fc2ブログ
後輩K君との歓談
昨日の15日、私は息子と共に宮城県南部に住む後輩K君を訪ねた。目的は大河原町の一目千本桜の花見に興じるためである。K君の家で談笑した後、三人でランチすることにした。訪れたのは柴田町西船迫のイタリアンレストラン・ナポリである。

イタリアンレストラン・ナポリは柴田町の国道沿いの好立地に位置している。K君とは昨年の相馬野馬追以来で8箇月ぶりの再会である。K君は転職し一時音信不通の期間があったが、その後数回逢い再び縁が戻った。人間どこに縁があるかわからいないものである。

※K君と私の関係を詳しくお知りになりたいかたは、昨年5月掲載後輩K君との再会をご覧頂きたい。
Google航空写真でイタリアンレストラン・ナポリの位置を確認して頂きたい。
住所:宮城県柴田郡柴田町西船迫1-8-56 TEL0224-55-5674

読者様には、客が居たため、室内の中央部を写せなかったことをご容赦願いたい。
息子と歓談するK君。K君とは世代の違う息子だが、私が長い人生行路で付き合った人物を彼に巡り合わせるのも意義のあるものと受け止めている。K君も間もなく五十になるが、K君には若い頃にはなかった風格が備わってきた。

私としても、定年してからようやく、自分の様々な経験を人事のように話せるようになった気がする。
眼下に国道を見下ろしながらの歓談は正に心地よいひと時であった。

ミック挨拶
そろそろ彼と出会ってから二十五年近く経ちます。人間関係ほど難しいものはございませんが、定年してからも逢える彼とは不思議な糸で繋がっている気が致します。人脈に乏しい私ですが、K君は数少ない人脈の一人です。

この後、三人で大河原町の一目千本桜を見に行きましたが、本日は記事の趣旨をK君との歓談に置きたかったゆえ、次回に回したいと思います。本日もご覧頂きありがとうございました。


関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)