fc2ブログ
切捨て御免!昨今のブログにもの申す
ブログは様々な人間模様の縮図である。私は今まで多くのブロガーと知り合い、別れてきた。ここで、今までに別れたブロガーと出会ったブロガーを割った数値を惜別率としよう。自慢でないが私はこの惜別率が殊のほか高いと認識している。惜別に至った事情は様々である。本日はそのあたりを分析し、今後のブログ運営への糧として行きたい。


惜別に至った理由

自分の更新した記事に無関係なことを書かれ、それがずっと継続する
私は自分が精魂傾けて書いた記事に、記事とまったく関係のないことを書かれることを好まない。これは親密度にもよるが、毎回毎回これが続くと惜別に至る日は近い。自分を殺して我慢してまでは、人様には付き合えない所以である。

ブロ友への対応が不公平
今の私はブロ友様の更新した記事にはほとんどコメントしている。これはブログの本質がキャッチボールで成り立っていると踏まえているからである。人様からコメントを頂いたからには、これを誼(恩義とも)と捉え、相手に失礼のない返しコメント(リコメとも)を返す。その他に相手様の更新した記事にコメントする。これをごく自然な行為と解釈しているためである。

自分の価値観を他人に押し着せるわけではないが、こうしたギブ&テイクが噛み合ってこそ、ブログの人間関係は均衡が取れると認識している。但し、「渓流の水澄めば棲む魚なし」の如く、完璧なものは求めていない。コメントをしたりしなかったりする姿勢は容認できるものの、どうしても出来ないのが、人によって対応を変えるブロガーである。かつてお付き合いしたブロガー様に、こんなかたが居られた。

「自分は仕事が忙しいから、一部のブロ友にのみコメントをして、あとはしない。これは止むを得ないこと」…これは明確な差別と認識している。このかたとはそれ以来きっぱりと惜別した次第である。


思いやりに欠ける対応
私は
で辛口なことを書いたが、それをカバーするのが思いやりの言葉である。或るブロ友様は「体調不良のため訪問が遅れています。何卒ご容赦ください」と文末に書いておられた。こうした但し書きはブロガー相互の誤解を取り除く有効な手段と受け止めている。但し、こうした対応はブログ初心者、若輩者には難しい。私は長年の人生経験があってこそ、出来る業と認識している。私もそのような状況に陥った際は是非履行したいと考えている。


自分の更新した記事の趣旨に反することを内緒投稿機能を用いないで面と向かってコメントする
これは私の流儀となるが、自己主張は己の更新したブログに留め、人様のブログでは善きパートナーとなるように努め、コメントは相手様の心境を逆撫でしないように、背理法を用いて言葉を選びながらコメントするのがベターと考えている。右のものを左、左のものを右と書かれるとほとんどのかたは面子が丸つぶれとなり、閉口するのではないだろうか?

特に主義主張に関して面と向かって逆説を唱えると取り返しのつかないことになりかねない。このあたりは顔と顔を合わせて会話する実社会と大きく異なるものである。またコメントした言葉を批判するのもご法度(人間関係を一気に悪化させるものとなり得る)である。どうしても述べたければ相手のゲストブックに内緒で書き込むべきである。この道理がどうしてもわからないなら惜別も致し方ないものと心得る。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ミック挨拶
本日は私のブログ観を率直に述べさせて頂きました。我が日本人には、自分の考えをはっきり表明しないことを美徳とする風潮があると感じています。これは欧米でいう「自己主張も実力のうち」と相反する指向と認識しております。私は自分の価値観を人様に押し付ける気は毛頭ございませんが、我慢してまではブログを運営したくない。従って己の胸のうちを遠慮なく露呈するスタンスには欧米型の思考に近いものを実感しております。

ブログを運営するのなら、わだかまりなく清らかな気持ちでこれを楽しみたい。そんな気持ちが、今までくすぶっていた自分の心を滞りなく吐き出ささせてくれました。これですっきりした気が致します。ミックはそんなブロガーです。それでも宜しければ改めまして、宜しくお引き回しのほどお願い致します。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)