FC2ブログ
随筆「アスペルガー症候群に学ぶこれからの生き方」
その1、アスペルガー症候群とは
最近、二人のブロ友様からアスペルガー症候群というものを教えて頂いた。広義には、自閉症のなかで、知的障害を伴わなず、言葉を使うことができるものが、アスペルガー症候群であるという。しかし、両者の境界は明確でなく、まだ不明な点が多く残されているという。アスペルガー症候群の特徴は、他人との社会的なコミュニケーションを取り難いにくいことと、関心と活動が狭く、常同的(精神病理学で、同じ行為や言葉を不自然に繰り返したり、同じ姿勢をいつまでもとり続けること)であるのが特徴とされる。

実はコナン・ドイル原作の探偵シャーロック・ホームズもアスペルガー症候群とされているが、彼の場合はあくまでもフィクション上の人物なので、イメージのみを想像して頂きたい。具体的な症状としては、対人関係において、言葉に出されれば理解できるものの、相手の空気が読めなかったり、自分の価値観が他人と同一(自分が好むものは相手も好むと考える)と認識したりするのが特徴であるが、彼らに共通して苦手なものは「他人の情緒を理解すること」であるという。

ところで、ブログでは、スパム行為やこれに準じる行為は明確に禁じられているが、他人の記事に対して記事の内容など、おかまいなしに自分のことばかり書きたがる指向性などは倫理観の範疇で、アスペルガー症候群か非アスペルガー境界の判定は難しい。アスペルガー症候群は約4000人に一人という確率ゆえ、ほとんどは非アスペルガーと思われる。中には十分理解していながらも、自己本位なコメントを書き残してゆくブロガーも見受けられる。これが極論に至れば、更新した記事内容などおかまいなしに、自分の話だけ聞いて欲しいという姿勢となる。私はこれを今、人事のように書いているが、ずっと以前の自分の性格やブログビギナーの頃のスタンスが、アスペルガー症候群に限りなく近いのを認識している。

その2、懺悔と抱負
あれは二十代の頃だった。知人と一緒にスナックやバーなどに行くと、きまって車の話ばかりしていたことがあった。確かに店の女の子は客の話を聞くのが仕事なので、耳を傾けていたが、車に興味のない知人はたまったものではない。懺悔に及べば、若い頃の私はそれだけ空気の読めない人間であった。こうした指向性はいっぺんに改善されるものでなく、程度は軽くなっても鬱を発祥する四十代後半まで続いたと思っている。当時はアスペルガー症候群などという言葉はなかったが、今ならアスペルガー症候群か、その擬似的な症候群(PDD-NOS)と診断されたのかも知れない。



自己中心で空気を読めなかった私の姿勢が大きく変化したのは五十代になって、躁鬱病が寛解してからである。過去の著作に何度も書いた通り、私は武士道の中核を為す儒教を学ぶことで新たな自分の倫理観を構築してきた。そのきっかけをもたらしたのが新渡戸稲造著「武士道」である。儒教の目指すところである五常(仁・義・礼・智・信)を常に意識すれば、自ずと「人の空気が読めない」ことがNGであるということに気づくのである。こうした自意識の変遷は自分のブログの足跡に残されている。

恥ずかしながら、ブログを始めたばかりの頃は、たまに人様のブログに記事と関係のないことを書いたことがあった。ブログ運営には倫理観が不可欠であるのを認識していなかったのである。自分の至らなさに気づくのが若い頃だったら、もっと別な人生を歩めたのかも知れない。但し、今の自分はまだまだ発展途上ゆえ、これからはずっと引きずってきたつまらない虚栄や怨念と如何に決別するかがポイントと認識している。常に自分の欠点と向かい合い、人の意見に耳を傾け、自分に厳しく、他人に優しい境地に少しでも近づけるよう日々努力して行く所存である。

筆者挨拶
本日は若かりし頃の苦い思い出を交えながら、これから或るべき自分の姿について語らせて頂きました。定年間際の頃は時に、過去のしがらみについて、ブログにネガティブなことを書いたことがございましたが、今はすっかりと吹っ切れたような気が致します。これからは自分の見据えるべきものを見失わないよう努めるとともに、自分の糧となり得る思想を学び、自分を更に磨いて参りたい所存です。本日もご覧頂きありがとうございました。
関連記事

コメント

No title

ミックさん、おばんです。

文字だけでやり取りをするブログとそのコメント欄は書き手の知識・態度・職業などの背景の前提条件が違いから、お互いの真意が伝わらなかったり、えてして自分本位になりやすいのかもしれませんね。
(逆に会って話をすればお互いにすぐに分かり合えるのかもしれません。)

それでも、実生活ではなかなか話を交わすことのできない方の意見・考え方を幅広く知れるのがブログ等のよさだと思っています。

今夜も考えさせられる記事ありがとうございます♪

URL | 暇人ity ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

自閉症の中にもいろいろあるのですね。
アスペルガー症候群のことも詳しく分かりませんが、
有名人の中にも大勢いるようですが、何を以って、
アスペルガーとしているのか、よくわかりません。
個性として受け取るのでは、いけないのでしょうか~

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

若い時には分からない事が経験を積むと
見えて来るものですね。
そういう時期を迎えられ前向きに進む姿は素晴らしい
ですね。
今は現状で手いっぱいですがいづれそういう時が
来るのかもしれませんね。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
アスペルガー症候群は最初は内向的な人と感じる時もありますが、本人にとっても辛い病気だと思います。
ブログの中で色々な方に出会いますが、最初は失礼な態度、と感じていても年数を経て、本質が見え理解しあえる場合もありました。時を経てしがらみが取れ
気が付くことは多くあると感じます。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

貴兄が挙げられたように、自閉症と正常な手段との間は、連続的に症状が分布するので、どこからが異常でとか正常でとかの線はひきにくいようです…。。。

大きく言えば、人間の多様性と理解してもよいのではないかと私は思っています。そして、アスペルガー症候群の方の方が、ある分野においては特異的な才能を示すことが多いようで、それを伸ばせば、正常人では発揮しえないような能力を出せる場合があるのです…。。。

本日も啓蒙的な記事を提供していただきありがとうございました…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

自分も記事と全然関係ないことを書くことがしょっちゅうあります。
気を付けないとですかね~。
ちなみに自分のブログは記事と関係ないコメントだろうと何だろうとOKということで(^^)。

URL | らるふ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 暇人ityさん
フランクは人間関係を円滑に導く潤滑油に他なりませんが、一度も逢ったこともないかたと文章だけでとなると話は違います。
然らば、石橋を叩くしかないというのが某のブログ運営スタンスにございます。

儒教でいう五常はほぼ共通のマナーとも捉えています。これを守ることで自分自身も守られる。これを履行してからはブログ運営時の乱気流が少なくなり、安定した水平飛行が出来ます。

貴兄におかれましては、いつも真摯なご対応を頂戴し大変感謝しております。本日も格別なるご慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
ご質問にお答えします。始めに長所からです。
アスペルガー症候群は逆にアドバンテージとも成り得る。即ち専門性を要求される学問や芸術の分野では真価を発揮すると受け止めております。
また、アスペルガー症候群を認知することで、今まで身勝手な人という印象が異なったニュアンス(障害をもったかたならば、許容するべきという考え)で受け止められるものとなります。

短所はこれを知った本人がこれに甘えて現状をやむを得ないとすることです。某は素人ですが、症候群の程度にもよりますが、軽度のものは思想吸収などで、或る程度の修正は可能と某は受け止めております。
但し、修正可能なものをこの定義としない場合はその限りでないと捉えています。

布遊さんには、本日も格別なる交誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
とんでもございません。修行の道はまだまだ険しいと認識しております。今の性格を軌道修正に至れば、自ずと周囲も増えるのかも知れません。

そのキーポイントは「渓流の水清ければ澄む魚なし」即ち、厳格すぎれば人が寄り付かなくなる。これを認識し、如何に実践に繋げるかに懸かっていると受け止めております。

貴兄におかれましては、いつも格別な御厚情を賜り大変感謝しております。本日も激励を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
「馬には乗ってみろ、人には添うてみよ」を彷彿するいいお話と承りました。
人を短絡的に評価せずに長い目で、且つ肝要なる精神をもって接する。これは博愛にも繋がるスピリッツで某に不足している裁量と認識しております。

専門的な立場からの助言に恐れ入っています。お陰様で、本日も格別なる交誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
人類の多面性との貴兄の仰せ、正にその通り。アスペルガー症候群の持ち味である専門性を活かせば道は開けて参りましょう。

私事で恐縮ですが、某はその境界あたり(PDD-NOS)のものと認識しております。年数はかかりましたが、これではいけない。人心が離れると認識し、進んで歴史サークルなどに参加し、多くの人と関わるようにしています。

貴兄におかれましては、いつも真摯なご対応を頂戴し大変感謝しております。本日も格別なるご慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> らるふさん
恐れながら、貴兄はお心が広い。某もこれを見習い人様に寛容になれるよう尽力して参ります。

おはからいにより、本日も示唆に富んだ話を承りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様おはようございます
初めて知りましたアスペペクガー症候群
難しい病気ですね神経質の方が成るのでしょうか

ブログ初めて5年ですが~嫌な思いはした方は居ないようですね
いつも友達感覚でいます
お逢いした方も4人ですね
電話で喋る方も出来て〰交流していて楽しいブログですね
ミック様の方の様な立派な方には~
失礼な事を書いているようでしたらお許しください。

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。アスペルガー症候群の方が、稀に見る専門分野で活躍することを見聞きすることがあります。そういう能力が発揮され、評価されることは社会にとってプラスだと思います。ただし、身の回りの社会は、そうした環境になく、特に当事者が子どもの場合には学校でもわかりにくいことから、いじめの対象にもなり兼ねない問題とも聞いています。私の場合には、一定のルールの中で、色々な方と緩やかな繋がりが持てれば幸と願っています。いつも有難うございます。

URL | hide ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます ミックさん

更新お疲れ様です。

昔は発達障害やアスペルガーという病気が知られていなくて、「ちょっと変な人」という目で見ていたと思います。
アスペルガー症候群という病気が世間に認識されて、特にネットの中では、言葉を額面通りにしか読めない人がいると「あの人はASじゃないか」と簡単に判定する人たちも少なくなかったです。
ASが4000人にひとりという説もあれば、1000人に数人の割合という説もあり、専門家の中でも判定が明確ではなさそうです。
ボーダーラインにいる人の割合も多そうですね。

私のブログにも、記事の内容から外れ自分のことしか書かない人がいらっしゃいましたが、そういう性格の方だったようです。
ブログの世界にもいろんな性格の方がいますね。
思い込みの激しい方の対処には頭が痛いです。

本日はASについて興味深く読ませていただきました。
ありがとうございました。

URL | ヤスミン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
某のブログではスパム行為が一二年に一度くらいの割りで発生しています。某は顔が見えない分、自我を控えなければいけないのがSNSのマナーと心得ます。

ともたん様は今まで一回もそうしたことはございませんが、毎回記事と関係のないことを書かれると閉口します。某は人様のブログにお邪魔した際はでしゃばらず、主役がどちらかを見極めながら無難なコメントとなるよう努めています。

これによって人様に不快感を与えないようしています。ともたん様には改めまして、今後とも宜しくお引き回しの程お願い申し上げます。本日も格別なる交誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> hideさん
アスペルガー症候群のかたを個性と受け取るのか障害と受け止めるのか難しいところですね。専門性においてアドバンテージがあるのは認めますが、軽度は直せる?と踏んでおります。

恐らく若年時の某はアスペルガー症候群か、その境界に位置するPDD-NOSだったと認識しております。その後儒教を学ぶことで身勝手な性格を変えることが出来た所以にございます。

貴兄におかれましては、本日も貴重なご意見を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ヤスミンさん
インターネットでアスペルガー症候群を調べますと、治らないとしていますが、ボーダーラインは思想を身につけることで治せると認識しております。その前に自分の心の鏡を見て、やはり人としてこれではいけないと思うことが第一歩と捉えています。

虚栄を捨てた謙虚な姿勢こそが人を進歩させる。そして人の輪が自ずと構築される。これは某自身が歩んできたことにございます。

ヤスミンさんにはいつも倫理観とはどうあるべきかを学ばせて頂いています。これには恐れ入っております。本日も格別なる交誼を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

子供の頃は自分中心に廻っているし、若い頃は唯我独尊の割合も多かったと思っています。
ブログ運営では気にしたことも無いが、そうであれば人も近づかないでしょうね。
毎日見に来てくれる人がいるので、更新ももっと頻繁にと思っているのですが、文秘症になっています。-ιー
ところで、文中のアスペクター症候群とアスベルガー症候群の違いは何ですか。今一解かりません。

URL | ginrin ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ginrinさん
初めに、アスペクター症候群はアスベルガー症候群の間違いであることをお詫び申し上げます。

さて、人のコメントを見て不快になるかどうかのバラツキは極めて広範囲と認識しております。貴兄のお言葉は禅でいう「清流澄めば棲む魚なし」と同義と承りました。

「自分がそうだから、他人にもそれを当てはめる」ということ自体に無理があるのは百も承知していますが、いっぺんにはその域には移行しません。記事を精魂こめて書いて、それと関係のないことを書かれるとどうしても閉口してしまいます。勿論倫理観とはmayでありmustに非ずにございます。そんな折にこうしたアスベルガーのことを知ると、そう考えることで別な視点も生まれると認識しております。

貴兄のおはからいにより、本日も示唆に富んだ話を承りました。コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)