかれましては、今回も格別なる交誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
「道徳のお仕着せ」と言えば某にも思い当たる節があり、これを恥じています。但し、三木の言う道徳のお仕着せとは社会全般のこと(国が戦うための翼賛体制)ゆえ、スケールの大きさはさすがは哲学者と捉えています。

「渓流の水澄めば棲む魚なし」、然らば、どの局面で流され、どの程度で流されないか…某はこれを日頃から模索しながら生きています。
恐らく彼は「私事には流されることを疎まず、公(思想とも)に流されるのを拒んだ人物」であったと受け止めております。その証拠として危険を百も承知で共産党員の友人を匿ったところにその真意(自分のことよりも友情を優先した)を見出します。

貴兄におかれましては、本日も格別なる交誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)