fc2ブログ
みちのく春秋の最近の充実ぶり
私の歴史小説「金色の九曜紋とともに」がみちのく春秋という地方文芸誌に連載されてから二年半が経った。今回出版された2017年春号で11回目になるが、次回の夏号で最終の掲載(全12回)になる。本日は文芸誌みちのく春秋の最近の充実振りについてお伝えしたい。

1頁目に秋田県の詩人・木内むめ子さん(92歳)が秋田県芸術文化賞を受賞されたことが紹介されている。木内さんとは一昨年の2015年6月20日にみちのく春秋の集いでお会いしたことがある。今回の木内さんの受賞を心からお喜びしたい次第である。

みちのく春秋は年に四回出版される季刊誌で、東北六県の小説、エッセイ、東北再生論などを綴った文芸誌である。2011年の増刊号では40頁だった小冊子だが、今は2.5倍の100頁となっている。もちろん、いっぺんに100頁になったわけでなく、60頁、80頁というステップを踏んできている。

作品の数も頁数に比例して今回からは30作品の掲載となっている。各々の作家の県名を見ると東北六県にまんべんなく分布していることがわかるが、内容も以前にも増して充実したものとなっている。これは東北六県に散らばる各図書館への寄贈などを始め、編集者の井上康氏のご助力によるところが大きいと受け止めている。

ミック挨拶
みちのく春秋では「みちのく文学賞」の設置を企画を前提に協議が進んでいます。文学賞が柱となること多くの作家を集め、更に中身の濃い冊子とするべく、準備委員会的な組織が昨年の11月に協議の場をもっているのです。私も次回の歴史小説の完結を終止符とすることなく、今後もこの冊子に寄稿を心がけて参りたい所存です。
希望としては先般ブログで紹介したエッセイ「現代サラリーマン処世術」などを寄稿したいと思っています。本日もご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)