fc2ブログ
定年退職の後、身の周りが落ち着いてから断捨離を進めてきた。概要としては物入れに仕舞い切れないほどになった衣類や布団や日用雑貨、不要な家電の処分と、新築以来ずっと居座ったスチール製机の撤去処分で快適な書斎を確保することである。

今月に入ってから二度目の粗大ゴミの処分(リサイクルセンターへ持ち込み)を行うとともに、車に入らないスチール机の清掃局引取りを経てようやく折りたたみ式ベッドを置くスペースを確保した。

折りたたみベッドはご覧のように角度が変えられるので、就寝のみでなく読書にも使っている。また執筆をする際はイスの代わりにもなる。これによって書斎が一層快適な空間になった。

ミック挨拶
四月も後半に入りすっかり気候も良くなって参りました。そして日も長くなって参りました。これによって一気に断捨離が進み、住環境が以前より理想に近づいた気が致します。住環境以外で、老後のライフを快適なものに出来るかどうかのキーポイントは、健康管理と踏まえております。具体的には、過去に何度か申し上げましたが、週二三日の禁酒と、バランスの取れた食事、ウォーキングによる適度な運動量の確保です。

断捨離は今回で最後ではなく、まだまだ進めて行かなければなりませんが、断捨離による住環境の改善とメンタルとフィジカルのバランスを取ることで、自ずと充実した老後ライフが手に入るものと認識しております。断捨離の極意を考えますと、捨てることで新たに別なものが手に入るということです。手に入るのは何も物だけではありません。何よりも快適性が得られるのが一番の成果と考えております。そして、快適性が増すことでモチベーションもアップして参ります。

他力本願を旨としない私ですが、こうした好環境は自らが目的意識を持って得られたことであり、経過として満足しています。さて、そろそろ薫風そよぐ季節も近づいて参りました。然らば、小旅行なども楽しみたい所存です。本日もご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)